OVEで自転車を借りて都心を気ままに走る…実質1000円

東京・南青山にシマノがプロデュースしたLIFE CREATION SPACE OVEも15周年。コロナ禍の現在は好きな時間を指定して3000円で自転車を借りて走る「ひとりで散走」を実施中。SNSに指定のハッシュタグをつけた上で投稿すると帰着後2000円返金される。

OVEの自転車に乗って自由気ままに「小さな出会い」を楽しみながら都心を散走してみようという企画。希望の日時をあらかじめ予約。利用時間は10:00 – 17:00で、オリエンテーション+3時間まで利用可、最終自転車返却時間は17:00。

参加費:3000円
実施中にSNSに指定のハッシュタグをつけた上で投稿すると帰着後2000円返金。

●OVEの詳細ホームページ

南青山のOVEで都心部を満喫できるサイクリングやイベント開催

さまざまな店内イベントや「散走」と呼ばれる気楽なサイクリングを開催して、生活の中に自転車がある楽しみを伝えている「ライフクリエーションスペースOVE(オーブ)」が2018年4月中旬から5月上旬のイベントを発表。その参加者を募集している。

2018年4月18日(水) 東京ベイ、クルーズ散走

クルーザースタイルの水上バスに自転車を積み込んで15分の船旅。東京湾を自転車の目線と船の目線から楽しむ。お台場に渡ったら埋立地ならではの広々とした景色の中を自転車でクルージング。オリンピック/パラリンピックの選手村予定地や、やっと始動しそうな雰囲気の豊洲市場など東京湾岸の風景の中を散走。海辺の春を満喫。

2018年4月21日(土) 「はじめのひとこぎ」自転車体験・・・のんびり大人の自転車遊び

「OVE散走に参加したいけれど、ついていけるか心配」「自転車は車道を走れっていうけど、こわくて走れない」「変速機のついた自転車って、どうやって乗るの?」「自転車を買ったけれども、何をしていいのかさっぱりわからない」など、自転車についてはじめの一歩を踏み出すことに不安をもつ人のために、OVE散走スタッフが「より分かりやすく」「より楽しく」自転車のある豊かな生活へといざなう「はじめのひとこぎ」。最初に街で自転車を乗るためのコツを簡単にレクチャーしてから、OVEを出発。広場で自転車の乗り方などを練習してから街を散走。OVEに戻ったら野菜たっぷりの身体に優しいOVEランチ。

2018年4月29日(土) カメラ散走

久々のカメラ散走。今回のテーマは、写真の「撮りかた・活かしかた」。最初に簡単なレクチャーを行ってから散走。帰着後は各自セレクトした写真を全員で鑑賞。参加の際には写真データをデジタルで記録できる機材(カメラ付き携帯電話/スマートフォン、デジタルカメラ)を持参。

2018年5月3日(木) GWは自転車天国!都心探訪散走

休日にOVE散走をしていると、平日は車がたくさん走っている道路の空き具合に驚くことが多いが、大型連休になると道路は輪をかけてガラガラになる。車のことを気にしなくていい分、萌黄色に輝く木々の若葉や、ラリと爽快な空気など、この時期にしか経験のできない都心の自然を楽しめる。道路を走ることになんとなく不安に感じている人も、この散走をきっかけに「基本は車道の左側を走る」という自転車の乗り方の雰囲気がつかめるはず。

2018年5月5日(土) 「サイクルドリームフェスタ」散走体験

5月5日といえば「こどもの日」だが、実は「自転車の日」でもある。その自転車の日、2018年も神宮外苑で「サイクルドリームフェスタ」が開催される。そのサイクルドリームフェスタ会場を起点として小一時間、青山とその周辺を巡る散走の体験会。受付開始時刻は10時、11時半、14時の3回。1時間程度「散走を体験」しながら、途中OVEでお茶の時間。短くてもたっぷり楽しめる。
参加費なし。OVE散走参加経験のない人のみ参加可。

●関連ニュース

サイクリング・フォー・チャリティ…世界一周4万kmを目指してキックオフ

●最新ニュースへ