押し歩きでも電動アシストパワーが駆動する国内初モデル

パナソニック サイクルテックは国内で初めて、押し歩き機能搭載の電動アシスト自転車「ビビ・L・押し歩き」を2021年7月6日より発売する。 

ビビ・L・押し歩き

サドルを倒しで乗れない状態にすることで押し歩きパワーが駆動

電動アシスト自転車の市場は年々拡大し、普段の買い物や子供の送り迎えなど、さまざまな用途で使用されている。また近年は、高齢者の運転免許自主返納後の移動手段としても選ばれている。

一般的に電動アシスト自転車はモーターのアシストにより快適に移動ができる反面、その量さにより、自転車の押し歩き時に負荷がかかるという課題があった。その中で2019年12月1日に改正道路交通法が施行され、原動機の駆動により押し歩きを補助する自転車についても、歩行補助車等となり、歩行者としてみなされることに。

乗車装置のサドルが前傾して乗れなくなる。これをセンサーで感知して押し歩き時のアシストパワーが稼動する

改正道路交通法では押し歩き時の駆動速度が時速6km以下であること、乗車装置(サドル)が使えず乗れないこと、自転車から離れると駆動が止まることという3つの条件が定められた。

この条件をパナソニック サイクルテックでは4つのセンサー(サドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサー)による制御で解決した。

レバー操作でサドルの傾きを自由に変更できる

押し歩き機能は歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで押し歩きを補助

機能はサドル傾斜時に、[押歩き]ボタンを押している間作動する。押し歩き機能はサドル傾斜センサー、モーター内蔵センサー、トルクセンサー、スピードセンサーの4つのセンサーで制御。スピードセンサーとモーター内蔵センサーはモーター制御で、押し歩く速さが変わった際、歩行速度に合わせたアシストを可能とする。

押し歩きボタンがある

また、上り坂や荷物を運ぶ際は、モーター内蔵センサーで負荷を検知し、アシスト力を調整。ペダルの負荷を検知するトルクセンサーや、サドルが傾斜状態であることを検知するサドル傾斜センサーにより、乗車時は押し歩き機能が作動しない設計となっている。

電動アシスト自転車の押し歩きを補助する機能を、買い物に便利なショッピングシリーズ「ビビ」の中で、 高齢者の使用率が高い軽量モデル「ビビ・L」に搭載した。この機能により歩道橋や駐輪場のスロープ、坂道などで押し歩き時の補助が可能になる。押して歩く際にかかる負荷を軽減することで、電動アシスト自転車の利便性が向上した。 

●パナソニック サイクルテックのホームページ

都心の暮らしにフィットする電動アシスト自転車、エナシスコンパクト

快適な自転車ライフを提供する自転車専門店のあさひは、あさひオリジナル電動アシスト自転車ブランド「ENERSYS(エナシス)」より、コンパクトな設計が便利な「ENERSYS compact(エナシスコンパクト)」を2021年1月中旬より販売開始する。

都心での交通のあり方は新しい生活様式の普及のほか、政府による二酸化炭素削減への取り組みが進むことなどにより大きく変化していくことが見込まれる。このような中、健康維持や環境負荷軽減に有効な自転車を暮らしに取り入れる人が増えていて、特に電動アシスト自転車は幅広い世代の人々から人気が高まっている。

コンパクトな車体はマンションの玄関・室内での保管にも適している
コンパクトでありながら、背の高い方も窮屈でないよう設計されたフレーム

販売開始するエナシスコンパクトは、都心の暮らしでの使いやすさを考えた小型サイズの電動アシスト自転車。従来も都心部ではタイヤや車体の小さい、コンパクトな自転車が人気だが、「長い距離を走ると疲れる」「坂道がつらい」「荷物が運べない」といった問題があった。エナシスコンパクトは小さな車体やタイヤによる小回りのよさを活かしながら、あさひオリジナルの電動アシストユニット「PLUS-D」でパワフルなアシスト機能を備え、快適な長距離・坂道走行を可能にしている。また、大きな前バスケットと専用オプションキャリアを用意することで、荷物を運ぶ際にも頼れる1台となっている。

荷物がしっかり入る大きなバスケットを標準装備
スイッチパネルにはUSBポートが設けてあり、ライトや携帯電話などへの充電が可能
オプションで専用リアキャリアを取り付けることができる
キャリアにお好みの後用バスケットを取り付けることで、より多くの荷物を運ぶことができる

