愛車のフレームにぴったりインするオーダーバッグ

自転車通販サイト「ワールドサイクル」が手がけるオリジナルブランド、R250は初の試みとして、サイズをセミオーダーできるインナーフレームバッグの受注を開始した。

インナーフレームバッグとは、前三角とも呼ばれる前部フレームの内側に装備するバッグ。フレームサイズに合わせていろいろなサイズが販売されているが、完全に前三角を覆ってしまうフルサイズは潔くってちょっと憧れる。

R250は、既製品モデルの基本構造は変更しないが、ヘッドチューブ・トップチューブ・ダウンチューブ・シートチューブと厚みを指定してもらい、一点物で受注生産することにした。

2万2000円(税込)で、納期は約2カ月。

●ワールドサイクルの詳細ホームページ

携行品はツールケースに収納するのがプロっぽい

サイクリング途中のパンクなどに備えて修理キットやツール(工具)などを携える。それをどうやって持っていくかが課題となるが、自転車通販サイトの最大手ワールドサイクルがプロデュースするオリジナルブランドのR250(アールニーゴーマル)から使い勝手がよさそうなツールケースが新発売されたので実際に試してみた。

太陽光のもとでツールケースを見ると迷彩カラーが浮かび上がる

サドルバッグでなく携行品はボトルケージ部分で運びたい

R250のツールケース、スリムロングタイプ モノトーンカモフラ ブラックファスナーというだけに商品名もかなり長い。新発売と紹介したが、カモフラという新柄がリリースされたという意味。すでにカーボン風のツールケースなどがあり、人気の定番アイテムとなっている。

ちょっと前の時代、プラスチック製の筒状ツール缶をボトルケージに差して走る熟練者たちがいたが、それがツールケースとしてアイデア商品化された。R250もファスナーで開閉するタイプのツールケースをリリースし、徐々に改良を加え、ロングサイズのツールケースが新登場したというわけだ。他社製よりも硬くて丈夫なことがR250ツールケースの特徴。

室内で見るとツールケースにありがちなブラックカラー

パンク修理に必要な携行品は意外と重い。以前のサイクリストなら必要な工具のみを背中のポケットに、携帯ポンプはフレームにくくりつけて走っていた。そんなものを持ち運ぶ場合、たいていのサイクリストはサドル下に装着するサドルバッグで対処する。さまざまな大きさがあるのでそれぞれの携行品の量に応じてバッグを購入すればいい。

でも、それがイヤだというサイクリストは多い。サドルバッグをつけると、自転車の一番高いところにあるサドル周辺が重くなる。そうなると走行フィーリングが変わってくる。軽やかにダンシングすることもできなくなる。特に上り坂などでは、自分の走りに違和感を感じると同時に、くくりつけた重さを左右にゆらすのだから体力を消耗する。

ホールド感は確実。ボトルケージの材質を選ばず装着できる

そこでボトルケージにツール缶をつける方法が考案されたのだ(と思う)。重心が下がるので走りのフィーリングにあまり干渉しないのがメリット。2つしかないボトルケージの1つを占領してしまうのがデメリットだが、真夏に自動販売機がないような山奥深い峠を上る場合を除いては、大きめのボトルを1本装備しておけば問題にはならない。

もう1つの理由。ツール・ド・フランスを走るプロ選手がサドルバッグをつけているレースシーンは見たことがない(もちろんプロ選手でもトレーニング中はサドルバッグを利用するようです)。シルエットとしてとりわけロードバイクはシンプルでありたいのだ。

これまでの携行品は中古のスペアタイヤ(チューブラー)、タイヤはがしできる4mmアーレンキーなど

で、ロングサイズのツールケース。R250のニューカラーであるモノトーンカモは、室内や日陰で見るとほぼブラックなのに、太陽光のもとで見るとカモフラ柄が浮かび上がるというもの。この奇妙なカモフラ柄は、R250のイチ押し新仕様のようで、今回同時にリリースされた防水スマートライドポーチDX(2860円)にも採用されている。

ファスナーの引き手が走行中にフレームにパタパタ当たってわずらわしいと思ったが、小さなゴムバンドが縫いつけられていて、ここに引き手を収納すると暴れることがないという。R250はこんな感じで、実際に走っているサイクリストが使い勝手を考えて作り上げている所作がいくつか見受けられる。

