プランBを遂行したイネオス・グレナディアス記念モデル発売

2020ジロ・デ・イタリアで総合優勝、新人賞、チーム賞、ステージ通算7勝と大活躍した英国のイネオス・グレナディアスの偉業を記念して、イタリアのピナレロ社から記念モデルが発売された。

2020ジロ・デ・イタリアを制したテオ・ゲオゲガンハート

コロナ禍の中、10月3日から25日の3週間にわたって開催されたジロ・デ・イタリア。 序盤で総合優勝を狙うエースのゲラント・トーマス(英国)が落車による怪我で戦線離脱する中、イネオス・グレナディアスはステージ優勝に目標をスイッチ。地元イタリアのフィリポ・ガンナが序盤のTTステージ優勝で一時マリアローザを獲得した。

2020ジロ・デ・イタリアで3つの個人タイムトライアルと1区間の合計4勝を挙げたフィリッポ・ガンナ

ガンナはマリアローザをすぐに手放すも、テオ・ゲオゲガンハート(英国)が第15ステージの山頂ゴールを制してステージ優勝。そして総合優勝への道筋が見えたとき、チームは「プランB」を発動し総力を挙げてゲオゲガンハートをアシスト。

ジロ・デ・イタリアではゲオゲガンハートの2勝、ナルバエスの1勝を含めチーム通算7勝をマーク

ガンナとローアン・デニス(オーストラリア)という、新旧ふたりのTT世界王者による強力なアシストにも助けられ、徐々にマリアローザへの距離を縮めていき、ついに最終ステージの個人TTでマリアローザを手に入れることに成功した。

ジロ・デ・イタリアのチーム賞を獲得したイネオス・グレナディアス

ゲオゲガンハートの個人総合優勝「マリアローザ」と新人賞「マリアビアンカ」獲得、ガンナによるTTステージ完全制覇、チーム総合優勝、チーム全体でステージ優勝は7。ピナレロのグランツール制覇は29回目という、他の追従を許さない偉業をピナレロとイネオス・グレナディアスは成し遂げた。


GRENADIER PINK

GRENADIER PINK

A640 / DOGMA F12 – GRENADIER PINK 70万円
A641 / DOGMA F12 DISK – GRENADIER PINK 73万円
A642 / DOGMA F12 XLIGHT – GRENADIER PINK 90万円
A643 / DOGMA F12 XLIGHT DISK – GRENADIER PINK 93万円


GRENADIER GOLD

タイムトライアル世界チャンピオンのゴールドバイク

A635 / DOGMA F12 – GRENADIER GOLD 86万円
A636 / DOGMA F12 DISK – GRENADIER GOLD 89万円
A637 / DOGMA F12 XLIGHT – GRENADIER GOLD 106万円
A638 / DOGMA F12 XLIGHT DISK – GRENADIER GOLD 109万円

GRENADIER GOLD

Pinarello Dogma F12 Grenadier Special Edition

プランBを見事に遂行したイネオス・グレナディアス
グレナディアス・スペシャルエディションは、DOGMA F12, F12 DISK, F12 XLIGHT, F12 XLIGHT DISKがラインナップ

SPEC
マテリアル:TORAYCA T1100 1K Nanoalloy
フロントフォーク:ONDA F12 with ForkFlap T1100 1K
ボトムブラケット:イタリアン
リムブレーキ規格:前後ダイレクトマウント
ディスクブレーキ規格:フラットマウント、F/100x12TA、R/142x12TA、ローター最大160mm
サイズ:42SL,44SL,46.5SL,47SL,50,51.5,53,54,55,56,57.5,59.5,62(C-C)
※専用ヘッドセット、フルカーボンシートポスト付属

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

ゲオゲガンハートが最終日に逆転優勝…ジロ・デ・イタリア

第103回ジロ・デ・イタリアは10月25日に23日間に及ぶ戦いのフィナーレへ。チェルニュスコスルナビーリオ〜ミラノ間で第21ステージとして距離15.7kmの個人タイムトライアルを行い、前日に首位と同タイムの2位に浮上したイネオス・グレナディアスのタオ・ゲオゲガンハート(英国)が逆転優勝した。

