ロードバイクをそのまま船内に持ち込んで伊豆大島に行ける

東海汽船がロードバイクを輪行袋などに収納せず、そのまま船内に持ち込むことができる「自転車楽々きっぷ」を2021年11月24日(水)から2022年1月28日(金)帰着までの期間、東京〜大島間の航路で運航させる。ワイズロードを運営するワイ・インターナショナルが監修した。東京金曜・土曜夜発および客船運休日は適用除外。

これまで、東海汽船の船内にロードバイクを持ち込むには、輪行袋への収納が条件だった(追加料金での持ち込み実績はあり)が、ロードバイク愛好家からは輪行袋に収納することなく乗船したいという要望が多くあった。

そこで東海汽船は、ロードバイクを輪行袋に収納することなく乗船する方法について、スポーツサイクルを販売するワイズロードに監修を依頼。ワイズロードでは、ロードバイクを固定する専用の自転車ラックの素材からサイズ・形状・設置場所・固定方法だけでなく、乗船時の動線などを監修した。

また、これらの監修が利用時に適しているかを確認するため、実際に運航する大型客船での実証実験を2021年5月11日(火)~12日(水)にかけて実施。ワイズロードのスタッフが、竹芝客船ターミナルから乗船し、船内階段の上り下り、ロードバイクの固定方法などを確認した。これらの監修と実証実験を重ねた結果、今回の東京〜大島間の運航が実現した。

利用方法と乗船当日の流れ

①事前準備
予約は、東海汽船お客様センターまで電話。その際、「自転車楽々きっぷ」利用の旨を伝える。予約は出発前日まで可能。(一部除外日あり)

②竹芝桟橋での受付
予約した際に伝えられる「ご予約番号」を、当日竹芝桟橋の窓口に伝える。窓口で料金を支払ったら、乗船券が渡される。乗船表記入台で必要事項を記入。

③乗船まで
自転車専用のタグ往復分2枚が渡されるので、乗船前までに往路分のタグをハンドルにつける。乗船のアナウンスがあったら、乗船口へ自転車と一緒に向かう。

④船内での移動
船内の自転車置き場は「5甲板右舷サイドデッキ」。船内階段を用いて移動。ビンディングシューズを履いている場合は、クリートカバーを装着する。

⑤ラック設置
好みの場所を利用。専用ラックにハンドルを引っ掛けて設置する。

⑥下船の流れ
下船の放送があったら、船内階段を用いて下船口に進む。

自転車楽々きっぷ
コース番号:BRK21
設定日:2021年11月24日(火)~2022年 1月28日(金)帰着まで
区間・等級:東京⇔大島 大型客船 特2等 ※等級変更・ランクアップはできない
料金:おとな1名1万円(税込)、こども1名7000円(税込)
発着時間:東京22:00⇒大島6:00、大島14:30⇒東京19:00
※夜行日帰り限定
予約方法:前日までに電話予約(一部除外日あり)
東海汽船お客様センター TEL:03-5472-9999、0570-005710(9:30~18:00)
●東海汽船のホームページ

伊豆大島に自転車がそのまま持ち込める…無料モニター開催も

伊豆大島に自転車がそのまま持ち込める…無料モニター開催も

輪行袋なしで自転車をそのまま大型客船船内に持ち込める新サービスを東海汽船が2021年秋に開始する。伊豆大島を夜行日帰りで一周するのにちょうどいいこのサイクリスト向けサービスを体験する無料モニターの募集が9月27日午前9時に始まる。

伊豆大島の最北端に近い野田浜

申し込みは3〜5人のグループで。開催日は2021年10月23日(土)。21時に東京の竹芝桟橋に集合。翌24日(日)の20時頃に竹芝桟橋に戻ってきて解散となる。

応募期間は9月27日(月)の9時から~10月10日(日)の24時まで。特二等往復乗船券、朝・昼食が無料で提供される。撮影した画像の提供や撮影された画像の広報活動利用が条件となる。

特2等寝室。カーテンを閉めればプライベートな空間を確保。全席コンセントあり(イメージ図)

●モニター応募サイト

GoToトラベル対象で伊豆大島往復が特2等で7500円

東海汽船が「自転車を持っていく人にオススメ」というGoToトラベル対象の「開運宝島/島島きっぷ」が発売された。大型客船特2等利用で、東京〜伊豆大島の往復でおとな7500円、こども4000円。