ENERSYS compact(エナシスコンパクト) 
販売日:2021年1月中旬
販売価格:9万9980円(税込み)
カラー  : マットマスタード/マットカーキ/マットブラック
フレーム:アルミ製
サイズ/適応身長:20型/145cm~
変速:内装3段変速
重量:22.8kg
充電時間:5~6時間
バッテリー:リチウムイオンバッテリー 36v×10.3Ah (25.2V換算 14.7Ah相当)
走行距離:エコモード約80km/標準モード約60km/パワーモード約50km
購入方法:全国のサイクルベースあさひおよびサイクルベースあさひ公式オンラインショップ
     ※一部店舗では取り寄せ

●詳細ホームページ

ドン・キホーテの電動アシスト自転車EVA PLUSは5万9800円

ドン・キホーテは2020年11月20日(金)より、ドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格」の新商品として、電動アシスト自転車 EVA PLUS(エヴァプラス)を全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で順次発売を開始する。5万9800円(税別)。

近年、ますます電動アシスト自転車の需要は高まっている。電動アシスト自転車は通勤・通学や買い物、適度な運動による健康維持などさまざまなシーンで活躍するほか、運転免許証を返納した人の自動車に代わる交通手段としても注目されている。

「電動アシスト自転車 EVA PLUS」は、電動アシスト自転車の購入を初めて検討している人が、買い求めやすい価格を実現しながら、バッテリー容量は充実の8.5Ahを搭載し、1回の充電で最大約32kmの走行が可能。

製品のリアキャリアは自転車用チャイルドシートの取り付けに対応しているため、子育て世代など、幅広い世代が利用できる。デザインは乗降しやすくスタイリッシュなV型フレームを採用していて、街乗りにおいても活躍する。

EVA PLUS(マットカーキ)

■商品の特徴
・バッテリー容量は充実の8.5Ah
・走り出しが軽くなる外装6段変速
・お尻に優しい肉厚テリーサドル
・すべりにくいノンスリップペダル

EVA PLUS(マットブラック)

電動アシスト自転車「EVA PLUS」(BE8.5-FV-B266ALR-B)
フレームサイズ:26インチ (約380mm)
全長:約1,895mm
全幅:約580mm
適正身長:約145cm以上
カラー:ホワイト / マットカーキ / マットブラック
フレーム:スチール
重量:約28.2kg(バッテリー重量約1.7kg)
変速:外装6段
バッテリー:リチウムイオンバッテリー(8.5Ah / 24V)
充電器:電源:AC100V-240V / 充電時間:約4.5時間
価格:59,800円(税抜)
発売日:2020年11月20日(金)より順次発売開始

EVA PLUS(ホワイト)

●ドン・キホーテのホームページ

自転車専門学生が考える「女性向け電動アシスト自転車」

電動アシスト自転車を働く女性が活用するには? 自転車の専門学校と電動アシストユニットを製造する企業の産学協同プロジェクトが発表された。毎年サイクルモードインターナショナルで発表してきた「Working Bike Project」だが、コロナの影響で発表の場が失われてしまったが、形態を変えてメディアお披露目会を開催する。

コロナの影響で発表の場を変えてメディアお披露目会を開催

太陽誘電×東京サイクルデザイン専門学校

日本初の自転車の専門学校「東京サイクルデザイン専門学校(東京都渋谷区)」自転車クリエーションコースの3年生が毎年取り組む「Working Bike Project~学生が提案する働く自転車~」。 2020年は、太陽誘電が開発する人と環境にやさしい電動アシストユニットを使用し”女性に向けた電動アシスト自転車”を製作し完成品を紹介している。

東京サイクルデザイン専門学校

コロナ禍では自転車の宅配に注文が殺到したり、人との接触を避けられると自転車通勤者が増加傾向になり、改めて自転車の注目が高まっている。withコロナの生活を体感した学生ならではの視点で自転車の新たな可能性が提案されている。

感染予防対策のため1回3社限定の完全予約制で作品お披露目会を開催する。 

「Working Bike Project2020~女性に向けた電動アシスト自転車の提案~」
開催日:11月27日(金)
1回目:11時~12時30分
2回目:13時30分~15時
3回目:15時30分~17時
会場:東京サイクルデザイン専門学校 東京都渋谷区渋谷1-20-5
※1社最大4名までの参加
予約連絡先:学校法人 水野学園 広報部 03-3499-0300

