3年ぶりに日産スタジアムを走れる自転車のお祭りが7月2日開催

日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルが2022年7月2日(土)に横浜の日産スタジアムで開催される。

全国各地でサイクルツーリズム事業(=自転車・サイクリングを活用した観光振興事業)を展開する一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパンと日産スタジアムが共同主催。

コースは日産スタジアムのトラックと新横浜公園をつないだ約3.2kmのこの日限りの特設コースで、3年ぶりの開催となる。16回目の開催を迎えるイベントは、カテゴリーを刷新し入れ替え制で「チャレンジ」と「エンジョイ」の部門を用意した。個人・チームでいい記録を目指したい人は「チャレンジ」部門、チームでワイワイ楽しみたい人は「エンジョイ」部門をお勧め。また事前講習会付きの「レースデビュークラス」も設けているので、レース初心者・ビギナーも安心して参加できる。申し込み締め切りは6月15日(水)。

日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルのオススメポイント

Point1:3年ぶりの開催
3年ぶりに開催決定した、16回目の開催を迎えるサイクルパークフェスティバル。ここ数年は開催を見送っていたが、今夏久しぶりに開催。どうぞお楽しみに!

Point2:レースビギナー・ファミリー・仮装も大歓迎!
ママチャリ・ファミリー・レースデビュークラスなど初級者向けのカテゴリーが豊富なのも特徴の一つ。
~中・上級者へ~
このイベントは草レースであり、初心者が多数参加。レース中は怒鳴ったり厳しい態度で接したりするのではなく、優しい声がけ・心遣いで参加を。

Point3:サイクルパークフェスティバルだけの特設コース
2002FIFAワールドカップ・ラグビーワールドカップ2019・東京2020オリンピック男女サッカー競技 の決勝戦となった日産スタジアムのトラックと新横浜公園をつないだ3.2kmの特別なコースを走れるのは1年に1度この日だけ。2022年もたくさんの笑顔に出会える。

日産スタジアム・サイクルパークフェスティバル
開催日:2022年7月2日(土)
申込期間:2022年5月2日(月)~6月15日(水)
会場:日産スタジアム(陸上競技トラック)と新横浜公園園路
種目:サイクルエンデューロ(3時間、90分)
共同主催:日産スタジアム(新横浜公園指定管理者代表団体・(公財)横浜市スポーツ協会) 一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
総合運営:日産スタジアム
●日産スタジアム・サイクルパークフェスティバルのホームページ
事務局:ツール・ド・ニッポン事務局

横浜中華街で食・茶・遊を楽しめる特別チケット販売開始へ

横浜中華街を新しい形で楽しめる回遊促進イベント「横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!」が2022年2月16日(水)から3月13日(日)まで開催される。「横浜中華街で旅気分~特別な体験を楽しんでファンになろう」をコンセプトに食べる・お茶・遊ぶの楽しみが全て体験できる5000円のスペシャルオンラインチケットが1月28日から販売される。

横浜中華街 楽楽 – Fun!Fan!

オンラインチケットで引き換えられる限定メニュー登場

横浜中華街の独自イベントは「横浜中華街で旅気分~特別な体験を楽しんでファンになろう~」をコンセプトに、横浜中華街が新たに提案する横浜中華街「食・茶・遊」3つの楽しみを、電子チケットを使用して気楽に参加できるのが魅力。

公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローが、新型コロナウイルスの影響により減少した横浜市内の観光消費を活性化させるため、横浜観光の魅力の一つである横浜中華街を満喫してもらおうと企画した。

イベントを楽しんで(Fun)、ファン(Fan)になってほしいという想いを込めて、「横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!(ファンファン)」と命名した。エリア内に500軒を超える店舗がある横浜中華街で、今まで知らなかったお店や、新たな楽しみ方を発掘するきっかけとなるイベントを目指すという。

横浜中華街 楽楽-Fun!Fan!の楽しみ方は

横浜中華街で「食・茶・遊」の3つの楽しみを体験できる回遊チケット(税込み5000円)をオンラインで購入する。チケットは①「食」チケット×1枚、②「茶」チケット×1枚、③「遊」チケット×1枚の合計3枚構成で、各チケットは参加店舗でこのイベントでしか味わえない、体験できない「限定メニュー」 が楽しめる。

