間違いなくキャリア最後のレース…東京五輪MTBの山本幸平

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)自転車マウンテンバイク競技の日本代表男子選手である山本幸平(ドリームシーカーレーシング)が1年後の大会に向けて抱負を語った。6月5日13時から、日本自転車競技連盟が主催するオンラインWeb会議サービスのZoomを使って行われた。

山本幸平 ©JCF

「2月以降は自分の思い描くような日々が送れませんでした」と、新型コロナウイルス感染拡大による余波から切り出した山本。それでも、「五輪が1年伸びてしまったけれど、常にエネルギッシュにこれからの1年の準備期間を過ごしていきたい」と気持ちは途絶えていない。

いまでこそ結婚し、家族も増えたが、ずっと一匹狼だった。
「これまでも長野県松本市を拠点として1人での練習が多かったので、外出禁止で多くのアスリートが活動を制限されているのとは異なり、通常とは変わらない。練習環境も人と出会うことのない山の中ですから。日ごろから変わらないリズムで過ごせたのかなと思う」

遠隔インタービューに臨む山本幸平 ©JCF

それでもスポーツクラブは休業を余儀なくされたので、コアトレーニングをするために自宅の一室を改造してトレーニング機材をそろえたという。

2008年の北京、2012年のロンドン、2016年のリオに続く4大会連続の出場。
「リオ五輪のあとに選手をやめようと思っていたが、リオ五輪の閉会式で演出が次回開催地の東京に変わったときに、自国開催の五輪でも走ってみたいと、鈴木雷太コーチに話したことを覚えています」

山本幸平は11度の全日本チャンピオンに輝いた第一人者だ ©2019 JCF

過去3回の五輪では46位、27位、21位という成績だ。東京五輪では8位入賞を目指す。

「間違いなくボクのキャリア最後のレースとなります。ゴールにたどり着けなくてもいいから、スタートから積極的に行きたい」と決意を語る。

山本幸平 ©JCF

選手としての集大成を迎えるので、競技生活の中でベストパフォーマンスを見せたい。

「少しでも多くの人たちに興味を持っていただけたら。地元北海道で応援してくれる人たちは遠いのでテレビ観戦になると思いますが、できれば生で見てもらい、MTBって楽しいんだなと思ってほしい。それと同時に、若手選手の人たちにバトンを渡せる走りを。彼らが強い日本を作ってくれることを楽しみにしています」

延期により1年の準備期間が増えたと考えたい…鈴木雷太コーチ

日本MTBチームの鈴木雷太コーチは、「新型コロナウイルス感染拡大による延期や外出自粛はだれも経験したことのないこと。延期により1年の準備期間が増えたとポジティブに考え、最高の成績を修められるようにサポートしていきたい」と語った。

鈴木雷太コーチ ©JCF

自転車マウンテンバイク競技の女子代表選手は今井美穂(CO2bicycle)。補欠選手は男子が平野星矢(ブリヂストンサイクリング)、女子が川口うらら(日本体育大/FUKAYA RACING)。

自転車マウンテンバイク競技で日本が獲得した参加枠はクロスカントリー・オリンピック男子1、クロスカントリー・オリンピック女子1で、どちらも開催国枠として得た。

⼭本幸平(YAMAMOTO Kohei)
1985年8⽉20⽇(34歳) 北海道幕別町出⾝ ⾝⻑:182cm 体重:70kg
所属:Dream Seeker MTB Racing Team
出⾝校:北海道帯広農業⾼

●東京五輪のホームページ

今井美穂は初、山本幸平4大会連続…東京五輪MTB代表に

第32回オリンピック競技大会(2020/東京)の自転車マウンテンバイク競技日本代表選手に山本幸平(ドリームシーカー)と今井美穂(CO2bicycle)が選出された。日本自転車競技連盟が6月3日に発表した。山本は2008北京、2012ロンドン、2016リオに続く4大会連続。今井は初選出。