学校法人水野学園 東京サイクルデザイン専門学校 Tokyo College of Cycle Design
日本初の自転車を総合的に学ぶ認可専門学校として開校
開設:2012年
学校長:酒匂博
住所:東京都渋谷区渋谷1-20-5
設置コース
スポーツ工学デザイン科
自転車プロダクトコース(2年制)
自転車クリエーションコース(3年制)
●東京サイクルデザイン専門学校のホームページ

ガニまたにならない子ども乗せ電動アシスト…エナシスベビー

進む、曲がる、止まる、押し歩く。どんなシーンでも使いやすい電動アシスト自転車を、自転車専門店のあさひとチャイルドシートの専門メーカーであるオージーケー技研が共同開発した。

子供乗せ電動アシスト自転車「ENERSYS baby」(エナシスベビー)と「ENERSYS baby LIMITED」(エナシスベビーリミテッド)の販売を2月下旬より全国のサイクルベースあさひ、あさひ公式オンラインショップで開始。一部店舗では取り寄せ。

子どもを乗せて運転する時の安定感と快適さを考えてフレーム設計。膝周りを広くしたことで、チャイルドシートに膝が当たらず、ガニ股になりにくくなっている

あさひオリジナル自転車で初、子ども乗せ用の電動アシスト自転車

自転車専門店であるサイクルベースあさひと日本製チャイルドシートのトップメーカーであるオージーケー技研が、子どもを乗せた時の安定感や安全を第一に考えて共同開発した。新型電動アシストユニット「PLUS-D」によるパワフルかつ自然な乗り心地や、チャイルドシートに膝が当たりにくいフレーム設計、後輪リング錠に施した安全機能により、子連れのおでかけにおけるあらゆるシーンで使い勝手のよさを実現。

パパにもママにも選べるシックな2種類のカラー展開で、子育て世帯をサポートする一台となった。

前にチャイルドシートを付けてお子様を乗せた場合に、視界を広く確保できるよう設計したハンドル形状
フレームが低いため乗り降りの際にバランスを崩さず足を通すことができ、乗り降り時の転倒リスクを軽減
スマートフォンなどが充電できるUSBポート付きスイッチパネルは、災害など非常時にも役立つ
鍵を開けないとスタンドロックが外せない機構を設け、鍵の解除忘れとそのまま発進してしまう誤動作を防止。予想外の動きを防ぎ安全性を高め、それによる車輪の故障も防止
クランク軸の回転をモーターが直接アシストする新型電動アシストユニット「PLUS-D」採用と、子供乗せ自転車専用のアシストプログラムによりパワフルで自然なアシスト感

エナシスベビー
販売日:2020年2月下旬~
販売価格:13万9980円(税込)
カラー:マットアイボリー/マットブラック
タイヤ:20型
変速 :内装3段変速
適応身長:142cm~※お子様二人同乗の場合は152cm~
重量:30.5kg
取り扱い:全国のサイクルベースあさひ各店、あさひ公式オンラインショップ※一部店舗では取り寄せ。
充電時間:約5~6時間 充電一回あたりの最長走行距離:約70km(エコモード)
バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算で14.7Ah相当)
付属品:OGK製リヤチャイルドシート「RBC-015DX」(カラー:ブラック・ブラック)
特徴:走行時の安定性を高め、乗りやすさに徹底的にこだわったあさひオリジナルモデル

エナシスベビーリミテッド
販売日:2020年2月下旬~
販売価格 :14万6980円(税込)~
カラー:マットブラック
タイヤ:20型
変速:内装3段変速
適応身長:142cm~※お子様二人同乗の場合は152cm~
重量:30.4kg
取り扱い:全国のサイクルベースあさひ各店、あさひ公式オンラインショップ※一部店舗では取り寄せ。
充電時間:約5~6時間 充電一回あたりの最長走行距離:約70km(エコモード)
バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算で14.7Ah相当)
付属品:OGK製リヤチャイルドシート「GRANDIA RBC-017DX2」(カラー:マットブラック)オートテールライト(電池式)
特徴:OGK社の最上位モデルチャイルドシート「GRANDIA」を標準装備したあさひオリジナルモデル

