道端カレンも愛用のマヴィックホイールとシューズを体感しよう

マヴィックジャパンワイズロード府中多摩川店で3月1日(日)から31日(火)までの1カ月間、MAVICの最新ホイールの試乗とフットウェアをフィッティングできる「MAVIC JACK」を開催する。MAVIC、ワイズロードでの初の試みとなりワイズロード府中多摩川店に「MAVIC JACK 特設 POPUP コーナー」を設置して実施する。

最新ホイールの試乗とフットウェアをフィッティングできる「MAVIC JACK」

MAVICの数ある最新ホイールのラインナップから、自分の乗り方にあった適切なMAVICホイールとはなにか。MAVICとワイズロード府中多摩川店のスタッフアドバイスのもとで試し、MAVICのホイールとフットウェアの持つ魅力を体感できるという1カ月間限定の特別な試乗会イベント。

道端カレンのトークショーも開催

モデル・タレントの道端カレン

開催スタートとなる3月1日(日)は午前11時から「MAVIC JACK OPENNG DAY」と題したイベントを行う。MAVIC愛好者であり、トライアスロンでも大活躍中のモデル・タレント、道端カレンを招いてのトークショーも開催。なぜMAVICを選ぶのか? 実際の使用感など、MAVICの魅力を語ってもらう。

トークショー後には、MAVIC USTタイヤ交換体験会を開催し、USTのタイヤ交換を通じて、USTの持つメンテナンス便利さから見るUSTの魅力にも触れてもらう。

土日祝日が晴天の際は、店舗屋外にMAVICテントとマヴィックカーが配置される。

毎週土曜、日曜には、「週末特別コンテンツ」も用意。MAVICメカニックやゲストを招いた座学も行う。MAVICの魅力を存分に堪能できる特別な1カ月間「MAVIC JACK」となっている。

●ワイズロード府中多摩川店・福田店長のコメント
ワイズロード府中多摩川店は、「多摩川サイクリングロード」までわずか30秒と、バイクライフには最適な好立地に恵まれております。都会の忙しさから解放され、サイクリングの途中にゆっくりとお立ち寄りできるお店です。いつも多摩サイクリングロードをご活用しているみなさま、この機会にMAVICの魅力と実走感を体験しにワイズロード府中多摩川店にお立ち寄りください!

フットウェアをフィッティング

●MAVIC JACK ワイズロード府中多摩川店概要とイベント
MAVIC JACK ワイズロード府中多摩川店
開催場所:ワイズロード府中多摩川店
開催日:2020年3月1日(日)~3月31日(火)毎日開催
定休日なし
試乗時間:平日 12:00~16:00(最終受付 15:00) 土日祝 11:00~16:00(最終受付 15:00)

MAVIC最新ホイールのラインナップ

週末イベント
毎週土曜日はテックセミナー、毎週日曜日はたっぷりライド(要予約)とテックセミナーを開催予定。 ※「たっぷりライド」とは、存分にMAVICのホイールを堪能するため自身のバイクにセッティングし、1時間30分独占して試乗できる。
申し込み方法:ワイズロード府中多摩川店へ電話で
TEL:042-352-3308 (毎週日曜開催たっぷりライドの参加申し込み)
来店希望日、希望試乗ホイール(DISC or Rim)、車種、名前、連絡先を通知
●ワイズロード府中多摩川店のホームページ

●週末特別イベント
3月1日(日)11:00 – 12:30 MAVIC JACK OPENING DAY
MAVIC JACK 開催の挨拶、道端カレンさんトークショー、MAVIC UST タイヤ交換体験会、13:00~試乗会開始

3月7日(土)
・13:00~14:00
・15:00~16:00
MAVIC UST とは。UST のメリットとデモンストレーション

MAVICの最新ホイール

3月8日(日)
MAVICメンテナンス講習
・12:30~14:00 たっぷりライド 1.5 時間
・15:00~16:00 MAVIC テックセミナー DISC バイクのメリット

3月14日(土)
・13:00~14:00 MAVIC UST とは。UST のメリットとデモンストレーション
・15:00~16:00 MAVIC アンバサダー LAPULEM トライアスロンコーチ太田麻衣子さんトークショー。初めてのトライアスロン Q&A バイクでの装備と持込用具 ※トライアスロン関連の「来店特典」を用意

太田麻衣子

3月15日(日)
・12:30~14:00 たっぷりライド 1.5 時間
・15:00~16:00 MAVIC メンテナンス講習

3月20日(金・祝日)
・13:00~14:00 MAVIC UST とは。UST のメリットとデモンストレーション
・15:00~16:00 MAVIC テックセミナー DISC バイクのメリット

3月21日(土)
・13:00~14:00 MAVIC テックセミナー ハイトの違いの使い分け
・15:00~16:00 MAVIC テックセミナー ホイールの違い「カーボン編」SL と Non-SL の違い

3月22日(日)
・12:30~14:00 たっぷりライド 1.5 時間
・15:00~16:00 MAVIC UST とは。UST のメリットとデモンストレーション

