北京冬季五輪の取材者総数は9388人…女性は23%

2022年北京冬季オリンピックを取材した取材者総数は9388人だった。国際オリンピック委員会(IOC)が2022年2月21日に発表した。

このうち記者やカメラマンをはじめ、技術者を含む合計1952人が、許可された520メディアとNOC(各国・地域のオリンピック委員会)公認の50社に所属して大会を報じた。

プレスカテゴリーの資格認定者数
E(ジャーナリスト)1091
EP(カメラマン)603
ET(テクニシャン)97
EC(MPCサポートスタッフ)19
ENR(ノンライツテレビ局)142
合計1952
MPC=メディアプレスセンター

男女別では77%(1509人)が男性、23%(443人)が女性だった。

プレスカテゴリーの男女比詳細

男性女性男性%女性%
E801290109173%27%
EP5238060387%13%
ET811169784%16%
EC1361968%32%
ENR915114264%36%
合計1509443195277%23%

権利保有放送局に与えられた取材資格者は3607人。

ホスト放送局認定の総数は3829人。

●AIPSの詳細ページ

アスリートオブザイヤーに大谷翔平ノミネート…前年は大坂なおみ受賞

2021年に最も輝いた選手を選出するアスリートオブザイヤーに、プロ野球大リーグ選手の大谷翔平、テニスの大坂なおみ、柔道の阿部詩が日本選手としてノミネートされた。AIPS・国際スポーツプレス協会に所属する世界各国のスポーツ記者が投票するもので、2020年は116カ国から422人のスポーツジャーナリストが投票し、大坂なおみが日本選手として初受賞した。

2021年12月末に今季の最優秀選手が発表される。

同賞は男子、女子、チーム、大会の4部門があり、最優秀選手やチームを選出する。2020年は新型コロナウイルス感染拡大により主要大会が軒並み中止となり、大会部門は外された。

アスリートオブザイヤー・女子部門

ABE UTA – Judo, Japan       
ANDRADE REBECA – Artistic gymnastics, Brazil
BARTY ASHLEIGH – Tennis, Australia
FOX JESSICA – Canoeing, Australia          
GARNBRET JANJA – Sport climbing, Slovenia
HASSAN SIFAN – Athletics, Netherlands
JEPCHIRCHIR PERES – Athletics, Kenya
KENNY LAURA  – Cycling, UK
KERR SAM – Australia, Football
KIESENHOFER ANNA – Cycling, Austria
KIPYEGON FAITH – Athletics, Kenya
LEAL RAYSSA – Skateboarding, Brazil
LEE SUNISA – Artistic gymnastics, USA
LIENSBERGER KATHARINA – Alpine skiing, Austria
MACNEIL MARGARET – Swimming, Canada
MCKEON EMMA – Swimming, Australia  
MCLAUGHLIN SYDNEY – Athletics, USA   
MELNIKOVA ANGELINA – Artistic gymnastics, Russia
MIHAMBO MALAIKA – Athletics, Germany
MU ATHING – Athletics, USA
OSAKA NAOMI – Tennis, Japan     
PUTELLAS ALEXIA – Football, Spain
RADUCANU EMMA – Tennis, UK
ROJAS YULIMAR – Athletics, Venezuela
SAN AN – Archery, South Korea
SHIFFRIN MIKAELA – Alpine skiing, USA
THOMPSON–HERAH ELAINE – Athletics, Jamaica
TWIGG EMMA – Rowing, New Zealand
VLHOVA PETRA – Alpine skiing, Slovakia
VON BREDOW-WERNDL JESSICA – Equestrian, Germany
WERTH ISABELL – Equestrian, Germany