エナシスベビーリミテッド・マットブラック

※エナシスベビー、エナシスベビーリミテッドともに、子ども二人同乗の際は別途OGK製フロントチャイルドシート(指定品)を購入のこと。

●詳細サイト

走りながら自動充電できるクロスバイクで航続距離最大130km

クロスバイクが持つ走りの楽しさと、「走りながら自動充電機能」を搭載して日常での実用性を兼ね備えた最新電動クロスバイク「TB1e(ティービーワンe)」を、ブリヂストンサイクルが2020年2月上旬より全国の販売店を通して発売する。「走りながら自動充電」とは、主に平地を走行中にペダルを漕がないと自動で発電し充電する機能のこと。

自転車志向と電動アシスト自転車需要の高まり

近年、健康への意識・関心が高まる中、国では自転車の日常使い、サイクルスポーツの振興で健康社会の実現を目指した取り組みを実施していて、自転車通勤が国民の健康問題解決に寄与すると期待されている。

2017年には自転車活用推進法が施行され、シェアサイクルの普及や自転車専用道路の整備など自転車の利用環境の改善が図られている中、一般企業では約8割の企業が自転車通勤を認め(図1)、約4割の企業が業務で使用していると回答している。また、ユーザーの使用用途も自転車の通勤使用が増加傾向(図2)であり、ライフスタイルの中に自転車を取り入れる動きが活発化していると考えられる。

一般企業では約8割の企業が自転車通勤を認めている(図1)
ユーザーの使用用途は自転車の通勤使用が増加傾向(図2)

さらに、タイプ別に見ると、電動アシスト自転車の出荷台数は10年前と比べ2倍以上に増加(図3)していて、電動アシスト自転車のさまざまな用途での需要の高まりを感じるという。

電動アシスト自転車の出荷台数は10年前と比べ2倍以上に増加(図3)

電動アシスト自転車購入時に重視する性能は「航続距離の長さ」

ブリヂストンサイクルで自転車通勤に関する調査を行ったところ、自転車通勤をしているユーザーからは、「坂が多く、電動もギヤもない自転車だとすごく負担なので買い替え検討中」(20代後半・男性)という使用環境面への意見や「クロスバイクを使っているが、ドロヨケがないことや、タイヤが細いので衝撃が大きいことが不満」(40代前半・男性)といった機能面への不満の声が聞かれた。一方で電動アシスト自転車購入時にユーザーが最も重視する性能は「1回の充電で走れる距離(図4)」であることも別の調査で判明している。

1回の充電で走れる距離が最も重視される(図4)

今回発売する「TB1e」は、両輪駆動モデルの特徴のひとつである「走りながら自動充電機能」を搭載し、1回の充電で走る航続距離が最大130kmと従来品比40%アップを実現したことで、バッテリーを外す充電の手間の軽減や、通勤時のバッテリー切れを回避したいとの思いに応える製品。

TB1e

TB1eの価格は12万9800円

また、通常のスポーツ自転車では標準装備されることの少ない鍵やドロヨケ、スタンドといったパーツも標準装備し、日常の実用性を確保しながらも、Vブレーキや外装変速機を搭載しクロスバイクが持つ走りの楽しさも兼ね備えた、より快適な通勤スタイルを提案する電動クロスバイクだ。

TB1eの価格は12万9800円(税別)。カラーは4色展開 ・E.Xブラック ・T.Xマットグレー ・M.Xオーシャンブルー ・T.Xネオンライム

TB1eの主な特徴は

①走行中にペダルを止めるか左ブレーキをかけると発電する「走りながら自動充電」機能を搭載し、航続距離最大130kmを実現
②スピードをやさしく抑える安心のブレーキ性能「モーターブレーキ」搭載
③大容量「リチウムイオンバッテリーB400」電池搭載。満充電までは充電せず、「走りながら自動充電」が可能なバッテリー残量で充電を完了する「リミット充電モード」にも対応
④ひび割れ、パンクに強いタイヤ「ロングレッド」採用
⑤スタイルを崩さず明るさも確保した「ショートシリンダーLEDランプ」
⑥通勤に便利なドロヨケ、サークル錠、サイドスタンドを標準装備