クリックすると拡大します

2020年6月25日に就航したばかりの新さるびあ丸を利用。サイクリスト向けの格安キップはこれまで2等椅子席が対象だったが、特2等はコンパーメントタイプのベッドとなり快適。感染対策も取られ、快適な旅をサポートする。

特2等寝室。カーテンを閉めればプライベートな空間を確保。全席コンセントあり(イメージ図)

2020年9月25日~2021年1月30日帰着
・出発前日まで予約OK
・最大4日間有効

●予約・問い合わせ:東海汽船お客様センター
電話03-5472-9999 (当面の間09:30~18:00/毎日)

伊豆大島ちゃりんこツアー…リモートワークもツアー化

伊豆大島の新しい魅力を常に発掘しようと東海汽船が企画・主催するツアー特集として、「伊豆大島ちゃりんこツアーが9月11日(金)・25日(金)に行われる。

東京・竹芝から高速ジェット船で往復する日帰りツアーで、おとな1万1000円、こども7500円。レンタルサイクルで初級者向けのコースを走る。少人数の催行で、オープンエアに加え、感染防止対策も取り入れる。ガイド付き、昼食のお弁当付き。


大島温泉ホテルで7泊8日のリモートワークは5万円

東海汽船の創立130周年記念企画第101弾として「伊豆大島でリモートワーク」が2020年8月17日から12月25日まで企画される。毎日1組限定。Wi-Fi設備も充実した大島温泉ホテルを利用し、朝・夕食がつく。

高速ジェット船で、東京・竹芝から最短105分、熱海からは最短45分。海・山・星空の大自然と新鮮な海の幸を使用した食事、源泉かけ流し絶景温泉などが楽しめる。

複数人で利用の場合は同一部屋で一人につき5万円。
例)1名1室で利用⇒5万円(税込)
  2名1室で利用⇒5万円×2名=10万円(税込)
  3名1室で利用⇒5万円×3名=15万円(税込)

●東海汽船のホームページ

伊豆大島往復4000円…サイクリストにピッタリの切符発売へ

首都圏から気軽に行ける自転車パラダイスとして人気の伊豆大島に、期間限定で大きくディスカウントされた大型客船往復キップが東海汽船から継続販売された。実施期間は2020年1月26日(日)夜発から2020年4月5日(日)帰着のうち除外日を除いた期日。おとな往復2等料金4000円・こども2000円(税込み)。

大型客船は早朝に伊豆大島に着岸。午後2時過ぎの東京行きまで存分に走り回れる

前回の割り引きキップは2020年1月23日(木)帰着分で終了したが、それが継続された。料金も同額。今回も対象外となる日を除いた期間中なら特別料金が適用されるという規定が維持された。また、従来は「サイクルきっぷ」という名称が使用されていたが、今回も東海汽船創立130周年記念として「島島(しましま)きっぷ」という名称に。自転車は輪行袋に入れれば手荷物料金なし。片道1500円で自転車をそのまま持ち込めるサービスもある。

波浮港の家並みを行く

伊豆大島往復の大型客船は毎日出港。東京の竹芝客船ターミナルを、この時期は夏場よりも1時間早い22時に出航し、大島には夏よりも1時間早い翌日午前6時に到着。午後2時30分に帰路の便が大島を出航し、平日午後7時・土日午後7時45分に竹芝に到着。土日は途中で横浜港の大桟橋にも着岸するので、ここで下船することも可能。伊豆大島の滞在時間は8時間ほどで、大島一周46.6kmを走っても、温泉で汗を流し、食事をする余裕がある。

伊豆大島の最北端に近い野田浜

往路は夜行、復路は午後から夜にかけての大型客船となるが、2等リクライニングシート限定となる。夜行となる往路は貸し毛布無料の特典付き。要予約で電話で簡単に申し込める。また宿泊希望者は大島温泉ホテルを1泊2食付き1万円=2名以上の場合=で利用できる。

クルマに自転車を積んで竹芝桟橋に行く場合、これまでは隣接駐車場の料金割り引きがあったが、その提携が終了してしまったので要注意。東海汽船ホームページを参照のこと。

2等リクライニングシート限定だが、土曜日夜発でもごらんのように空いていた