東京五輪MTB代表の今井美穂(左)と山本幸平
山本幸平
今井美穂

期待に応えるため練習に励み、本番で最高の走りを…山本幸平

「東京オリンピック内定が決まったこと、今までの競技人生の中でも一番うれしい報告でした。まずは、ここまで応 援と支援していただいた多くの方への感謝の想いを伝えたいと思います。本当に、ここまでサポートしてくれてありがとうございます」と山本。

山本幸平

「山本ファミリーや妻と娘のサポートがなければ、リオ五輪後から競技者としてのメンタルを保つことができなかったと思います」

「感染症問題で1年延期となりましたが、僕が1年前から日本代表に内定をいただいたことはとても素晴らしく、本番に向けて準備を確実に進められる期間を与えてくれたことに感謝します。そして、日本代表として、みんなの期待に応えるために、練習に励み、本番で最高の走りをします。 それと同時に、残された期間で若手選手と切磋琢磨してみんなで強い日本チームを作り上げ、今後のマウンテンバイクの発展に貢献していきたいです」

今から胸が高まり、楽しみでいっぱい…今井美穂

「はじめに、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、医療機関に大きな影響が及んでおりますが、最善を尽くして感染予防や診療などの業務に携わり、地域医療を支えてくださっている医療従事者の方々や、私たちの生活を支えてくださっている多くのみなさまに、心より敬意を表します」と今井。

今井美穂

「2020東京オリンピックMTB−XCO代表選手として、正式に内定をいただきました。 幼い頃 から漠然と「オリンピック選手になりたい」という夢を描いてきましたが、自国開催でもある記念すべき東京オリンピックの代表選手に選出され、幼い頃からの夢を叶えることができたことを本当にうれしく思っております。 新型コロナウイルス感染症の影響により、開催が1年間延期という形になってしまいましたが、全世界においてコロナウイルス感染症が1日でも早く終息されることを願いながら、この延期された期間をプラスにとらえ、自分自身のフィジカル面・スキル面をともに向上させることができるよう、トレーニングを重ねていきたいと思います」

「自国開催の東京オリンピック。 たくさんの方に応援してもらいながら走れることを想像すると、今から胸が高まり、楽しみでいっぱいです。みなさんに最高の走りをお見せすることができるように1日1日を大切に、準備をしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」


MTB選手選考について日本自転車競技連盟は選考基準発表から約2年間の実績と、さらに直近1年間の成績(UCIポイント)を基準とするとしてきた。しかし新型コロナウイルスの影響による2020年のオリンピック延期、そして3月15日以降UCIポイントの付くすべてのレースは停止となり、 選考期間は5 月28 日を待たずして約75 日間のチャンスが失われた。

これらの影響を考慮した選考期間の延長、また5月15日付けのUCI追加発表を受けた2021シーズンのワールドカップ2大会追加なども検討してきたというが、
・資格基準期間2年間の約90%、個人ランキング換算期間1年間の約80%はすでに消化されていて、一定の判断ができる期間と判断できること
・今後の世界的な活動計画も定まらない中、また、安全性についても不安のある遠征の助長を促しかねない期間設定は得策ではないこと
・期間延長を行うよりも選考を早期に決着させることが選手への配慮、安心感を与え、1年後の大会に向けて最大限調整することができること

これらのことから当初の基準に従って、競技者の選考したという。

●日本自転車競技連盟のホームページ

山本和弘・幸平兄弟がキャノンデール新型スカルペルを語る

「MTB XCO全日本チャンピオン山本兄弟が新型スカルペルを語る」と題して、兄の山本和弘(マスターズクラス)と弟の幸平(エリートクラス)の2人で5月23日(土)12時にキャノンデールアカウントでインスタライブを行う。

上段が山本幸平、下段が山本和弘

ついに発売となった新世代XCOレーシングバイク「スカルペル」。今回のモデルチェンジによってサスペンションシステムは大きな変化を遂げ、ジオメトリーはよりアグレッシブなものへと進化した。前作スカルペルを乗り尽くした山本兄弟が新旧の違いをインスタライブで徹底的に説明する。

