インドア練習で頭角を現した植竹海貴がZwift選手権で2連覇

Y’sRoadの植竹海貴が11月30日に開催されたアミノバイタル全日本最速店長選手権 in Zwift 2ndの女性店長 and 女性スタッフカテゴリーで優勝し、2021年に続いて連覇を達成した。

全日本最速店長選手権を連覇した植竹海貴

八重洲出版の自転車月刊誌サイクルスポーツの名物企画「全日本最速店長選手権」のオンライン版である「アミノバイタル全日本最速店長選手権 in Zwift」は、バーチャルサイクリングアプリ「Zwift」上で開催される。スポーツサイクルショップ店長や女性スタッフの中で最速の選手を決定する大会だ。

今回は、「男性店長」と「女性店長 and 女性スタッフ」の2つのカテゴリーで実施され、植竹が参戦した「女性店長 and 女性スタッフ」カテゴリーには8選手が参加した。

植竹は序盤、男子選手に交じり先頭集団を牽引。レース全体を通して高パワーをキープした走りで終始独走態勢を崩さず、2位以下を引き離して優勝し、連覇を達成した。

JBCF「Jフェミニンツアー」年間総合優勝の植竹海貴

レース後に植竹は、大会を振り返って次のようにコメント。

「去年に引き続き優勝できてうれしかったです! 今回は男性選手と同時スタートだったので、男性の集団についていく作戦でしたが、2回目のアタックで集団からドロップしてしまい、そこから独走になってしまいました。Zwiftのレースは実走とは違い、アイテムの使用ポイントなどが難しかったので、もっと練習したいです。応援ありがとうございました!」

SARISサポートライダーである植竹は、実走練習に加え、SARIS社のスマートトレーナー 「SARIS H3」とバーチャルサイクリングアプリ「Zwift」を組み合わせたインドアトレーニングも取り入れ、競技力の強化に取り組んでいる。このトレーニングの結果、「Jフェミニンツアー」 で、2022年度に参加した12戦中8勝を挙げ、2022年の年間総合優勝を達成し、2021年に続く2 年連続のタイトル獲得が実現した。

スマートトレーナーのSARISに乗ってバーチャル練習

●植竹海貴のトレーニング日記

ろんぐらいだぁすとーりーず!がZwiftでグループライド

ろんぐらいだぁすとーりーず!、グランフォンドKOMOROがZwiftを使ったバーチャルサイクリングイベント、『GRANFOND KOMORO feat. LongRiderStories! Enjoy Ride2022』が5月7日と14日、どちらも10時30分にスタートする。

©三宅大志/BUSHIROAD MEDIA

5月22日に長野県小諸市で開催される、サイクリングイベント「グランフォンドKOMORO 2022」の完走を目指すためのトレーニングライド。主催はブシロードブシロードメディア。

「グランフォンドKOMORO2022」は100kmで獲得標高が2200mオーバーの山岳ロングライド。事前のトレーニングライドでしっかりと走り込んで、本番での完走を目指す必要がある。
Zwiftイベントを完走すると、 『ろんぐらいだぁすとーりーず!』FORTUNAジャージがアンロックされる。

5月7日(土) AM10:30スタート
コース:WATOPIA PRETZEL 1LAP
走行距離:73km/獲得標高:1361m
ライドリーダー:三宅大志(ろんぐらいだぁすとーりーず!作者)
スイーパー:石井宏一(ろんぐらいだぁすとーりーず!担当編集)
ペース1.5w/kg

5月14日(土) AM10:30スタート
コース:WATOPIA MUIR AND MOUNTAIN 2LAP
走行距離:73.4km/獲得標高:1707m
ライドリーダー:三宅大志(ろんぐらいだぁすとーりーず!作者)
スイーパー:石井宏一(ろんぐらいだぁすとーりーず!担当編集)
ペース1.5w/kg

5月7日(土)はYouTubeで配信

イベント開催を記念して5月7日は、イベント開始の10分前からグランフォンドKOMOROのYouTubeチャンネルでライブ配信する。 

グランフォンドKOMORO

▼グランフォンドKOMORO YouTubeチャンネル

「バグかな」さんはバーチャルライド界のインフルエンサー

「バグかな」のアカウント名でインスタフォロワー2万7000人を数える女性サイクリストがいる。ロードバイクに乗り始めて2年だが、室内トレーニングを本格導入するなどで、SNSを駆使して自転車の魅力を発信中。いまでは自転車界随一のインフルエンサーとも言える。機材と周辺環境をそろえれば、そんなバグかなさんとだれでもバーチャルライドできる。