ファスナーの引き手が風圧でバタバタしないように、小さな止めバンドがある

ファスナーは止水タイプではないので雨水の浸入は避けられないが、濡れて困るものは入れないのでこれでもいい。ただし雨の中を走ったあとは中身を取り出して乾燥させておかないと、工具などがさびてしまうというのはありがちだ。

ボトルケージはさまざまな素材やデザインがあるが、すべてに対応するはず。ボトルにあるへこみは、ケージの出っ張りがここを押さえてホールドさせる設計。ツールケースも同様の構造となっているが、ボトルケージの出っ張り部分が常に同じところに当たっていると摩耗によって傷つきやすい。いつも同じ場所ではなく、毎回少し場所を変えるといいとのこと。

シートポスト内蔵ポンプは走行中のノイズが気になることと、振動による繊毛運動でポンプが取れないところまで上がってしまうというまさかの不具合。今回からポンプもツールケースに収納することにした
ロングタイプのツールケースなのでミニポンプも余裕で収納できる

色違いとサイズ違いはたくさんあるので、自分の好みや携行したい物の多さによって選択できるのも魅力。
●ワールドサイクルの「アクセサリー、ツールケース」一覧ページ

R250 ツールケース スリムロングタイプ モノトーンカモフラ ブラックファスナー

サイズ:高さ225mm x 75~70mm
重量:95g
販売価格:2200円(税込)

●ワールドサイクルの同商品通販ページ

愛らしいパンダシリーズのバックポケットつきTシャツなど

自転車関連商品の通販サイト、ワールドサイクルのオリジナルブランド「R250」とGORIDEのコラボジャージの予約受け付けが始まった。愛らしいパンダシリーズで、半袖ジャージや3バックポケットつきのTシャツがある。

R250 GORIDE 半袖ジャージ FEELS GOOD スーパーマンパンダ

基本のベーシックモデル。吸汗速乾性、伸縮性に優れた高機能素材を採用。内部の汗を素早く吸水し蒸れを防ぐので、いつでもサラッとした着心地を実。裾滑り止めシリコンゴム標準装備。豊富なサイズ展開で男女問わず着用できる。

材質 : ポリエステル100%
仕様 : 3分割バックポケット付き
製造 : サンボルト S-RIDE
1万1000円(税込)
サイズはXXS~4XL
●ワールドサイクルの詳細ホームページ

R250 GORIDE グラベルジャージ RIDING GRAVEL

R250 GORIDE グラベルジャージ RIDING GRAVEL

6930円(税込)
サイズはXXS~4XL
●ワールドサイクルの詳細ホームページ

R250 GORIDE 3バックポケット付きTシャツ 輪行パンダ ブルー

R250 GORIDE 3バックポケット付きTシャツ 輪行パンダ ブルー

5280円(税込)
サイズはXXS~4XL
●ワールドサイクルの詳細ホームページ

R250 GORIDE 3バックポケット付きTシャツ 輪行パンダ ワインレッド

R250 GORIDE 3バックポケット付きTシャツ 輪行パンダ ワインレッド

5280円(税込)
サイズはXXS~4XL
●ワールドサイクルの詳細ホームページ

サイクリストに使いやすいアールニーゴーマル新アイテム

自転車通販サイトの最大手、ワールドサイクルがプロデュースするオリジナルブランドのR250(アールニーゴーマル)から使い勝手がいいツールケースや防水ポーチが新発売された。

R250 ツールケース スリムロングタイプ モノトーンカモフラ ブラックファスナー

R250の人気商品、ロングサイズのツールケースの新柄「カモフラブラック」。室内や日陰で見るとほぼブラックだが、太陽光の下で見るとカモフラ柄が浮かび上がる。

R250 ツールケース スリムロングタイプ モノトーンカモフラ ブラックファスナー

長さが225mmとロングサイズなので、中サイズの携帯ポンプもすっぽり入って、傷やパッキンの劣化も防げる。足に当たりにくいように上側は少し細く、下側はボトルケージにしっかり収まるように寸胴型。