ミラノ大聖堂前でマリアローザを着用したタオ・ゲオゲガンハート ©Fabio Ferrari/LaPresse

ゲオゲガンハートは第20ステージでサンウェブのジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)との一騎打ちを制して今大会2勝目を挙げるとともに、首位に躍り出たヒンドレーとタイム差なしの総合2位に。最終ステージで総合成績の1位と2位がタイム差なしで雌雄を決するのはツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャを合わせたグランツール史上初の接戦となったが、ヒンドレーに39秒差をつけるタイムで逆転優勝した。

英国選手の総合優勝は2人目。2018年のクリストファー・フルーム以来となる。最終日までマリアローザを着用せずに総合優勝した選手としては大会史上初となる。

第21ステージの個人タイムトライアルは世界チャンピオンのフィリッポ・ガンナがトップタイム ©LaPresse

第21ステージの個人タイムトライアルを制したのはイネオス・グレナディアスのチームメートで、この種目の世界チャンピオンであるフィリッポ・ガンナ(イタリア)。3回の個人タイムトライアルに加えて第5ステージも制し、今大会4勝を挙げた。1選手が個人タイムトライアルで3勝したのは1995年のトニー・ロミンゲル(スイス)以来。

ジロ・デ・イタリア総合優勝のゲオゲガンハートを中央に、左が2位ヒンドレー、右が3位ケルデルマン ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

最終日までジロ・デ・イタリアに勝つとは思えなかった

「ジロ・デ・イタリアの勝者としてこのポジションにいるのは驚きしかない」とゲオゲガンハート。

当初のエースは2018ツール・ド・フランス総合優勝の実績があるゲラント・トーマス(英国)だったが、第3ステージで落車負傷し、翌日にはレースから去った。この思わぬアクシデントがなければ、アシスト役であるゲオゲガンハートが自らの成績のために走ることはなかっただろう。

「表彰台に一緒に登壇したジェイとウィルコ・ケルデルマンにおめでとうと言いたい。本当に素晴らしい戦いだった。最終日のミラノに着くまで、ジロ・デ・イタリアに勝つとは思わなかった。もうクレイジーとしか言いようがない」

「最後のフィニッシュラインを越える瞬間まで、いつものステージやサンデーライドと同じように走るだけだった。ボクの家族や友人がフィニッシュ地点で声援を送ってくれたので、会えると思う。世界中の誰にとっても奇妙な年だった。去年から家に帰っていないので、きょうだいに会えるのを楽しみにしている。チームというバブルを離れるのは奇妙な感じもする」

ポイント賞のマリアチクラミーノはグルパマFDJのアルノー・デマールに ©Massimo Paolone/LaPresse

残酷だけど美しいこのレースに戻ってきたい。総合2位ヒンドレー

「コースのレイアウトを頭の中にたたき込むなど、できる限りのことをした。その結果なんだからボクはそれを受け入れ、なにも後悔していない」と首位を陥落し、39秒遅れの総合2位となったヒンドレー。

「タイムチェックを受けられるように頼んだし、なにが起こっているのか知っていた。でもボクにできることはなにもなく、できる限り一生懸命走るだけだった。もちろん、今日の出来事の後はがっかりしているが、チームとしての走りをして、3週間の長丁場を戦ったこと誇りに思う。これはほんの始まりに過ぎない。確かにいまの最高のパフォーマンスの結果だが、うまくいけばさらなる成績をつかむための一歩となった。ここに戻って来たい。ボクはこのレースが大好きだ。それは残忍だけど、それはまた美しい。間違いなく戻ってくる」

山岳王はEFのルーベン・ゲレイロ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)タオ・ゲオゲガンハート(英国、イネオス・グレナディアス)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) タオ・ゲオゲガンハート(英国、イネオス・グレナディアス)

2020ジロ・デ・イタリアの栄冠はアシスト役として起用されたゲオゲガンハートの手に渡った ©Fabio Ferrari/LaPresse

第20ステージにもどる≪≪

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

グランツール初! 1位と2位が同タイムで最終ステージへ

第103回ジロ・デ・イタリアは10月24日、アルバ〜セストリエーレ間の190kmで第20ステージが行われ、2日前と同様にイネオス・グレナディアスのタオ・ゲオゲガンハート(英国)とサンウェブのジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)の2人がゴール勝負。15秒遅れの総合3位ゲオゲガンハートが12秒遅れの総合2位ヒンドレーを制して雪辱。第15ステージに続く今大会2勝目を飾った。