自宅で室内トレーニングをこなすバグかなさん

バーチャルライドならシゴト帰りや雨の日も乗れる

中学は女子バレーボール部、高校・大学は陸上部で中距離の800mをやっていたというバグかなさん。神戸市出身で、1年前に東京に引っ越してきた。フルタイムの会社員だ。部活引退後は趣味としてマラソン出場したこともあったが、スポーツをしていない時期も2〜3年あったという。

そんなバグかなさんが自転車を始めたのは、大学陸上部の友人がロードバイクをやっていて、すすめられたのがきっかけだった。いきなりしまなみ海道や箱根、筑波山などの難コースに挑戦。

「初心者にしてはバグった(想定から逸脱した)ライドをしていると言われ、バグかなという名前でインスタを始めました(笑)」。

もともとは実走で男性サイクリストについていけるようにと室内トレーニングを導入した

2021年からスマートトレーナーと呼ばれる室内サイクリング機器、SARISを導入。ヒルクライムレースへの出場を目標にしていたので、それに向けてのトレーニングを積むためだ。画面に映し出されるコースとペダルの重さが連動するバーチャルライドが楽しそうだったので、以前から興味があったという。

平日や雨の日も自転車に乗れるのが魅力の室内ライド。週末サイクリングの他に、平日の仕事終わりにも自転車に乗れるようになった。実際にやってみると、レベルアップがアプリ上で評価されたり、新しいコースに挑戦できたり、ゲーム的な要素があって飽きずに楽しめた。ミートアップという機能を使って、遠方の人と一緒に走れるのも楽しかった。飽きてきたら音楽を聴いたり、映画を観ながら走るといいとおすすめする。

部屋に置かれたトレーニング機器。バグかなさんはワイズロードのSARISアンバサダーを務めている

「実走時に一緒に走る人たちが速いので、少しでも置いていかれないように室内トレーニングも頑張りました。その結果、実走でのサイクリングも明らかに長距離を速く走れるようになり、体力もつきました。体重も5kg落ちました!」

2022年は富士山を登るフジヒルクライム大会で、所定のタイムを切った選手に与えられるブロンズメダルを目標にトレーニングをする。コロナ禍が落ち着いたら、四国や九州など今まで走ったことがない場所でサイクリングを楽しみたいという。

「海外限定のカラーを取り寄せて、大切な友人に組んでもらった特別なバイク」を実走では愛用する

周辺環境を揃えればバグかなさんと一緒にライドできる!

スマートトレーナーを購入し、オンライントレーニングアプリのZwift(ズイフト)に登録するとミートアップという形で一緒に走れる。Zwift利用料は月1650円。スマホかパソコンとその通信環境が必要。

バグかなさんは、スポーツ自転車専門店ワイズロードが運営する「ワイズロード・ズイフターズ」内のイベントとしてのZwiftミートアップを毎月2回開催。店舗利用者でなくても無料で入会・参加可。
●ワイズロード・ズイフターズ

インスタ映えする自撮りテクを教えて!

掲載写真は本人提供のもの。バグかなさんに自撮りテク、インスタ映えする写真を撮る秘けつを教えてもらった。

練習シーンもインスタで発信中

「自分が一番素敵に見える角度で撮影しています(笑)。自分のことは自分が一番よく知っていると思うので。自撮りはちょっと恥ずかしいのですが、恥を捨てて思いっきりキメたほうがよく映ります!」

●バグかなさんのInstagram
●SARISの関連ニュース

ワイズロード・ズイフターズお試し参加で1000 ポイントプレゼント

ワイ・インターナショナルは、同社が運営するオンラインコミュニティ「ワイズロード・ズイフターズ」に入会してアンケートに答えると、ワイズロードの店頭とワイズロード・オンラインで使用できる1000ポイント(1000円分)をプレゼントするキャンペーンをスタート。期間は2021年12月31日(金)まで。

Zwiftを楽しむためのコミュニティとして「ワイズロード・ズイフターズ」は2021年7月に発足した。スタートからまもなく半年を迎えるこの機会に、活動を充実させるためのアンケート を実施。入会後、コミュニティのイベントに参加し、簡単な設問に回答すればもれなく1000ポイントがもらえる。