ロベルト・レバンドフスキ(左)と大坂なおみが2020アスリートオブザイヤーに

アスリートオブザイヤー・男子部門

ALAPHILIPPE JULIAN – Cycling, France
ANTETOKOUNMPO GIANNIS – Basketball, Greece
BARSHIM ESSA MUTAZ – Athletics, Qatar           
BENZEMA KARIM – Football, France
CHEN NATHAN – Figure skating, USA
CHEPTEGEI JOSHUA – Athletics, Uganda
DJOKOVIC NOVAK – Tennis, Serbia
DRESSEL CAELEB – Swimming, USA
DUPLANTIS MONDO ARMAND – Athletics, Sweden
DURANT KEVIN – Basketball, USA
FRIEDRICH FRANCESCO – Bobsleigh, Germany 
HAMILTON LEWIS – Formula 1, UK
INGEBRIGTSEN JAKOB – Athletics, Sweden
JACOBS MARCELL – Athletics, Italy
JORGINHO – Football, Italy 
KIPCHOGE ELIUD – Athletics, Kenya
KRIECHMAYR VINCENT – Alpine skiing, Austria
LEWANDOWSKI ROBERT – Football, Poland
MESSI LIONEL – Football, Argentina
OHTANI SHOHEI – Baseball, Japan          
POGAČAR TADEJ – Cycling, Slovenia
QUARTARARO FABIO – MotoGP, France  
ROGLIČ PRIMOŽ – Cycling, Slovenia
RONALDO CRISTIANO – Football, Portugal
ROSSI VALENTINO – MotoGP, Italy
SZILÁGYI ARON – Fencing, Hungary        
TAMBERI GIANMARCO – Athletics, Italy  
TENTOGLOU MILTEADES – Athletics, Greece     
VERSTAPPEN MAX – Formula 1, Netherlands    
WARHOLM KARSTEN – Athletics, Norway

大谷翔平 ©Major League Baseball

アスリートオブザイヤーは世界各国のスポーツ記者が選出するもので、国際的な視点で評価されるため、日本国内の報道の比重と差異がある。ノミネートされた選手は日本ではあまり報じられないスポーツの競技者が多い傾向にあり、日本選手の候補者リスト入りは例年1〜2選手とそれほど多くなかった。

プロ野球は日米での注目が高いものの、国際的にはサッカー、陸上競技、テニス、F1などの知名度にはかなわず、これまで上位にランキングすることはなかった。二刀流で新境地を開拓した大谷の評価が国際的にも問われることになり注目される。

アスリートオブザイヤー・チーム部門

ARGENTINA MEN’S FOOTBALL NATIONAL TEAM – Football, Argentina                    
AUSTRALIA MEN’S CRICKET TEAM – Cricket, Australia
ATLANTA BRAVES – Baseball, USA
BARCELONA WOMEN’S FOOTBALL CLUB – Football, Spain
BAYERN MUNICH MEN’S FOOTBALL CLUB – Football, Germany        
BRAZIL MEN’S OLYMPIC FOOTBALL TEAM – Football, Brazil
CHELSEA MEN’S FOOTBALL TEAM – Football, UK
CROATIA MEN’S COXLESS PAIR – Rowing, Croatia        
FRANCE MEN’S HANDBALL NATIONAL TEAM – Handball, France
FRANCE JUDO TEAM – Judo, France
FRANCE MEN’S VOLLEYBALL TEAM – Volleyball, France
GERMANY EQUESTRIAN DRESSAGE TEAM – Equestrian, Germany
GERMANY MEN’S BOBSLEIGH TEAM – Bobsleigh, Germany    
GERMANY MEN’S KAYAK FOUR TEAM – Canoeing, Germany 
GERMANY WOMEN’S TRACK CYCLING TEAM – Cycling, Germany
ITALY MEN’S NATIONAL FOOTBALL TEAM – Football, Italy
LIVERPOOL FOOTBALL CLUB – Football, UK                              
MILWAUKEE BUCKS           – Basketball, USA
NEW ZEALAND MEN’S ROWING EIGHT TEAM – Rowing, New Zealand
NEW ZEALAND WOMEN’S RUGBY 7s TEAM – Rugby, New Zealand
REAL MADRID FOOTBALL CLUB – Football, Spain
RUSSIAN NOC MEN’S GYMNASTIC TEAM – Gymnastics, Russia
SOUTH AFRICA RUGBY 15s TEAM – Rugby, South Africa
SOUTH KOREA WOMEN’S ARCHERY TEAM – Archery, South Korea
SWITZERLAND ALPINE SKI TEAM – Alpine skiing, Switzerland
TAMPA BAY BUCCANEERS – American football, USA
USA MEN’S BASKETBALL TEAM – Basketball, USA

