室屋義秀がレッドブル・エアレース開幕戦のアブダビ大会で2位

レッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップが2018年の開幕戦をUAEのアブダビで迎え、2月3日の決勝で2017年の総合優勝者である日本の室屋義秀(Team FALKEN)が2位になった。室屋は前日の予選で3位と好位置につけていた。優勝は予選2位だった米国のマイケル・グリアン。2009年のブダペスト大会以来となる通算2勝目。3位はチェコのマルティン・ソンカ。

レッドブル・エアレース開幕戦のアブダビ大会で優勝したグリアンを中央に、左が2位室屋義秀、右が3位ソンカ ©Red Bull Content Pool

レース後の会見で室屋は、「実は自身初の2位です。自分のトロフィーコレクションに新しく加えることができてうれしい」と、新シーズンをいい形でスタートした喜びをコメントした。

新シーズンの開幕をアブダビの地で迎えるのは今回で11回目だが、室屋はこれまでアブダビで表彰台に立ったことがなく、逆に不調に終わることが多い会場だった。2009年にレッドブル・エアレース初参戦した際の最初の公式戦がアブダビ大会で、大会後に「最初はおっかなびっくりだったが、最後はコースが見えるようになった」コメントした通り、まずはレースに慣れることが先決と15人中、13位で終了。ちなみにそのときの14位はマイケル・グリアンだった。

続く2010年はフライト直前に風が吹く方向が変わり、接触が想定されると注意したものの操縦が甘くなり、エアゲートに接触。タイムを失って10位に。3年間の中断を経て再開した2014年大会では、パイロンヒット、オーバーGなどのペナルティはなかったが、その年から導入された1対1の対戦方式により Top12(現在のラウンドオブ14)で、2008年のワールドチャンピオンで、中断前の2009年、2010年にポール・ボノムと総合優勝争いを繰り広げたハンネス・アルヒに敗れて9位に終わった。

2015年ごろになると、新型機のEdge 540 V3が次々と投入される中、スピードで劣るV2でありながら、風を読む力や繊細な操縦テクニックでコンディションが荒れたレースで上位に食い込むようになった。またレースアナリストのベンジャミン・フリーラブもチームに加わり、風が変わりやすい開幕戦を当時の室屋にとって好成績の6位でゴール。年々アブダビ大会での順位を上げた。

新型機のV3も投入したことでさらに上の順位が期待された2016年のアブダビ大会では、V3でスピードを得たことが裏目に出てしまい、この年はオーバーGで失格となり8位に沈んでいた。

室屋義秀 ©Naim Chidiac/Red Bull Content Pool

いよいよ開幕した2018シーズン。総合成績ではグリアンが15点を獲得して、初めての首位に。2年連続の総合優勝を目指す室屋は12点で、パイロット14人のうち2位につけた。次戦は4月21〜22日にフランスのカンヌで開催される。シリーズは全8戦で、第5戦と第8戦がアジアで開催されることが予定されているが、日本の千葉大会が継続開催されるかは未定。

レッドブル・エアレース開幕戦のアブダビ大会 ©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

●関連ニュース

室屋義秀は予選3位…レッドブル・エアレース開幕戦のアブダビ大会

●最新ニュースへ

室屋義秀は予選3位…レッドブル・エアレース開幕戦のアブダビ大会

レッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップが11シーズン目となる2018年の開幕戦。UAEのアブダビで2月2日に熱戦が始まり、2017年の総合優勝者である日本の室屋義秀は予選3位と絶好の位置でスタートを切った。

室屋義秀が2018レッドブル・エアレース開幕戦のアブダビを飛ぶ ©Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool

予選トップは2016年の総合優勝者ドイツのマティアス・ドルドラー。2位は米国のマイケル・グリアン。

「ボクはいつも最速ラップを出すために最大限のスピードで飛びように心がけている。チームの戦略スタッフから冷静になるようにと言われたが、それは無理だった」とドルドラー。
「だからオーバーGによるペナルティだけを気にしてゴールを目指した。14人のパイロットは新シーズンを迎えてゼロポイントから一斉にスタートした。常に好調を維持して大きな目標に向かって進んでいきたい」

この結果、室屋は3日の本戦「ラウンドオブ14」で予選12位のピート・マクロード(カナダ)と対戦する。参加パイロットは14人。

アブダビで開催されたレッドブル・エアレース開幕戦 ©Andreas Langreiter / Red Bull Content Pool

●関連ニュース
レッドブル・エアレースいよいよ開幕…NHK、J SPORTS、DAZNの視聴方法は

室屋義秀 レッドブル・エアレースのシリーズ連覇に向けてアブダビに挑む

レッドブル・エアレースいよいよ開幕…NHK、J SPORTS、DAZNの視聴方法は

レッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップ2018年シーズンがいよいよ始まる。開幕戦はアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ。予選が2月2日(金)、決勝が3日(土)に行われる。日本の室屋義秀がディフェンディングチャンピオンとして迎える新シーズンは、新しいルールが適用され、また新たなパイロットが最上位のマスタークラスに参加する。

