初山翔がティレーノ〜アドリアティコに参戦…7日間のステージレース

ティレニア海からアドリア海へ。イタリア半島を横断するUCIワールドツアーのティレーノ〜アドリアティコに、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは初山翔を含む7選手で挑む。

イタリアでのUCIワールドツアー3連戦。ストラーデビアンケに続いて出場するのは、半島の西側に位置するティレニア海から東側のアドリア海へとイタリアを横断する7日間のステージレースだ。全部で7つのステージで構成されるが、第1ステージはチームタイムトライアル、第2ステージ、第6ステージは平坦、第4ステージは標高1335mのサルナノにフィニッシュする山頂フィニッシュ、第7ステージは個人タイムトライアルなどバリエーションに富んだコース設定。グランツールで活躍する世界トップクラスのオールラウンダーやヒルクライマーの活躍が期待されている。

ティレーノ〜アドリアティコのコースマップ

NIPPO・ヴィーニファンティーニは3月4日に開催されたGPラルチアーノで2位入賞を果たして調子がいいマルコ・カノラを中心に、スプリンターのエドアルド・グロス、クライマーのダミアノ・クネゴやイバン・サンタロミータらバランスの取れた布陣で挑む。そしてストラーデビアンケに続いて初山が日本人選手として唯一のメンバー入り。世界トップレベルのレースでチームの歯車となりながら、貴重な経験を積み上げていく。

初山翔

初山翔のコメント
1月の段階からティレーノ〜アドリアティコに参戦することを伝えられていたので、しっかりと肉体的にも精神的にも準備することができた。シーズン最初の山場としてレースを迎えたい。もちろん毎日厳しいレースになることは百も承知だが、とにかく毎日全力を尽くしてチームの期待に応えたい。

マリオ・マンゾーニ監督のコメント
ティレーノ〜アドリアティコはイタリアのUCIワールドツアーのなかでも特に重要視されているレース。UCIプロチームも成績を狙って全力で挑むので、自分たちにとっては毎ステージ、チャレンジングなレースになると思う。しかし自分たちも高いモチベーションをもっているし、パフォーマンスの仕上がりも、先週のGPラルチアーノの結果から手応えを感じている。スプリンターであるグロスは第2ステージと、おそらく第6ステージもスプリントの展開となるので狙っていきたい。そして、とても調子のいいカノラとバジョーリは第3ステージでの活躍を期待したい。初山にとっては初参戦となるが、たくさんのことを学ぶと同時に果敢に逃げにチャレンジしてほしい。

●関連ニュース

初山翔が砂ぼこり舞う未舗装路レース、ストラーデビアンケに初挑戦

●最新ニュースへ

初山翔が砂ぼこり舞う未舗装路レース、ストラーデビアンケに初挑戦

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニの初山翔がイタリア・トスカーナ地方を舞台にしたストラーデビアンケに挑戦する。砂ぼこりが舞う未舗装路レースで、チームにとってのUCIワールドツアー初戦となる。

ストラーデビアンケに参戦するNIPPOチーム

3月に入ってイタリアは本格的なレースシーズンを迎えた。3つのUCIワールドツアーレースが連続して開催されるが、その初戦となるのはトスカーナ地方の美しい街、シエナ近郊で開催されるストラーデビアンケだ。イタリア語で “白い道” を意味するレース名のとおり、たくさんの未舗装路がコースに組み込まれ、選手やチームカーの隊列が真っ白い砂ぼこりを立てて走り抜ける。イタリアの昔ながらのレーススタイルを復元したもので、春のクラシックレースの代名詞、石畳を走るパリ〜ルーベやツール・ド・フランドル同様に、世界中のレースファンに愛されている。

2018年は全11カ所、合計63kmの未舗装路区間(セクター)がコースに組み込まれた。スタート後11km地点に最初のセクターが登場し、砂利道が2.1km続く。もっとも長いセクター5は11.9kmにも及ぶ。丘陵地帯で開催されるためコースにアップダウンがあるのも特徴で、セクター2は平均勾配10%の登坂区間が含まれていて、ここが最初の勝負どころ。