【イベント参加方法】
チケット購入サイトで電子チケットを購入。 対象店舗内の3つの楽しみを満喫できる。

イベント参加方法

「食」チケット

食事や飲茶を楽しめるチケット。世界最大級の規模を誇る横浜中華街には四大中華と呼ばれる上海料理・ 広東料理・北京料理・四川料理の4種類すべてのお店が集まっている、日本でも珍しいエリア。各店舗自慢の料理を少しずつ味わえるスペシャルワンプレートなどを提供。

<清香園>

清香園のFun!Fan!だけのオーナーシェフオリジナルコース

【提供メニュー】Fun!Fan!だけのオーナーシェフオリジナルコース。
清香園の人気メニュー8種・11品を集めた、ランチでもよし!飲茶でもよし!ディナーでもよし!の盛りだくさんの特別メニュー。
【店舗情報】あっさりとしたうまみが特徴の「福建料理」と、食は広州にありと言われ料理が発展した「広東料理」を中心に、シェフ自ら産地や鮮度にこだわったメニューを多数提供。

<一楽>

一楽の杏仁豆腐付き!贅沢ふかひれセット

【提供メニュー】杏仁豆腐付き!贅沢ふかひれセットまたは名物と人気料理のよくばりセット
ふかひれセットは、あんかけ炒飯・煮込麺から選べる。写真はふかひれセット(あんかけ炒飯)
【店舗情報】「カジュアルに美味しく楽しく」をモットーに、広東料理と四川料理を中心に幅広く用意。

「茶」チケット

中国茶やカフェなどのドリンク、スイーツや軽食などのメニューを楽しめるチケット。今話題の台湾風唐揚げ「ダージーパイ」が付いたオリジナルセットや、専用の茶器で味わう中国茶・台湾茶とお土産茶葉付きのメニューなどがある。

<萬來行カフェ>

萬來行カフェの好きな飲物 1 杯+好きなデザート+お楽しみ土産

【提供メニュー】お好きなお飲物1杯+お好きなデザート+お楽しみ土産
飲み物・デザートが選べるとってもお得なセッ。お楽しみ土産は中華雑貨や中国茶など、日替わりで楽しめる内容。
【店舗情報】一人でもゆっくりと利用できる。カウンター席に電源コンセントがあるのでマートフォンなどの充電も可能。ソファー席もある。

<悟空茶荘>

悟空茶荘の暴暴茶と敦煌パフェのセット

【提供メニュー】悟空 暴暴茶と敦煌パフェのセット
暴飲暴食の不快感を解消してくれるお茶と、あずき・仙草ゼリー・ タピオカが入ったお店の定番スイーツのセット。
【店舗情報】横浜中華街で誕生して40年。新しい種類のお茶や旬の茶葉を約100種類、取り揃えている。

「遊」チケット

占いなど中華文化の体験ができるお店のサービスを楽しめたり、中華街でしか買えない薬膳などの食材販売店やお土産店で使えたりするチケット。例えば、中国の伝統郷土芸能の1つで文字を複数の絵で表現する 「花文字」を、絵に込められた意味を聞きながら目の前で描いてもらえるサービスなどを体験できる。

<開運ストア龍 大通り本店>

開運ストア龍 大通り本店、目の前で描く!開運花文字(2 文字以内・額別)

【提供メニュー】目の前で描く!開運花文字(2文字以内・額別)
鮮やかな花文字は千年以上昔、中国で育まれた。絵柄や色彩には風水に基づいた、開運のメッセージが込められている。
【店舗情報】パワーストーンや開運グッズをはじめ、銅製品や中華雑貨などを取り扱い、常に時代のトレンドを把握し、来店者の需要や要望に応える。

<横濱媽祖廟>

横濱媽祖廟のお参りセット(お線香・絵馬)+お守り

【提供メニュー】お参りセット(お線香・絵馬)+お守り
お守りは7種類から選べる。
【施設情報】媽祖(まそ)様は、航海・漁業の守護神として、海の安全を守る神様。媽祖様以外にも、子宝の神様、安産の神様、縁結びの神様、学問の神様が祀られていて、横濱媽祖廟に来るとさまざまなご利益があると云われている。