アスリートオブザイヤー・大会部門

大会部門には2020東京五輪・パラリンピックがノミネートされている。

UEFA EURO 2020               
TOKYO 2020 OLYMPIC AND PARALYMPIC GAMES
TOUR DE FRANCE 2021
FIFA FUTSAL WORLD CUP LITHUANIA 2021                 
WORLD ARTISTIC GYMNASTICS CHAMPIONSHIPS 2021
WORLD SAMBO CHAMPIONSHIPS 2021
IHF MEN’S WORLD CHAMPIONSHIP 2021
AIBA WORLD BOXING CHAMPIONSHIPS 2021
FIS ALPINE WORLD SKI CHAMPIONSHIPS 2021
UCI ROAD WORLD CHAMPIONSHIPS 2021
WORLD JUDO CHAMPIONSHIPS SENIORS 2021
WORLD ATHLETICS U20 CHAMPIONSHIPS 2021
EUROPEAN ATHLETICS TEAM CHAMPIONSHIPS 2021

大坂なおみがアスリートオブザイヤー…日本人選手で初

日本のテニススター、大坂なおみとポーランドのサッカー選手ロベルト・レバンドフスキが2020年のAIPSアスリートオブザイヤーに選ばれた。116カ国から422人のスポーツジャーナリストが2020年に最も活躍したスポーツ選手に投票。国際スポーツプレス協会(AIPS)が12月29日に発表した。

ロベルト・レバンドフスキ(左)と大坂なおみが2020アスリートオブザイヤーに

毎年、世界で活躍するスポーツ報道記者の所属団体が決める権威ある賞を獲得したのは、男子がレバンドフスキ、女子が大阪でともに初受賞。チーム部門はサッカーのバイエルン・ミュンヘン。5つのトロフィーを獲得するなど多くの記録を作り、2020年のAIPSベストチームを獲得した。

男子はストライカーのレバンドフスキ

バイエルン・ミュンヘンのゴールマシン、レバンドフスキはダブルタイトルとなった。620ポイントを獲得した7度もF1世界チャンピオンとなった英国のルイス・ハミルトンは546ポイント。テニスのグランドスラム優勝を20回も記録したスペインのラファエル・ナダルは378ポイントで3位。

BEST MALE ATHLETE – TOP TEN
1 – Lewandowski Robert – Football 620 (16,32%)
2 – Hamilton Lewis – Formula1 – 546 (14,38%)
3 – Nadal Rafael – Tennis – 378 (9,95%)
4 – James LeBron – Basketball – 361 (9,51%)
5 – Duplantis Armand – Athletics – 347 (9,14%)
6 – Ronaldo Cristiano – Football – 300 (7,9%)
7 – Djokovic Novak – Tennis – 280 (7,37%)
8 – Cheptegei Joshua – Athletics – 181 (4,77%)
9 – Pogačar Tadej – Cycling – 179 (4,71%)
10 – Thiem Dominic – Tennis – 104 (2,74%)

圧倒的な得票率で大坂が初の女王に

3度のグランドスラムチャンピオンである大阪は526ポイントを獲得した。ベネズエラの陸上三段跳び世界記録保持者ユリマール・ロハスは331ポイントで2位。2020年のASBクラシックで73回目のWTAタイトルを獲得したテニス界のレジェンド、米国のセリーナ・ウィリアムズは327ポイントで3位。

BEST FEMALE ATHLETE – TOP TEN
1 – Osaka Naomi – Tennis – 526 (13,85%)
2 – Rojas Yulimar – Athletics – 331 (8,72%)
3 – Williams Serena – Tennis – 327 (8,61%)
4 – Świątek Iga – Tennis – 310 (8,16%)
5 – Brignone Federica – Alpine ski – 245 (6,45%)
6 – Miedema Vivianne – Football – 211 (5,56%)
7 – Gidey Letesenbet – Athletics – 200 (5,27%)
8 – Jepchirchir Peres – Athletics – 186 (4,9%)
9 – Hassan Sifan – Athletics – 182 (4,79%)
10 – Shiffrin Mikaela – Alpine ski – 162 (4,27%)