レッドブル・エアレース。©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

レースはさまざまなチャンネルで視聴できる。

■NHK BS-1
エアレース世界選手権2018 開幕戦inアブダビ
2月3日(土)23:00~25:00

あの感動を再び!2017年最終戦インディアナポリスを再放送!
2月1日(木)18:00~19:50

放送スケジュールの詳細はNHKホームページで

■J SPORTS
レッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップ2018シーズンプレビュー
2月2日(金)20:30~21:00 J SPORTS 3

レッドブル エアレース ワールドチャンピオンシップ2018第1戦アブダビ
2月21日(水)22:30~23:30 J SPORTS 3

■DAZN
ライブ&オンデマンドで好きなときに世界中のあらゆるスポーツを、テレビの大画面、スマートフォン、ゲーム機やパソコンなどのデバイスで好きなだけ楽しめるスポーツに特化した定額制動画配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」でレッドブル・エアレースワールドチャンピオンシップ2018を独占ライブ中継。

レッドブル・エアレース アブダビ
2月2日(金)21:00~予定 予選
2月3日(土)19:00~予定 ラウンドオブ14
2月3日(土)21:00~予定 ラウンドオブ8 & ファイナル4

ライブ中継を逃しても大会後1週間は『見逃し配信』で観戦可能。月額1750円(税抜)、ドコモユーザーは月額980円(税抜)、英語実況のみ
DAZN(ダ・ゾーン)視聴方法
ドコモユーザーのDAZN(ダ・ゾーン)視聴方法

レッドブル・エアレース、開幕戦のアブダビに集結した2018シーズンのパイロットたち。©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

●関連ニュース
室屋義秀 レッドブル・エアレースのシリーズ連覇に向けてアブダビに挑む
レッドブル・エアレース開幕戦は2月2、3日…アジアでも2戦開催へ

室屋義秀 レッドブル・エアレースのシリーズ連覇に向けてアブダビに挑む

2017年にレッドブル・エアレースでシリーズ総合優勝を果たした日本の室屋義秀が、2018シーズンの連覇を目指して開幕戦となるUAE・ドバイ大会に挑む。大会は2月2〜3日。シリーズは全8戦で、開催地未定ながらアジアでも2戦が開催予定で、日本の上空を飛行する可能性もある。

2018シーズンで前年に続く総合優勝を目指す室屋義秀 ©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

44歳となった2017年は5月に米国サンディエゴで行われた第2戦、6月に千葉で行われた第3戦で連続優勝。千葉大会は2016年に続き母国戦2連覇を果たした。その後も第7戦ラウジッツ大会、第8戦インディアナポリス大会で連続優勝し、悲願のワールドチャンピオンタイトルを獲得。モータースポーツのトップカテゴリーでの年間総合優勝はアジア人初の快挙だった。

レース参戦の合間をぬって、国内では引き続きエアショーや子ども向けの航空教室を行うなど、「航空」に興味をもってもらうための活動にも尽力。 「VISION 2025」を掲げ、2018年には未来の航空立国・日本の航空宇宙産業を担う人材育成を目的としたプロジェクトを始動する。

フランスのベテランパイロット、ニコラス・イワノフ ©Sebastian Marko/Red Bull Content Pool

2018年はGフォースに関するルールが変更された、これまでは、10G以上のGフォースを0.6秒以上記録したパイロットは自動的にDNF(途中棄権)になっていたが、2018シーズンからはDNFの代わりに2秒のペナルティが科されることになった。この変更により10Gを超えてもレースを続けられるが、12Gを超えた場合はこれまでと変わらずDNFになる。それでもこれまで以上にアグレッシブな飛行が見られるはずだ。

2018シーズンも総合成績の連覇に挑む室屋は、「勝利を重ねていきたいと思っているので、現状に満足することはできません。改良や変更を加えていく予定です。その努力をしなければ、他のパイロットに追い抜かれてしまうでしょう」と気持ちを引きしめて臨む。

レッドブル・エアレース開幕戦となるドバイのロケーションは圧巻だ ©Joerg Mitter / Red Bull Content Pool

2018シーズンの目標は?
「2017シーズンは4勝しましたが、2戦でポイントを獲得できなかったので、2018シーズンは全戦でポイントを獲得して2連覇を達成することが目標です」

●関連ニュース
レッドブル・エアレース開幕戦は2月2、3日…アジアでも2戦開催へ

レッドブル・エアレース開幕戦は2月2、3日…アジアでも2戦開催へ

レッドブル・エアレース2018が2月2〜3日のUAE・アブダビで開幕する。合計8戦となり、8月4〜5日の第5戦、11月(日程未定)の第8戦がアジアでの開催となる。開催地は未発表となるが、2017年までに引き続き日本の千葉市が招致活動を継続している。

©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

2017年は日本のベテランパイロット、室屋義秀が悲願のシーズン総合優勝を達成。2018年も連覇をねらって開幕地のアブダビに乗り込んでいる。

©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

シリーズは2月21〜22日にフランスのカンヌ、5月26〜27日にヨーロッパ(開催地未定)、6月23〜24日にハンガリーのブダペストを経て第5戦はアジアへ。さらに8月25〜26日にロシアのカザン、10月6〜7日に米国のインディアナポリスで行われる。最終戦は再びアジアだ。

©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool

日本の大観衆が集まった千葉大会は現在のところカレンダーにリストアップされていないが、これまで同様の開催に向けて調整を続けているようだ。

©Predrag Vuckovic/Red Bull Content Pool