3月28日(土)
・13:00~14:00 MAVIC テックセミナー ホイールの違い「アルミ編」 Ksyrium Pro と Ksyrium Elite
・15:00~16:00 MAVIC テックセミナー ホイールの違い「カーボン編」SL と Non-SL の違い

3月29日(日)
・12:30~14:00 たっぷりライド 1.5 時間
・15:00~16:00 MAVIC メンテナンス講習

Cosmic Elite SL

※土日のイベントは内容が変更になる場合も。ワイズロード府中多摩川店へ問い合わせのこと。ワイズロード府中多摩川店 TEL:042-352-3308

※イベントの内容はワイズロード府中多摩川店ホームページ内「MAVIC JACK 特別ページ」にアップデート
●MAVIC JACK特別ページ

道端カレンが⼋代⽬の⾃転⾞名⼈…ママアスリートで活躍

モデルの道端カレンさんが「⾃転⾞名⼈」の⼋代⽬に選ばれた。⾃転⾞の健全な活⽤推進に貢献したサイクリストを表彰する称号で、特定⾮営利活動法⼈⾃転⾞活⽤推進研究会が選出している。

ツール・ド・東北の広報大使でもあるモデルの道端カレン

⾃転⾞名⼈は2005年から2年ごとに1⼈が選ばれていて、これまで初代の忌野清志郎さん(故⼈)を⽪切りに、俳優の鶴⾒⾠吾さん、経済評論家の勝間和代さん、F1レーサーから⾃転⾞競技に転じた⽚⼭右京さん、⾃転⾞議連の会⻑として⾃転⾞活⽤推進法案の⽅向を決めた⾕垣禎⼀元財務⼤⾂、漫画「弱⾍ペダル」の渡辺航さん、⼩径⾞と銀塩カメラで喫茶店巡りが趣味という俳優でタレントの⽯井正則さんの7⼈が選ばれている。

多様で個性的な⾃転⾞ライフをルールを守りつつ楽しむことについて、折にふれ⾔及してくれる著名人が選ばれる。⾃転⾞名⼈にはその称号だけが与えられ、賞⾦賞品などはいっさい⽤意されていない。また、⾃転⾞名⼈は⽣涯を通じて名⼈としての矜恃を保つことが求められる。

ツール・ド・東北を走る道端カレンさん

2019⾃転⾞名⼈は、⾃転⾞活⽤推進研究会の理事20名が厳正な選考を⾏った結果、2⼈ の男の⼦のママでもあり、モデルでトライアスリートでもある道端カレンさんに⼋代⽬⾃転⾞名⼈就任を依頼。

選考理由は「⾃転⾞が美と健康の両⽅に貢献することを体現した存在であり、⾃転⾞を愛する⼦どもたちを育てた⺟であり、強くしなやかなトライアスリートとして、世のお⺟さんたちの共感を呼び、ツール・ド・東北をはじめ多くイベントで参加者を勇気づけてくれた」としている。

就任式は2019年11⽉4⽇(⽉・休⽇)13時45分からサイクルモード・インターナショナル(幕張メッセ:海浜幕張駅下⾞徒歩5分)のステージで⾏われる。

●特定⾮営利活動法⼈⾃転⾞活⽤推進研究会のホームページ

復興支援サイクリングのツール・ド・東北が参加者募集中

震災の記憶を未来に残していくことを目的としたサイクリング大会の「ツール・ド・東北」が2018年9月15日(土)・16日(日)に開催される。主催は河北新報社とヤフー。募集は2日間で4000人。5月26日から一般参加のエントリーが始まった。

「ツール・ド・東北」は多くの芸能人やアスリートらが応援する

参加者には英国ファッションブランド「ポール・スミス」デザインによる応“縁”バンダナが無償提供される。デザイナーであるポール・スミス氏は「ライダー全員に身につけて走ってもらうだけでなく、ボランティアにもプレゼント。走る人と応援する人がバンダナで結ばれる」とエールを送る。

自転車への熱き愛情を持つポール・スミス氏

ツール・ド・東北の広報大使でもあるモデルの道端カレン

ツール・ド・東北の広報大使でもあるモデルの道端カレンは「土曜日は仙台から船を使った新コースが加わりました。私は毎日新しいコースに挑戦しているので、1日目はこれに参加しようかな。2日目は三陸を走る65kmのコースを走ろうなんて勝手に計画しています」とコメント。

パラトライアスリートで東北応援大使の谷(旧姓佐藤)真海は「昨年も今年もパラトライアスロンの世界選手権日程と重なってしまい、参加できないのが残念。でも私は第1回から関わっていて、6回目を迎えられてうれしく思っています。この大会は地元の人の励みになりますね」と参加者にエールを送った。

お笑い芸人のロバートらも現地で応援する

●ツール・ド・東北の公式サイト

ツール・ド・東北はさまざまなコースが設定されている

●関連ニュース

2018ツール・ド・フランスがパッサージュ・デュ・ゴワを通過できなくなった意外な理由

●最新ニュースへ