携帯ポンプもすっぽり入って、傷やパッキンの劣化も防げる

サイズ:高さ225mm x 75~70mm
重量:95g
販売価格:2200円(税込)
●ワールドサイクルの同商品通販ページ


R250 防水スマートライドポーチDX モノトーンカモフラ

ツールケースと同じカモフラブラック素材を使用した、これまたR250で大人気のスマートライドポーチに仕立てた。ファスナーにはリフレクターテープがプリントされている。

R250 防水スマートライドポーチDX モノトーンカモフラ

中の仕切りはこれまでのシリーズと共通で、お札が折らずに入る。カード入れは4ポケットと、大きめの小銭入れスペース、カギ用カラビナがセットされる。

カード入れは4ポケット

サイズ:100x20x190mm
重量:70g
販売価格:2860円(税込)
●ワールドサイクルの同商品通販ページ


R250 防水スマートライドポーチスーパーDX スモール グレー

ウェルダー加工とYKK止水ファスナータイプのスマートライドポーチに、一回り小さいスモールサイズが仲間入り。サイズは170x90x25mmレギュラーサイズと比べて、高さで20mm、横幅で10mmサイズダウン。

R250 防水スマートライドポーチスーパーDX スモール グレー

サイズの小さいジャージのバックポケットにも収納しやすくなった。

レギュラーサイズと比べて、高さで20mm、横幅で10mmサイズダウン

重量:90g
カラー:グレー
販売価格:3300円(税込)
●ワールドサイクルの同商品通販ページ

R250のサコッシュなら走行中にくるんと前に回らない

R250の新商品「R250 消臭サコッシュ ラージ メッセンジャータイプ ブラック」は、いまさらサコッシュかと思われるかもしれないが、サコッシュを背負って走ってるときに、くるんと前にまわってきて走りにくい経験がなくなる。1760円(税込)。

「なんで今までなかったんだろう?」という話題のサコッシュ。メッセンジャーバッグのように、クロスストラップが付いたものだ。この細いベルトのおかげで、走りやすさが格段にアップした。

また、今まで財布とスマホくらいしか入らないサイズのサコッシュがほとんどだったが、走って、風呂入って、輪行で帰るときとか、お土産もちゃんと入る大きさ(440x400mm+底マチ120mm)。輪行中にヘルメットや、大きめのサドルバッグも入る大きさだ。

重量はわずか53gと、コンパクトさも追及しているので、造りはシンプル。使わない時はくるくるっと回してボタンで留めれば、コンパクトに収納できる。
「先週入荷したところですが、すでに手ごたえを感じられるほどの注文が入っております」と担当者。

●ワールドサイクルの商品紹介ページ

ワールドサイクルのR250から渾身のアイデア新商品

自転車通販サイトのワールドサイクルがオリジナルブランドとして展開するR250から、渾身の新商品、防水サドルバッグ スモールとハンドルロック 輪行ベルトが発売された。


R250 防水サドルバッグ スモール グレー

3年前に登場した防水タイプのサドルバッグの2代目。改良点は10カ所以上にのぼる。サドルが高くないと取り付けられない大型タイプではなく、秋冬の日帰り温泉ライドや、春夏の一泊ライドにちょうどいい中型タイプ。

縫製ではなく溶着による縫い目のない製法で防水性を高め、サドルが高くない人でも後輪に当たらないように、バランスよく取り付けられるように全体の形状と取り付けベルトの位置を徹底的に見直した。

容量:3.5~5.5L
素材:840D/TPU
重量:345g
販売価格:8800円(税別)
●ワールドサイクルの詳細サイト


R250 ハンドルロック 輪行ベルト

輪行するときにハンドルが曲がらないようにするための固定ベルト。エアロロードバイクなど、ハンドルのキレ角が制限されたバイク用で輪行するとき、ハンドルをまっすぐ正面を向いた状態で固定する。縦型輪行袋、横型輪行袋、どちらにも使用可能。

重量:45g
販売価格:1100円(税別)
●ワールドサイクルの詳細サイト

ワールドサイクルのR250が作ったフレームインナーバッグ

日本最大級の自転車関連商品通販サイト、ワールドサイクルからオリジナルブランドのR250新商品として、サドルバッグ アーガイル リップストップ ブラックとフレームインナーバッグ アーガイル リップストップ ブラックが発売された。