UEFAチャンピオンズリーグで6度優勝したバイエルン・ミュンヘンはベストチーム部門で、合計1317ポイントを獲得。プレミアリーグチャンピオンのリバプールは753ポイント。2020年NBAチャンピオンのロサンゼルス・レイカーズは658ポイントで3位。

●国際スポーツプレス協会のホームページ

大坂なおみが2020アスリートオブザイヤーにノミネート

2020年に最も輝いた選手を選出するアスリートオブザイヤーに、テニスの大坂なおみが日本選手として唯一ノミネートされた。AIPS・国際スポーツプレス協会に所属する世界各国のスポーツ記者が投票するもので、2020年12月末に今季の最優秀選手が発表される。

同賞は男子、女子、チームの3部門があり、最優秀選手やチームを選出する。2019年までは最優秀大会部門があったが、新型コロナウイルス感染拡大により主要大会が軒並み中止となり、2020年は外された。

2019年は女子体操選手のシモーネ・バイルズ(米国)と男子サッカー選手のリオネル・メッシ(アルゼンチン)がアスリートオブザイヤーに選出された。バイルズは2年連続。102カ国・331人のスポーツジャーナリストが投票した。

アスリートオブザイヤーは世界各国のスポーツ記者が選出するもので、国際的な視点で評価されるため、日本国内の報道の比重と差異がある。ノミネートされた選手は日本ではあまり報じられないスポーツの競技者が多い傾向にあり、日本選手の候補者リスト入りは例年1〜2選手とそれほど多くなかった。

2019年は当初は東京五輪の前年ということもあり、フィギュアスケートの羽生結弦、バドミントンの桃田賢斗、ラグビーW杯日本大会など合計7選手・チーム・大会がノミネートされた。

Best Female Athlete of 2020 
Babos Tímea (Hungary) – Tennis
Brignone  Federica (Italy) – Alpine ski
Gidey Letesenbet (Ethiopia) – Athletics
Hassan Sifan (The Netherlands) – Athletics
Hermann Tina (Germany) – Skeleton
Jepchirchir Peres (Kenya) – Athletics
Kenin Sofia (USA) – Tennis
Kosgey Brigid (Kenya) – Athletics
Kostornaya Alëna Sergeevna (Russia) – Figure skating
Lucz Dóra (Hungary) – Canoeing
Marin  Carolina (Spain) – Badminton
Miedema Vivianne (The Netherlands) – Football
Osaka Naomi (Japan) – Tennis
Pušpure Sanita (Ireland) – Rowing
Røiseland Marte Olsbu (Norway) – Biathlon
Rojas Yulimar (Venezuela) – Athletics
Shiffrin Mikaela (USA) – Alpine ski
Świątek Iga (Poland) – Tennis
Van der Breggen Anna (The Netheralands) – Cycling
Vonn Lindsay (USA) – Alpine ski
Williams Serena (USA) Tennis

Best Male Athlete 2020
Alaphilippe Julian (France) – Cycling
Boe Johannes Tignes (Norway) – Biathlon
Cheptegei Joshua (Uganda) – Athletics
Djokovic Novak (Serbia) – Tennis
Duplantis Armand (Sweden) – Athletics
Fati Ansu (Spain) – Football
Hamilton Lewis (UK) – Formula 1
James LeBron (USA) – Basketball
Kilde Alexander Aamodt (Norway) – Alpine skiing
Lewandowski Robert (Poland) – Football
Nadal Rafael (Spain) – Tennis
Nielsen Sverri (Denmark) – Rowing
Pogačar Tadej (Slovenia) – Cycling
Prskavec Jiří (Czech Republic) – Canoeing
Ronaldo Cristiano (Portugal) – Football
Thiem Dominic (Austria) – Tennis
Thomas Justin (USA) – Golf
Tsitsipas Stefanos (Greece) – Tennis
Vetter Johannes (Germany) – Athletics
Warholm Karsten (Norway) – Athletics

