中村輪夢と大池水杜がBMXフリースタイル・パーク優勝

第4回全日本BMXフリースタイル選手権が9月21日に岡山市の岡山市役所特設会場で開催され、中村輪夢大池水杜が優勝した。

中村輪夢(左)と大池水杜 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

予選を勝ち抜いた上位8選手で争われた男子エリート決勝は、中村が難易度の高いトリックを組み合わせ、安定したライディングで完全優勝した。大会2連覇、自身3度目の全日本タイトルを獲得した。

中村輪夢が難易度の高いトリックを組み合わせ、安定したライディングで完全優勝 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「全日本連覇はもちろんうれしかったが、それ以上に今年の長期練習期間に作り上げてきたトリックである720Tailwhip(セブントゥウェンティーテイルウィップ)を、大会決勝のランで組み込め成功できたことは、成長を実感でき大きな収穫であった。また現状では感染防止対策から無観客試合の可能性があった中、今回の大会が開催されたことで練習でのモチベーションアップにもつながり、大会開催に感謝している」と中村。

男子エリート優勝の中村輪夢(ウイングアーク 1st)を中央に左が2位高木聖雄(JFBF)、右が3位大和晴彦(LCDJ) ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

女子では、大会3連覇中の大池が安定したスムーズなライディングでまとめ、全日本タイトルを守り抜いた。

大会3連覇中の大池水杜が、安定したスムーズなライディングでまとめ、全日本タイトルを守り抜いた ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「無事に大会連覇できたことに安堵の気持ちではあるが、女子エリートクラスの参加者が増え、表彰台を埋め尽くせたこともこれまでにない経験でうれしかった。また今大会の場で初披露できたトリックのスーパーマンを含む、いいパフォーマンスを自信に、来年に向けても技の完成度アップに取り組んでいく」と大池。

女子エリート優勝の大池水杜(ビザビ)を中央に左が2位深尾梨奈、右が3位佐藤孔怜 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

●日本自転車競技連盟のホームページ

中村輪夢はBMX世界選手権フリースタイル・パーク5位

11月4日に中国・成都で開幕したUCI 2019アーバン自転車競技世界選手権は大会最終日となる10日、BMXフリースタイル・パークが開催され、中村輪夢が男子で5位、大池水杜が女子で10位になった。

中村輪夢 ©JFBF

パーク男子結果
5位 中村輪夢(日本)87.80
大西勘弥、西昂世、高木聖雄、大和晴彦は予選落ち

BMXフリースタイル・パークの日本代表 ©JFBF

パーク女子結果
10位 大池水杜(日本)56.40

中村輪夢 ©JFBF

片桐光紗季2位、佐々木元3位…BMX世界選手権フラットランド

●UCI BMXフリースタイルのホームページ

中村輪夢がBMXフリースタイル男子初のワールドカップ表彰台となる2位

広島で開催されているFISE Hiroshima 2019、BMXフリースタイル・パークのワールドカップ初戦は、4月21日に男女の決勝が行われ、ウイングアーク1stの中村輪夢(りむ)が男子初のワールドカップ表彰台となる2位となった。

BMXフリースタイル・パークの中村輪夢 ©2019 JCF

予選3位、準決勝7位で決勝進出を果たした中村は、高さを活かした空中技を中心にミスのないランを見せ、1回目に91.80、2回目に92.40を記録しその時点で2位。最終組の選手に上回られることなく日本勢初の表彰台とメダルを獲得した。

ワールドカップは今季3戦が予定され、今回の大会はその初戦。オリンピックの出場枠(日本は開催国枠1)の確保に向けたポイント獲得を目指し、各国から世界チャンピオンやワールドカップ上位常連が揃うハイレベルな争いとなったが、価値ある銀メダルとなった。

BMXフリースタイル・パークのワールドカップ表彰式 ©2019 JCF

女子は大池水杜が上位と僅差の4位。予選で転倒するなど、完璧な仕上がりではない中で実力を見せた。またフラットランドでは男子は片桐亮が、女子は片桐光紗季がそれぞれ優勝した。

中村輪夢のコメント
率直にうれしい。まずは自分のベストのランをすること、そこに結果がついてくると思った。決勝は現状ベストに近いものができたが、まだまだ伸びしろは感じている。次のワールドカップ(フランス、モンペリエ)へ向けてそこを仕上げていきたい。オリンピックまでに世界で表彰台に乗りたいと考えていたが、想像より早いタイミングで達成できた。これがオリンピックへ向けたよいステップになるよう、次もいい結果を残してさら」に盛り上げていきたい。

BMXフリースタイル・パークのワールドカップで2位になった中村輪夢 ©2019 JCF

BMXフリースタイルパーク男子決勝結果
1位 Brandon LOUPOS(オーストラリア)95.80
2位 中村 輪夢(日本)92.40
3位 Logan MARTIN(オーストラリア)91.10

BMXフリースタイルパーク女子決勝結果
1位 Hannah ROBERTS(アメリカ)91.25
2位 Lara Marie LESSMANN(ドイツ)84.12
3位 Perris BENEGAS(アメリカ) 84.00
4位 大池 水杜(日本)81.75

世界一クールな通学スタイル…BMX界の若きエース中村輪夢が学ランで爆走(笑撃のオチあり)

夏のスポーツ祭典の正式種目採用が決定し、JFBF(全日本フリースタイルBMX連盟)主催の全日本大会やFISE WORLD SERIESが日本初上陸するなど、注目度が高まっているBMXフリースタイル・パーク。世界レベルの実力を持ち、シーンの熱い視線を集めているレッドブル・アスリートの中村輪夢(りむ)。

中村輪夢 © Suguru Saito / Red Bull Content Pool

16歳の高校2年生。新学期初日から遅刻をしそうになった場合、どうやって間に合わせるか?を作品にした映像が公開された。

中村輪夢の通学スタイル

新学期初日から遅刻をしそうになった中村輪夢(スクリーンショットなのでクリックしても再生しません)

●中村輪夢について知っておくべき5つのこと

Information
中村輪夢がエクストリームスポーツの祭典、FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018に参戦。開催日は2018年4月6日(金)~8日(日)で入場は無料、大会の詳細など最新情報は下記公式HPで。
FISE WORLD SERIES Hiroshima 2018

●関連ニュース

東京五輪新種目のBMXフリースタイル・パーク…中村輪夢が初代チャンピオンに

●最新ニュースへ