R250 サドルバッグ アーガイル リップストップ ブラック

撥水効果と耐摩擦性能の高い4層構造のアーガイルリップストップ生地を採用したベーシックなサイズのサドルバッグ。ロールクロージャーシステムを採用しているので、ファスナーからの浸水や破損の心配なし。撥水効果と耐摩擦性能の高い4層構造のアーガイルリップストップ生地を採用。

素材:アーガイルリップストップ
カラー:ブラック
サイズ:縦18cm×横14cm×長さ33~44cm
容量:2.5L
重量:108g
価格:3630円(税込み)

●ワールドサイクルの詳細ページ

R250 フレームインナーバッグ アーガイル リップストップ ブラック

走行中にさっと中身を取り出せる便利ポケット。撥水効果と耐摩擦性能の高い、4層構造のアーガイルリップストップ生地を採用。トップチューブの下側に取り付ける。スマホや携帯工具、財布やカメラ、予備バッテリーや補給食、自撮り棒やミニ三脚などを入れるのに便利。

右側のジッパーがメインの荷室用、左側のジッパーは薄めのポケット。iPhoneXRがちょうど収まる。ダウンチューブとシートチューブ、トップチューブの一番前側に取り付けるベルトの位置は、2段階に調整可能。撥水効果と耐摩擦性能の高い4層構造のアーガイルリップストップ生地を採用。

素材:アーガイルリップストップ
サイズ:長さ430mm x 高さ110mm x 幅45mm
素材自体が柔らかいので、多少小さめのスペースにもキュッと入る。
重量:142g
価格:5940円(税込み)

●ワールドサイクルの詳細ページ

ロードバイクより一回り大きいグラベルバイク用大型縦型輪行袋

グラベルバイクってロードバイクと比べてタイヤが太く、ホイールベースが長く、ハンドル幅も広い。大きなバッグや小さなキャリアを取り付けることも多く、従来の縦型輪行袋だとキチキチか、巾着紐がきちんと締まらないことも。

そこで、自転車通販サイトのワールドサイクルがオリジナルブランドのR250の新商品として同社比約130%大きくした、ラージサイズの縦型輪行袋を作った。グラベルバイクはもちろん、フレームサイズが大きなロードバイク、ハンドルを90度以上曲げることのできないバイクにもおすすめ。ハンドルを正面を向けたまま固定しておくためのストラップは付属せず。

自転車にも、同時に他の乗客にも最も配慮した輪行袋といえばこの縦型タイプ。電車の中で最もコンパクトになるからだ。「作業が簡単」というだけなら横型輪行袋のほうだが、車内のことを考えるとやっぱりこの縦型タイプ。

内側には、サドル位置とリアディレイラーの場所を示すイラストがあり、収納方法も明確なのがいい。

ショルダーベルトは40mm幅の極太タイプを採用することで、肩に担いだ時の痛みを軽減する。ワンタッチバックルによって簡単に固定できる。ベルトのように通して固定するタイプのストラップと比べて断然簡単。

フレームに傷をつけないために必ず必要となるディスクローターカバーが2枚、スプロケットカバー、フレームカバーが付属する。ほかのブランドでは別売りになっていることがほとんどなので、使う方のことを考えた仕様なのだ。

わかりやすいイラストのマニュアルが付属。輪行の歴史とマナーについても解説してくれている。本体収納袋の巾着紐は、車内で手すりに固定するのに役立つという点もうれしい。固定しないと振動で倒れてしまうのだ。スプロケットカバーは最大42tまで対応。

ローターカバー2枚とスプロケットカバー

R250 グラベルバイク用 縦型軽量輪行袋 ダミーローター・エンド金具付属
8800円(税込み)

R250 グラベルバイク用 縦型軽量輪行袋
6270円(税込み)

素材:表/リップ撥水加工、裏/PU加工
重量:
約382g(本体・外袋・ストラップ4本・ローターカバー2枚・フレームカバー・スプロケットカバー)
約530g(本体・外袋・ストラップ4本・ローターカバー2枚・フレームカバー・スプロケットカバー・エンド金具・ダミーローター2個)
サイズ:縦/1200mm 横/1000mm 底幅/300mm
収納サイズ:(縦)190mm x (底)80 x 80mm