●ブリヂストンサイクルのホームページ

Iot搭載の回生電動アシスト自転車を前橋市がモニター提供

前橋市は、前橋商工会議所・太陽誘電・ブリヂストンサイクル・一般社団法人ICTまちづくり共通プラットフォーム推進機構と連携し、回生電動アシスト自転車を活用して市街地の活性化や環境に配慮した継続的な交通手段の提供を推進していくことを発表した。

回生電動アシスト自転車をさっそく市民が試乗

その第1弾として、太陽誘電より無償で貸与される回生電動アシスト自転車100台を活用し、モニタリング事業を実施する。さらにシェアサイクル化への活用を目指し、モニタリングデータを活用する予定だという。

前橋市や民間企業などが自転車を活用した新たなまちづくり事業にかかる連携協定を締結

ブリヂストンサイクルの回生電動アシスト自転車に太陽誘電のIotユニット(GPS、LTE 機能)を取り付け、モニターに日常生活や業務の中で使用してもらう。モニターは、前橋商工会議所を通じ市民や会員企業、団体、大学などから募集。簡単なアンケートや自転車走行データなどを収集する。また、実際に自転車利用のメリットを体感してもらうことで、自転車利用促進広報モデルとして広報誌やSNSで情報発信してもらう。

回生電動アシスト自転車

事業を通じて、モニターとなった人たちに自転車利用のメリットを体感してもらい、自らが広報モデルとなることで、より親近感と説得力のある広報を行っていくのがねらいだ。

また、収集した検証データは、第2弾「回生電動アシスト自転車のシェアサイクル化」 へ活用し、MaaSと連携させた前橋市の新たな公共交通政策の一つとして組み込み、前橋の魅力を高めることを目指したいという。

回生電動アシスト自転車講習会では安全な乗り方や事故防止の注意点を学習し、それぞれに合った自転車を子育て世代やシニア世代が体験した

●前橋市のホームページ
●おすすめサイクリングコース

USB充電だってハンドル部でできる電動アシスト自転車

快適な自転車ライフを提供する自転車専門店のあさひは、2019年8月下旬よりオリジナル電動アシスト自転車「エナシスフィール」の販売を、全国のサイクルベースあさひ各店舗、あさひ公式オンラインショップ、あさひ楽天市場、あさひYahoo!店で開始。エナシスフィールは、クラシカルなフレームデザインと細部にまでこだわった装備で日々の生活をオシャレに演出する自転車。

新型電動アシストユニット「PLUS-D」は、ペダリングの瞬間からなめらかに立ち上がるパワフルかつ上質な乗り心地。電動アシスト自転車特有のアシストフィーリングの不自然さを抑えた心地よい乗り味を実現した。

スイッチパネルにUSBポートを設け、ライトや携帯電話などへの充電が可能

また、広角オートライトや安定した荷物の載せ降ろしが可能なハンドルストッパー、後ろ子供乗せ装着可能な27kg対応キャリア採用など安全面や使いやすさにも配慮し、幅広いライフスタイルに対応する1台。

ショッピングや通勤にも最適な21リットルの大型樹脂バスケット
安定して荷物の載せ降ろしが可能なハンドルストッパー

エナシスフィール
販売価格   :9万9980円(税込)
カラー    :ミントブルー、ディープブラウン、シルキーアイボリー
タイヤ    :26型
適応身長   :152cm~
重量     :26kg
変速     :内装3段変速
充電時間   :約5~6時間
航続可能距離 :100km(エコモード)
バッテリー容量:36V×10.3Ah(25.2V換算で14.7Ah相当)
発売日    :2019年8月下旬より販売開始予定
購入方法   :サイクルベースあさひ各店舗、あさひ公式オンラインショップ、あさひ楽天市場、あさひYahoo!店
※一部の店舗では、取り寄せ対応となる店舗も

新型ドライブユニット「PLUS-D」

クランク軸の回転をモーターが直接アシストするのでパワフルでスムーズな乗り心地

エナシスフィールの「PLUS-D」は、クランク軸の回転をモーターが直接アシストすることで、パワフルでスムーズな乗り心地を提供する最新のダイレクトドライブ方式が採用された。駆動部のパーツも少ないため「耐久性」「メンテナンス性」にも優れている。

エナシスフィール(ミントブルー)
エナシスフィール(ディープブラウン)
エナシスフィール(シルキーアイボリー)

●あさひのホームページ