ローハン・デニスが役目を終え、ヒンドレーとゲオゲガンハートの一騎打ちに ©Fabio Ferrari/LaPresse

総合成績ではマリアローザを着用していたサンウェブのウィルコ・ケルデルマン(オランダ)が遅れ、ヒンドレーとゲオゲガンハートが同タイム。これまで2回行われた個人タイムトライアルのコンマ以下の所要時間の差でヒンドレーが首位となった。

2020ジロ・デ・イタリア第20ステージはフランス国境に近いアルプスで行われた ©Fabio Ferrari/LaPresse

最終ステージはミラノで距離15.7kmの個人タイムトライアルが行われるが、総合成績の1位と2位がタイム差なしで雌雄を決するのはツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャを合わせたグランツール史上初。

ゲオゲガンハートに続いて新人賞のヒンドレー、マリアローザのケルデルマンが走る ©Fabio Ferrari/LaPresse
ローハン・デニスに続いてゲオゲガンハートとヒンドレー、マリアローザのケルデルマンがここで脱落した ©Fabio Ferrari/LaPresse
ゲオゲガンハートがヒンドレーを制して 2日前の雪辱を果たす ©Massimo Paolone/LaPresse
初めてマリアローザを獲得したヒンドレー ©Massimo Paolone/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、サンウェブ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、サンウェブ)

ゲオゲガンハート(左)とヒンドレーがタイム差なしで最終日へ ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse

第19ステージにもどる≪≪   ≫≫第21ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

チェルニーV、ケルデルマンが首位堅持…ジロ・デ・イタリア第19S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月23日、モルベーニョ〜アスティ間の251kmで第19ステージが行われ、CCCのヨセフ・チェルニー(チェコ)が優勝。総合成績ではサンウェブのウィルコ・ケルデルマン(オランダ)が首位を守った。

ヨセフ・チェルニー(チェコ)が第19ステージ優勝 ©Marco Alpozzi/LaPresse
トヨタのハイブリッド車が大会で大活躍 ©Fabio Ferrari/LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第19ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第19ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
ヒンドレーにけん引されてマリアローザを守ったケルデルマン ©Marco Alpozzi/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、サンウェブ)

第19ステージのチーム賞はバーレーン・マクラーレンで、新城幸也(右端)も登壇 ©Marco Alpozzi/LaPresse

第18ステージにもどる≪≪   ≫≫第20ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

ケルデルマンが首位浮上…アシスト役のヒンドレーV…ジロ・デ・イタリア第18S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月22日、今大会最高峰のステルビオ峠が待ち構えたピンツォロ〜ラーギディカンカーノ間の207kmで第18ステージが行われ、サンウェブのジェイ・ヒンドレー(オーストラリア)がイネオス・グレナディアスのタオ・ゲオゲガンハート(英国)との一騎打ちを制して初優勝。

第18ステージ優勝で新人賞でもトップに立ったヒンドレー(左)とマリアローザのケルデルマン ©Jennifer Lorenzini/LaPresse

総合成績ではサンウェブのウィルコ・ケルデルマン(オランダ)が首位に立った。

ジロ・デ・イタリアの最難関、ステルビオ峠 ©Marco Alpozzi/LaPresse
先頭を走るヒンドレー(左)とゲオゲガンハート ©Fabio Ferrari/LaPresse
チマコッピと呼ばれる今大会最高峰のステルビオ峠 © Fabio Ferrari/LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第18ステージのステルビオ峠 ©Fabio Ferrari/LaPresse
サンウェブのケルデルマンがステルビオ峠を目指す ©Fabio Ferrari/LaPresse
勝負はヒンドレー対ゲオゲガンハート ©Fabio Ferrari/LaPresse
ヒンドレーが第18ステージを制した ©Massimo Paolone/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ジェイ・ヒンドレー(オーストラリア、サンウェブ)

最難関で優勝したヒンドレーは総合2位、敗れたゲオゲガンハートも総合3位に ©Massimo Paolone/LaPresse

第17ステージにもどる≪≪   ≫≫第19ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

オコーナー初V、アルメイダ15日間首位堅持…ジロ・デ・イタリア第17S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月21日、バッサーノデルグラッパ〜マドンナディカンピーリオ間の203kmで第17ステージが行われ、NTTのベン・オコーナー(オーストラリア)が初優勝。