横浜中華街 楽楽-Fun!Fan!
主催 :公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー
共催 :横浜中華街発展会協同組合
開催期間 :2022年2月16日(水)~3月13日(日)
開催場所 :横浜中華街
開催時間 :11:00~21:00
料金 :回遊チケット 1 セット 5000円(税込)
イベント特設サイト:https://www.welcome.city.yokohama.jp/funfan
チケット購入 :イベント特設サイトからオンライン購入
チケット販売期間 :2022年1月28日(金)~3月13日(日)

横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!は、新型コロナウイルス感染症対策を十分に取りながら開催し、国内での新型コロナウイルス感染症拡大の状況や、国、神奈川県の対応方針を踏まえ、予告なく内容の変更または中止する場合も。その際は横浜観光公式サイト「横浜観光情報」内のイベント特設ページなどで通知。

●横浜中華街 楽楽 -Fun!Fan!のホームページ

横浜で中学生がSDGs…自らの将来を意識しながら学びを深める

横浜でSDGsに取り組む企業・施設を小中高校生が訪問して学ぶ「横浜SDGs探究学習ガイド」に、2021年12月11日(土)、横浜市立南高附属中の中学生22人が参加した。SDGsについて理解を深めるだけでなく、自分の意見を整理したり、新しい発見ができるプログラムは、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューローにより全国の修学旅行生にも機会が提供されている。

現場で見たことをふまえて将来に向けたそれぞれの宣言を考えてみる

横浜・八景島シーパラダイスを訪れた中学生たちは1年生から3年生までさまざま。4〜5人編成のグループ5組が作られ、この日を迎えるまでに2日間の事前学習を行っている。生徒たちは授業時間外にも自宅などで訪問先のことなど調べごとを進め、SDGsについて自らの意見を出し、グループで環境問題への解決策を話し合ってきた。

発表の場であるこの日はプロジェクターを使っての本格的なプレゼンテーションから始まった。まずは現状の課題を提起し、その解決に向けたプロジェクトを提案。環境・経済・社会においてその提案がどれだけ貢献するかを推測。さらに実現可能かを客観的に分析していく。

生徒たちが環境問題の解決に向けてのプレゼンテーション

SDGsを学ぶなら横浜へ!

「横浜SDGs探究学習ガイド」は旅行会社・教育機関向けに企画された、探究型学習のサポートプログラムだ。一方的に企業の取り組みの話を聞き、体験する従来型とは異なり、生徒の自発的な学習を促しながら、実際に社会で行われているSDGsの取り組みを学ぶことで、自らの将来を意識しながら学びを深める機会を提供する授業である。

横浜市ではSDGsに取り組むさまざまな企業が、この日のような探求学習の機会提供に協力している。今回は地元中学生徒が体験したが、全国から首都圏を修学旅行で訪れる際の校外活動プログラムとしての活用も想定されているという。

八景島シーパラダイスの飼育員が環境問題の解決に向けた取り組みを紹介する

グループでの発表後は、横浜・八景島シーパラダイスの飼育員とともに実際の現場でどんな取り組みが行われているかを見学。海藻のアマモが、海水の中に酸素を供給する役割を担うなどの説明を受けた。普段なら飼育員に直接質問できる機会はないが、疑問に思ったことなどをその場で聞くこともできた。こうして現場の声を聞き、気づいたことがたくさんあった。見学後には新たな発見をワークシートに書き込んで整理し、グループ内でさらに話し合う時間が持たれた。

飼育員が現場を案内。生徒たちは気楽に直接質問できる雰囲気だ

VRゲームを作って、魚の目になって泳ぐことで海の中のプラ問題を真剣に考えようと提案したグループが発表した「自分事としてとらえる」という言葉には、八景島の飼育員も「キーワードとしてとてもいいなと思った」と講評を送った。

「企業への提案として考えたことは出せたので、この日の経験をふまえてどんな行動をしたらいいかを継続的に考えていきたいです」とVRゲーム提案グループの中学3年生女子。

プログラムに参加した横浜市の中学生たち

ペーパーレスのチケットシステムを提案したグループの中学3年生女子は、「コストが現実的ではないと思っていましたが、企業は初期コストが多大でも導入するメリットは大きいと話してくれました。この言葉を持ち帰って自分たちがさらにやるべき課題を考えていきたいです」と感想を語った。

「SDGs取り組みのとっかかりは学校でも取り入れているので、自主的に調べたりして生徒なりのイメージは持ってこの日に臨みました。でも実際の企業は生徒たちの上を行くレベルで取り組んでいます。そういった現場を見て知ることで、自分たちにできることはなんだろうと先に進む。その経験はこれからさまざまなところで生かせると思います」と引率の中学生教諭。