既存会員も対象となり、新規会員は入会特典のポイントも別途付与される。

ワイズロード・ズイフターズは入会無料

Zwiftでの各種イベントの開催と、SNSでの情報共有と交流を主な活動内容としている。ワイズロード利用者はもちろん普段ワイズロードを利用していない人でも入会できる。イベントはグループライド、ワークアウト、レースとZwiftの楽しみ方を網羅していて、メンバーの脚力・志向に合わせお選べる。

入会は無料で、ライドイベントの参加にも一切費用はかからない。Zwiftの利用料は個人負担。入会特典としてワイズロードの店舗とオンラインサイトで使えるポイントをもれなくプレゼント。

●ワイズロード・ズイフターズについて
●キャンペーンの詳細ページ

ワイズロード・ズイフターズ発足。メンバー募集を開始

ワイ・インターナショナルは、インドアサイクリングアプリ「Zwift」を楽しむためのコミュニティ「ワイズロード・ズイフターズ」を発足し、メンバーの募集を開始した。

ワイズロード・ズイフターズはZwiftでの各種イベントの開催と、SNSでの情報共有と交流を 主な活動内容として、ワイズロード利用者はもちろん普段ワイズロードを利用していない人でも入会できる。イベントはグループライド、ワークアウト、レースとZwiftの楽しみ方を網羅していて、メンバーの脚力・志向に合わせて選べる。

入会は無料で、ライドイベントの参加にもZwift利用料以外の費用はかからない。入会特典としてワイズロードの店舗とオンラインサイトで使えるポイントをもれなくプレゼント。

初回のイベントは7月5日(月)のZwift公式イベントへ参加する「Monday ride in Zwift」 (主催:志木店・野澤)と、実業団選手でありJBCF Fクラスタのリーダーである植竹海貴と一緒にトレーニングできる「Uetake’s Bootcamp」(ライドリーダー:新宿本館・植竹)を予定している。

7月18日(日)19時から「Ride with SARIS Ambassador」をスマートトレーナーのリーディングブランド「SARIS」のアンバサダーを務める人気インスタグラマー、バグかなさん・minori さんをゲストに迎えたグループライドを開催。普段会えない人気インスタグラマーと、地理的な隔たりを超えて一緒に走れるバーチャルならではの貴重な機会。このイベントは今後も毎月1回、日曜日に定期開催される予定。

■脚力・志向で選べる多彩な定期イベントを開催
毎週、隔週などで開催される定期イベントも充実。すでに実績のある志木・横浜・京都各店主催のライドや、新企画として先述の「Uetake’s Boot Camp」と、人気のZwift公式レースに誘い合って参加する「Kawahara’s Race Ride」を開催。この他にも新規イベント、不定期のス ペシャルイベントを開催予定。
最新のスケジュールはSNSに掲載

■ワイズロード・ズイフターズ スタート記念「スマートトレーナーのレビューで3万円分クーポンもらえるキャンペーン」を開催
ワイズロード・ズイフターズに入会し、期間中にワイズロードオンライン内でスマー トトレーナーのレビューをした人から抽選で1名に、ワイズロードオンラインで使えるクーポン3万円分をプレゼントするキャンペーンも実施。ワイズロード以外で購入した人も応募できる。

●スマートトレーナーのレビューで3万円分クーポンもらえるキャンペーン

■公式 SNS Facebook グループ「Y’sRoad Zwifters」
ワイズロード・ズイフターズの最新のライド情報を掲載。メンバー同士での情報交換やZwiftのお悩み相談にも利用できる。グループの定期イベントへの参加はもちろん、メンバー同士でミートアップの参加者を募る場としても利用できる。https://www.facebook.com/groups/ysroadzwifters

■入会方法
①ワイズロードオンライン(ワイズクラブ)の会員登録を行う。特典ポイントの付与に必要。すでに登録済みの人は②へ
②上記Facebookグループにて参加申請を行い、管理者から承認を得る。Facebookのアカウントを持っていない人はアカウント作成をする
③入会アンケートページでアンケートに回答。アンケートに回答することで、特典ポイントが付与される。 詳しくは、ワイズロード・ズイフターズのホームページ