11度の全日本チャンピオンに輝く山本幸平(@kohey55)は、2020年3月からプロトタイプのスカルペルに乗りトレーニングを重ねている。また、兄和弘(@cannondalekazu)は国内で販売される市販車にいち早く乗り、より細かな改良点を見つけたという。業界一仲が良いといわれる兄弟トークが楽しめる。

同ライブはキャノンデール・ジャパンのインスタグラム(@cannondalejapan)で行う。ストーリーズでは、当日の質問も募集している。ランチを食べながら気軽に参加してみよう。

インスタライブ日時:5月23日 12:00〜(15分~30分)
アカウント:キャノンデール・ジャパン(@cannondalejapan)

日本のMTBライダーがZWIFTに集結しオンラインオフロードレース

日本のMTBレースシーンをリードする日本サイクルスポーツ振興会の評議員、山本幸平(Dream Seeker MTB Racing Team)を中心とした国内の自転車競技のトップ選手たちが、 「FUN IS FAST」を掲げるインドアサイクルトレーニングアプリ、ZWIFTに集結し、オンラインMTBレースを5月10日(日)に緊急開催することになった。

Dream Seeker MTB Racingの山本幸平(左)と北林力

現在、自転車レースの開催も延期や中止となり、そして各自がSTAY HOMEすることでこの困難を乗り越えようとしている。そのSTAY HOMEを明るくアクティブに乗り切る手助けになればと、日本のMTBレースシーンをリードする山本を中心としたトップ選手たちがZWIFTに挑戦。日本自転車競技連盟マウンテンバイク委員会協力のもと、オンラインMTBレースを開催する。

カテゴリー別エントリー方式を採用し、トップクラス選手による屋外大会さながらのガチレースをはじめ、さまざまなレベルのサイクリストがレースに参加して楽しめるようになっている。

開催はYouTubeによるLIVE配信も行い、レース観戦を楽しみたいというニーズにも応え、eスポーツの新たなる可能性を日本から発信する機会ともなる。開催に併せて新型コロナウイルス感染症対策の支援に役立てる募金活動を行う。 

フカヤレーシングの松本佑太

発起人選手代表山本幸平のコメント

レースのキャンセルや延期が続いている中、今回オンライン上でレースが開催されることに喜びを感じるとともに、エキサイティングな気持ちになっています。eスポーツならではの走り方が勝利につながると思っています。安全かつ健康と強化に繋がる、素晴らしい機会を設けてくれたことに感謝するとともに、世界が一刻も早く平和な日々となることを祈っています。

フカヤレーシングの竹内遼

■レース実施日時
2020年5月10日(日)AM11:00スタート トータル約1時間のレースを予定

■実施場所
インドアサイクルトレーニングアプリ『ZWIFT』内ジャングルサーキット

■レーススタイル/エントリー方法
参加者はFTP別で各クラスにエントリー
Aクラス(FTP 4.0~5.0wkg) ジャングルサーキット 3周 スタート11:00
Bクラス(FTP 3.2~4.0wkg) ジャングルサーキット 2周 スタート11:01
Cクラス(FTP 2.5~3.1wkg) ジャングルサーキット 2周 スタート11:02
Dクラス(FTP 1.0~2.4wkg) ジャングルサーキット 1周 スタート11:03

スコットジャパンの松本一成

レースエントリーURLは後日Facebookページで掲載

出場予定選手( A クラス)

★ゲストライダー(予定)
沢田時(BRIDGESTONE CYCLING)
平野星矢(BRIDGESTONE CYCLING)
今井美穂(CO2bicycle)
永田隼也(KONA RACING TEAM)
九島勇気(玄武/Mondraker)

スコットジャパンの松本璃奈

■配信方法
YouTube『バンクリーグ』チャンネルでLIVE配信

【日時】
2020年5月10日(日)10:45~12:00(予定)
【実況】
松本佑太(FUKAYA RACING/日本サイクルスポーツ振興会)
財団スタッフでもある松本選手がレースに参加しながら実況に挑戦
【解説】
鈴木雷太(MTB日本代表監督)リモートでの解説参加