ストラーデビアンケはシエナを発着とする
ストラーデビアンケの高低表。グレーの部分が未舗装路だ

フィニッシュラインはシエナの観光名所 “世界でもっとも美しい広場” と言われるカンポ広場に設定されるが、残り1kmを切ってから広場へ向かうまでに最大勾配16%の壁のような石畳区間も登場し、最後まで見るものを飽きさせない世界屈指の過酷さだ。

現在イタリアは大寒波に見舞われていて、トスカーナ地方も積雪が残っている状態。週末にかけて気温は上昇する予報だが、雨の予報もあって、コースだけでなく天候も厳しいコンディションとなる可能性がある。

初山翔

NIPPO・ヴィーニファティーニ・ヨーロッパオヴィーニはワールドツアーでの経験豊富なシモーネ・ポンツィと、2月よりチームに加入したファンホセ・ロバトの二人を軸に、シクロクロスの現ルーマニアチャンピオンのエドアルド・グロス、タフなレースに強いマルコ・ティッツァの活躍が期待されている。日本人選手は初山翔がメンバー入り。初めて出場するUCIワールドツアーレースで、しかも未舗装路が組み込まれたコースに挑むのも初めて。

チャレンジ精神を胸に未知なるレースに挑む初山は、「レースのレベルもタイプも未知の世界だが、貴重な経験を無駄にしないように全力を尽くして走りたい」とコメント。

●関連ニュース

NIPPO・ヴィーニファンティーニの西村大輝がツール・デュ・オバールマタンに参戦

●最新ニュースへ

NIPPOの初山翔と西村大輝が2018シーズンの手応えをコメント

NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニが1月26日、スペインのカルペで第二次トレーニングキャンプを終えた。所属選手の初山翔と西村大輝が2018シーズンへの手応えをコメントした。

新しいチームキットに身を包み、チームバイクで乗り込みを行う

●初山翔のコメント

初山翔

2週間にわたるカルペ合宿を終えた。初めて来るカルペだったが、この時期の合宿地としてはまさにうってつけだった。暖かい気候、交通状況、地形。 プロ、アマ、男子、女子、問わず世界中からサイクリストが集まるのも当然のように思える。そのような環境を利用して、トレーニングキャンプとしては濃い2週間を過ごさせてもらった。毎日完璧に自転車を整備してもらい、毎日マッサージを受けて、トレーニングだけに集中できた。このような贅沢ともいえる環境を味わうと他所には行きたくない。否、残れるように努力すべきだとつくづく思う。僕個人はよりよい状態で開幕戦に挑めるように、もう数週間カルペにとどまりトレーニングを続けていく。

●西村大輝のコメント

西村大輝

1月15日から26日まで、スペインのカルペで行われた合宿を無事終えた。11日にイタリア入りし、チームプレゼンテーションなどを終えた後、選手全員で空路での移動をして開始した合宿。 滞在していたホテルは自分たちの他にもバーレーン・メリダをはじめ、さまざまな有名チームが滞在しており、カルペが冬の合宿地としてヨーロッパの中でいかに人気かということがうかがえた。
チームの雰囲気としては、キャプテンのマルコ・カノラを中心にまとまりのある、とても仲のいいチームだと感じている。トレーニング内容は、チームと契約しているトレーナーが選手それぞれのパワーデータや乳酸テストの結果をもとに作成したメニューで行われ、日々充実したトレーニングを行うことができた。数日前に、スケジュールの変更で2月上旬から2つのステージレースを走らせてもらえることになった。シーズン初戦をいい状態で迎えられるように、今はさらに身体を絞る作業をしている。トレーニングは充分行ってきたので今からシーズン初戦が楽しみだ。

●関連ニュース
NIPPO・ヴィーニファンティーニ、1月31日にスペインで緒戦へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。