生きている牡蠣を手でさわってみる

この日は午前中の3時間ほど中身の濃い時間を過ごし、生徒それぞれが描いていた考えを実現するためになにが必要なのかを学ぶことができた。さらにもう1日、グループで集まって再検討し、望む姿を実現するために自分がどんなアクションをすべきかを決意。その宣言は、将来自分の目指す道ともリンクするはずだ。

日本記録奪還! 桐生祥秀が25歳として迎える2021年の決意

日本を代表する陸上短距離選手の桐生祥秀(日本生命)が12月11日、自らがアンバサダーに就任した「Go Find YOKOHAMA ラン&ウォークキャンペーン〜横浜新発見〜」のトーク&デモンストレーションに登場。横浜での思い出や、コロナ禍にもかかわらず日本陸上選手権100mで6年ぶり2度目の優勝を果たすなど着実な実績を残したシーズンを振りかえるとともに、25歳として迎える2021年への決意を語った。

Go Find YOKOHAMAナビゲーターの宇佐美菜穂とともにポーズを取るGo Find YOKOHAMAアンバサダーの桐生

桐生がアンバサダーとなったのは、観光MICE復興支援事業である「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」の一環として、新たな横浜の魅力を発見・体験してもらうために、12月1日から始まった「Go Find YOKOHAMA ラン&ウォークキャンペーン」。

GPS機能を搭載したスマートフォンアプリ「DISTRICT(ディストリクト)」を活用し、制限時間内に横浜市内の観光名所や地域おすすめスポットに設置されたアプリ上のチェックポイントを走ったり、歩いたりしながら巡るものだ。チェックポイントごとで指定される「チャレンジ(課題)」をクリアすることでポイントを獲得。新たな横浜の魅力を発見しながら、獲得したポイントにより横浜ゆかりの賞品が抽選で当たるだけでなく、お得な情報が入手できる。三密を回避しながらゲーム感覚で楽しめるキャンペーンだ。

Go Find YOKOHAMAアンバサダーの桐生

「2020年は6年ぶりに日本陸上選手権で優勝することができましたが、勝てなかった時もボクの存在をずっと覚えてくれていたことが一番うれしいです」とトークショーで桐生。

市内にある日産スタジアムで競技大会がある時は、赤レンガ倉庫を見にいったり、ベイエリアにあるホテルに宿泊したりしていたという桐生だが、「おいしいものが大好きなんですが、じつは中華街はまだ行ったことがないんです」と告白。
「横浜のベイエリアには坂道がいっぱいあるようなので、坂道ダッシュの練習をしてから中華街に行ってご飯を食べたいです」と語った。

Go Find YOKOHAMAアンバサダーの桐生(右から3人目)。その右がGo Find YOKOHAMAナビゲーターで、タレント・女優の宇佐美菜穂

短距離選手だけに、市民ランナーのように距離や時間を尺度とした練習ではなく、1m単位での緻密なトレーニングを積んできたという桐生。それでもアプリを起動して60分以内にどれだけ観光スポットを巡ることができるかという新感覚のキャンペーンに興味津々。

「60分間走り続けたことはこれまでの人生でしたことがないです。アプリを起動してスタートしたらランをやって歩いて、再びランをしてという状態になっちゃうけど、それもいいというキャンペーンですよね」と笑顔。

「クルマでは見過ごしてしまうようなところもランやウォークだと町の魅力を見つけられるので楽しみです。のんびりラン&ウォークすれば魅力的なカフェを見つけたりできて、疲れたのでここで休もうかなとか。コーヒーを飲みながらのんびりするのが好きなんです」

トークショーの最後には、12月15日に25歳の誕生日を迎える桐生にサプライズのバースデーケーキが登場。

12月15日に25歳の誕生日を迎える桐生にサプライズのバースデーケーキが登場

「2021年シーズンは新型コロナウイルスが収束することを願いつつ、東京オリンピックで最高のパフォーマンスを発揮すること、そして日本記録の奪還を目指したいです。100メートルだけでなくリレー代表選手にも選ばれて、記録とメダルの色にこだわりたい。次世代の子供たちや応援してくれる人たちが少しでも元気になってもらえるような結果を残したいです」と桐生が決意を語ってくれた。