松本が今回のイベントのために立ち上げたFacebookが情報源。レース詳細など更新情報はこのFacebookをメインに選手の個人SNSともリンクし発信を行う。また、プロモーションの一環として、開催の数日前からは参加表明をした選手からのひとことコメント動画などをSNSで随時アップしていく。 

キャノンデールが羽田・多摩川沿いで試乗会・トークショー

キャノンデール・ジャパンは2019年9月15日、2020年モデルの試乗イベント『CANNONDALE 2020 DEMO RIDE DAYS』を開催。羽田空港の多摩川対岸に隣接するカフェ「River Café and Dining」をメイン会場とし、最新のロードバイクやグラベルバイクを中心に試乗車を各サイズ取り揃え、合計30台以上を用意する。

展示バイクはカラーの違いなどを確認できるようグレード別に展示。さらに、メインステージではバイクについての詳しい商品説明の時間を設けるほか、MTB全日本チャンピオンの山本幸平のトークショーや、横浜を中心に活動しているボサノバ歌手による演奏を予定している。

試乗コースは多摩川サイクリングコースをメインとしたフラットで安全なコース。

CANNONDALE 2020 DEMO RIDE DAYS

開催日時:2019年9月15日(日)10:00~17:30(試乗受付終了 16:30)
前売チケット:1000 円(税込)※下記購入ページよりお申し込みください。
当日チケット:1300 円(税込)※イベント当日「受付」にて現金払いのみ
参加費に含まれるもの:来場特典、試乗保険料

開催場所:River Café and Dining
〒210-0821 神奈川県川崎市川崎区殿町 3-25-11 東急 REI ホテル 1F

試乗車リスト
SuperSix EVO Hi-MOD Disc Dura Ace Di2(サイズ:48, 51, 54, 56)
CAAD13 Disc Force eTap AXS(サイズ:48, 51, 54, 56)
Topstone Carbon Force eTap AXS(サイズ:XS, S, M, L)
前売チケット購入ページ

山本幸平11度目V、今井美穂2連覇…全日本MTB選手権

第32回全日本マウンテンバイク選手権大会が7月20、21日に秋田県仙北市のたざわ湖スキー場、秋田県立田沢湖スポーツセンターで開催され、五輪種目のクロスカントリーは男子エリートが山本幸平(Dream Seeker Racing Team)が5年連続11度目の優勝。女子エリートは、今井美穂(CO2bicycle)が2連覇した。

男子エリートをスタートする山本幸平 ©2019 JCF
男子エリートは山本幸平が5年連続11度目の優勝 ©2019 JCF
男子エリートを制した山本幸平(中央) ©2019 JCF

男子エリート優勝の山本幸平のコメント
「勝たないといけないプレッシャーがあるなかで、今までで1番リラックスして挑めた。世界選手権やワールドカップでトップ10を取るのが目標。アジア人でもできるというのを見せたい。オリンピックに向けてはまだまだ長い戦いがあるので、それだけを考えすぎないで、一番を楽しんで自分がやれることをやっていって、5月の段階で決まれば、自国開催でもあるので調整できる自信はある」

女子エリートは今井美穂(CO2bicycle)が2連覇 ©2019 JCF
女子エリートを制した今井美穂(中央) ©2019 JCF

山本幸平、キャノンデールで東京五輪目指す…ドリームシーカーレーシングチームMTB

キャノンデール・ジャパンは、ドリームシーカーレーシングチームMTB所属の山本幸平(33)と北林力(18)への機材サポートを開始。山本は世界トップ10入りを目標に、東京五輪でのメダル獲得に向けて世界を転戦。また、北林は国内のU23チャンピオン獲得を目標に、次世代のトップとなるべく世界最高峰のレースに挑戦する。