ベン・オコーナー(オーストラリア)が敢然と前を向く ©Fabio Ferrari/LaPresse

総合成績ではドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)が首位を堅持。マリアローザを守って15日となった。

2020ジロ・デ・イタリア第17ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

オーストラリア勢は開催国イタリアに次ぐ18選手が今大会に出場しているが、ようやく第17ステージで1勝目を挙げた。オコーナーは第1グループの中から残り8.5km地点で抜け出すことに成功した。オーストラリア選手が山岳ステージで勝ったのは、2014年に現在のコーチであるマイケル・ロジャースがゾンコランを制して以来。

オコーナー自身はグランツール初優勝。ジロ・デ・イタリアでオーストラリア選手が勝ったのは17人目、34勝目となる。

2020ジロ・デ・イタリア第17ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
アシストにけん引されるマリアローザのアルメイダ ©Fabio Ferrari/LaPresse
ベン・オコーナー(オーストラリア)がグランツール初制覇 ©Gian Mattia D’Alberto/LaPresse
超級山岳でもアルメイダが首位を守った ©Massimo Paolone/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EF)
□マリアビアンカ(新人賞) ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)

大会3日目からマリアローザを守り続けるアルメイダ ©Marco Alpozzi/LaPresse

第16ステージにもどる≪≪   ≫≫第18ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

ジロ・デ・イタリアがコロナ猛威のフランスを回避

ジロ・デ・イタリアの主催者RCSスポルトは10月21日、最終日前日の最後の山岳区間として設定された第20ステージのコースを修正した。フランスのオートアルプ県で新型コロナウイルス感染拡大の防止法令が施行されたことで同県をレースが通行できなくなり、コース変更を余儀なくされた。

2020ジロ・デ・イタリア第20ステージの修正コース

10月24日に開催される第20ステージはアルバをスタートしてから国境となるアルプスを越えてフランス入りし、再びアルプスを越えてイタリアのセストリエーレにゴールする198kmが予定されていた。

しかしフランス入りができなくなったため、スタート後に平たん路を走ってピネロロへ。ゴールとなるスキーリゾートのセストリエーレに向かうが、ステージの難易度を維持するためにセストリエーレを3回上ることになった。

当初予定ではフランスのイゾアール峠や国境にあるモンジュネーブル峠など、山岳ポイントは1級が3つ、2級が1つだったが、新コースは1級が2つ、2級が1つとなりわずかに難易度が低くなった。総合成績の行方を左右する変更点になるかは定かではない。

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ

トラトニクが大会2000ステージ目で栄冠…ジロ・デ・イタリア第16S

第103回ジロ・デ・イタリアは10月20日、ウディーネ〜サンダニエーレ・デル・フリウリ間の229kmで第16ステージが行われ、バーレーン・マクラーレンのヤン・トラトニク(スロベニア)が初優勝。故郷スロベニアにも近いゴールで歓喜を味わった。

2020ジロ・デ・イタリア第16ステージ ©Massimo Paolone/LaPresse

第3ステージで首位に立ち、マリアローザを着続けているドゥークニンク・クイックステップのホアン・アルメイダ(ポルトガル)はゴール前で総合優勝争いを展開するランバルたちに2秒先行してゴール。マリアローザを守って14日となった。

一度は吸収されたヤン・トラトニク(スロベニア)だが再び単独アタック ©Fabio Ferrari/LaPresse
ゴール前で総合優勝を争うライバルたちから先行するマリアローザのアルメイダ ©LaPresse
2020ジロ・デ・イタリア第16ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse
マリアローザのアルメイダとそれを守るドゥークニンク・クイックステップチーム ©Fabio Ferrari/LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ジョバンニ・ビスコンティ(イタリア、ビーニザブKTM)
□マリアビアンカ(新人賞) ホアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥークニンク・クイックステップ)

2020ジロ・デ・イタリア第16ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

第15ステージにもどる≪≪   ≫≫第17ステージにすすむ

2020ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト
🇮🇹2020ジロ・デ・イタリア関連ニュース(まとめページ)
●ジロ・デ・イタリアのホームページ