横浜を走って知って得をするラン&ウォークキャンペーン

●Go Find YOKOHAMA ラン&ウォークキャンペーンのホームページ

横浜駅直結のジョイナスで心あたたまる冬グルメ満喫

横浜駅西口の地下街にあるジョイナスのグルメエリア、「JOINUS DINING」と呼ばれるレストラン店舗街で冬の定番の鍋料理などの期間限定メニューで一息ついてみた。さらに、心もなごむホットスイーツで寒くなるこの時期に対抗。今回はおすすめグルメをご紹介。

いらか「冬野菜と雲子の小鍋」

まずはJOINUS DINING地下2階の日本料理店「いらか」へ。漢字で書くと「甍」で、右下がりの書体が染め抜かれたのれんがユニーク。お客さんの中には「表裏が逆なんじゃないの?」と指摘するようだが、この掲げ方で正しいようだ。東京・銀座にある会席料理の名店で、落ち着いた店内は法事、得意先との打ち合わせ、接待などに重用される。個室も用意されている。

頼んでみたのは「冬野菜と雲子の小鍋」。2200円(税込み)の単品だ。“雲子”とは真鱈の白子のこと。お鍋なので固形燃料に着火してからあたたまり始めるのだが、白子はすでに加熱処理されているので、すぐにいただけるとのこと。

いらか。漢字で書くと甍

素材の味が生かされた白菜などに火が通るのは固形燃料2個分が必要だというが、1個目が燃え尽きたあたりで白子に箸を伸ばした。なんとも言えないまろやかな味が口の中に広がる。ポン酢の小鉢で少し冷めるのを待たないと、口の中で熱さを感じてしまうほどカラダの芯から温まる。

旬の素材をぎゅっと詰め込んだ小鍋は日本酒との相性抜群(仕事なので飲んでいません)。白子そのものはカロリー量の少ないたんぱく質。カルシウムの吸収を促すビタミンDも多い。筋トレ30分後のスポーツマンにとてもいいと感じた。同時にプリン体が多いので、食べ過ぎは禁物。この日の一品料理程度がちょうどいい。

いらかの冬野菜と雲子の小鍋 2200円(税込み)

年末にかけて飲食店フロアはごった返すが、落ち着いた大人の日本料理店なので、喧噪から離れてのんびりしたい人におすすめ。日本酒だけでなくワインなどの各種アルコールもたくさん用意されている。

サモアール「ホットショコラナッツミルクティ」

サモアールのホットショコラナッツミルクティ 825円(税込み)

「いらか」を出てすぐにある喫茶スペース、「サモアール」へ。香ばしいナッツと紅茶をお鍋で煮出して作ったミルクティーにチョコレートをプラスした「ホットショコラナッツミルクティ」825円(税込み)で一息。

サモアール

甘さ控えめで、のんびりできる味わいだが、お好みに応じてテーブルに出されたシュガーを追加して甘みを引き上げることもできる。カフェは席待ちができるほどの人気だが、案内された席はどこもくつろぐことができ、おいしくいただきました。

ビッグレインボーケーキもサモアールの人気メニュー 880円(税込み)

12月25日まで「ほかほか湯気グルメ」フェア

ジョイナスは「ほかほか湯気グルメ」と題した冬グルメフェアを2019年11月5日(火)から12月25日(水)まで開催。各店舗のおすすめが味わえるのでぜひ出かけてみたい。

そばと天ぷら 石楽のとろ湯葉ときのこのあんかけそば 1180円(税込み)
そばと天ぷら 石楽

ジョイナスは、ファッションからレストラン、雑貨、スーパーマーケットなど多くのカテゴリーを扱う横浜駅西口直結の施設としてかねてから知られていた。2015年12月には「ジョイナス」 と「ザ・ダイヤモンド」が統合され、新生「ジョイナス」としてリニューアルオープン。2018年3月には旧クーインズ伊勢丹横浜店を全面リニューアルして、「FOOD&TIME ISETAN YOKOHAMA(フード&タイム伊勢丹ヨコハマ)」がオープンした。

カフェソラーレ ツムギの焼きもち栗ぜんざい 858円(税込み)
日比谷松本楼のカキとほうれん草のグラタン 1300円(税込み)
ちゅら屋の沖縄おでん 990円(税込み)

●問い合わせ先 JOINUSインフォメーション 045-316-3200
●JOINUSのホームページ