ドリームシーカーレーシングチームMTBの山本幸平(中央)と北林力(右)。左は幸平の兄であるキャノンデール・ジャパンの山本和弘

両選手はコースや路面状況に合わせて世界最軽量レベルのハードテールバイク「F-Si」と、ワールドカップでの激しいコース設定に対応した最先端ジオメトリーのフルサスバイク「Scalpel Si」を使い分け、サドルは世界一革新的なサイクリングサドルをプロデュースするファブリックで転戦していく。アジア圏、そして国内XCOにおいて無敵の山本を軸に若手注目株の北林の活躍をキャノンデール・ジャパンがサポートしていく。

契約期間は2019年1月〜2020年12月。内容はキャノンデール製バイクならびにファブリック製パーツ提供。

世界一革新的なサイクリングサドルをプロデュースするファブリック

キャノンデール・ジャパン代表取締役・森下敏郎のコメント
ドリームシーカーレーシングチームの山本選手と北林選手に機材提供をさせていただくこととなり、心より光栄に思っております。これからの2年間、2人の夢と目標の実現に向け、国内外のMTBレースにおいて、レフティをはじめとするキャノンデールとファブリックの革新的機材とともに全力で両選手をサポートしてまいります。また、山本選手の兄山本和弘もともに戦っていくこととなり、この兄弟の物語をサポートできることをとても楽しみにしております。そして、応援してくださるMTBファンに、チームとともに夢と感動を届けていきたいと思っておりますので、今後とも両選手への応援をよろしくお願いいたします。

山本幸平のコメント
2019年から2年間を、キャノンデール・ジャパンと機材提供のサプライヤー契約を結ぶこととなりました。選手生活としての集大成を迎えるにあたり、この2年間をキャノンデールバイクとともに走れることを心よりうれしく思います。実はキャノンデールMTBとはとても縁があります。初めて手にしたのがキャノンデールMTB、キャノンデールバイクで初・世界選手権出場、キャノンデール・ジャパンファクトリーチーム入りと大切なタイミングでともに走ってきました。そして、今年から兄である山本和弘とともに戦うチャンスをもらうことができました。兄は、キャノンデール一筋の競技人生を送り、そして社員となり、今はマーケティングとして勤めています。自分は兄の存在なくしてここまで走り続けることができなかったです。兄とともに東京五輪でメダルを獲得するのが最大の目標です。

北林力のコメント
今シーズンからキャノンデール・ジャパンと東京五輪までの2年間のサポートをしていただけることになりました。小さい頃から憧れていたブランドのバイクに乗せてもらうことができ、ワールドカップなどのレースをトップで走る夢をともにチャレンジできることをとてもうれしく思います。キャノンデールバイクとともに成長して夢に向かって頑張って行きます! 今シーズンも応援よろしくお願いします!

ドリームシーカーレーシングチームMTB

2019年レースカレンダー
3/16-19 US Cup – Bonelli Park XCO + UCI Junior Series XCO (USA)
3/23-19 US Cup-Vail Lake + UCI Junior Series XCO (USA)
4/13-14 Sea Otter Classic (USA)
4/26-28 Whiskey Off-Road(USA)
5/19 MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP (GER)
5/26 MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP (CZE)
6/1 Jelenia Góra Trophy (POL)
6/2 Strabag Czech MTB cup (CZE)
6/16 Strabag Czech MTB cup (CZE)
6/29-7/2 Cryo Space Bike Adventure(POL)
7/20- 21 Japan National Championship (JPN)
7/25-28 Asian MTB Championship(LBN)
8/4 MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP (ITA)
8/11 MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP (SUI)
9/1 UCI MTB WORLD CHAMPIONSHIPS (CAN)
9/8 MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP (USA)
9/23 Coupe du Japon Myoko Suginohara International (JPN)
9/29 Coupe du Japon Misaka International (JPN)
10/6 Tokyo 2020 Test Event (JPN)
12/14-15 A sia MTB Series – Sabah(MAS)