Best Team of 2020 
Bobteam Friedrich (Germany) – Bobsleigh
FC Bayern Munich (Germany) – Football
German Eight (Germany) – Rowing
Liverpool FC (Great Britain) – Football
Los Angeles Lakers (USA) – Basketball
Men’s K1 Team (France) –  Canoe-Kayak Slalom
Mercedes-AMG Petronas F1 Team (Germany) – Formula 1
Norway Biathlon Team (Female) (Norway) – Biathlon
Norway Biathlon Team (Male) (Norway) – Biathlon
Spanish National Handball Team (Spain) – Handball
Switzerland Alpine Ski National Team (Switzerland) – Alpine Skiing
Timea Babos & Christina Mladenovich (Hungary) – Tennis

●国際スポーツプレス協会の当該ニュースサイト

ベルギーは自転車レース断行…世界のスポーツイベントはいま

世界各国のスポーツジャーナリストで構成された団体、国際スポーツプレス協会(AIPS)は、急速に広がる新型コロナウイルス(COVID-19)が世界中のスポーツイベントにどのような影響を与えているかを定期的に更新している。

国際スポーツプレス協会のホームページでは世界各国のスポーツ大会の情勢がアップデートされる

大会のキャンセルから延期、無観客試合まで2020年のスポーツカレンダーは新型コロナウイルスのために大きな打撃を受けている。東京五輪・パラリンピック開催を前に予断を許さない情勢が続く。

アルジェリア
アルジェリアの国内サッカーリーグの試合は無観客開催

アルゼンチン
アルゼンチンでのスポーツイベントは中断されていないが、ヨーロッパと中国からの選手に入国制限を実施

オーストラリア
F1オーストラリアグランプリは、新型コロナウイルスの懸念にもかかわらず開催

オーストリア
オーストリアのアイスホッケーリーグ決勝が中止

ベルギー
スポーツを前進させる意志。ツール・デ・フランドルなどの伝統的な自転車レースを開催へ

カナダ
国際アイスホッケー理事会によりカナダで開催予定だったアイスホッケー女子世界選手権を中止

中国
海南省の三亚市は新型コロナウイルスの発生がなく、2020アジアビーチゲームズ開催へ。スポーツイベントにわずかな希望の光

クロアチア
最大1000人の観客ならスポーツイベントを開催

キプロス
マラソンやサイクリング大会の開催可否は結論が出ず

フランス
サッカーのリーグ1(アン)は無観客試合

ドイツ
各スポーツで別々の対応

英国
スポーツイベントは通常通りの開催

インド
インドの罹患者は56人に増加し、スポーツイベントに影響も

イラン
すべてのイランのスポーツイベントが中止

イタリア
イタリアは4月3日まで検疫を全土に拡張。サッカーを含むすべてのスポーツは中止

日本
主要スポーツの早期中断の後、日本のプロ野球も新シーズンのスタートを遅らせる

ケニア
クリケットのACAアフリカT20カップ、ラグビーのU20バルテストロフィー中止

マレーシア
クアラルンプールでアジアサッカー連盟(AFC)の関係者がFIFAと会談予定。2020年3月と6月に予定されているFIFAワールドカップカタール2022とAFCアジアカップ中国2023アジア予選の状況について話し合う

マルタ
スポーツイベントはキャンセルされないが、屋内イベントの出席者数は750人に制限

モロッコ
新型コロナウイルス症例が発生すると、2つの主要なスポーツイベントに影響

オランダ
ノールブラバンツ州でのスポーツイベントは無期限に延期

パキスタン
イラン、アフガニスタン国境を閉鎖し、カイバー・パクトゥンクワU21大会で6000人の選手を迎える

パラグアイ
国内スポーツ環境に大きな影響なし

ルーマニア
検疫対策として集会に制限を設定

セネガル
バスケットボールアフリカリーグの開幕が延期

韓国
サッカーKリーグと野球が開幕延期。韓国のスポーツは大きな影響を受ける

スペイン
すべてのスペインのスポーツイベントは無観客試合

米国
ニューヨーク・ロードランナーズのNYCハーフが中止

●国際スポーツプレス協会のホームページ