中村輪夢が世界チャンピオン…UCI アーバンサイクリング世界選⼿権

中村輪夢(ウイングアーク 1st)がUAEのアブダビで11⽉13⽇に開催された2022UCIアーバンサイクリング世界選⼿権のBMXフリースタイル・パークで初優勝した。⽇本勢はBMX フラットランドの佐々⽊元と2種⽬で世界チャンピオンになった。⼥⼦フリースタイル・パークの⼤池⽔杜(ビザビ)は8位。

BMXパークの世界チャンピオンになった中村輪夢 ©UCI

「⼈と被らない技」のチョイスがハマった…中村輪夢

アーバンサイクリング世界選⼿権最終⽇の11⽉13⽇、BMX フリースタイル・パーク男⼥決勝が⾏われた。この⼤会から2024パリ五輪の予選を兼ねることになり、気の引き締まる⼀戦。⽇本代表選⼿団は胸にJOC「TEAM JAPAN」 のチームエンブレムをあしらった新ユニフォームで挑んだ。

最初に⾏われた⼥⼦決勝は、14カ国25名の出場者の中から予選を勝ち抜いた12名で⾏われた。予選9位通過の⼤池は、第1グループ・4番⽬に出⾛。1本⽬から「360 X-up」や「バックフリップ」を決めるが、ラスト3秒で転倒。しかしすぐに気持ちを⼊れ直し、2本⽬ではラスト3秒の「テールウィッ プ」までしっかりメイク。75.40ptで納得の8位になった。

中村輪夢が初めてアルカンシエルを獲得した ©JCF

⼤会最終種⽬である男⼦パークは26カ国60名が出場し、予選・準決勝を勝ち抜いた12名で決勝が⾏われた。予選1位通過、準決勝8位通過で決勝へ駒を進めた中村は、1本⽬から完璧なランを披露。「720 バースピンtoノーハンド」「バックフリップ ダブルバースピンtoルックダウン」など繊細なオリジナルコンボトリックで93.80ptを叩き出した。

2本⽬のランは中断したが、1本⽬の⾼得点が最後まで他の追随を許さず、2位と2.30ptの差をつけ⼤会初優勝を決めた。

フラットランドの佐々木とパークの中村で日本勢がそれぞれ初制覇

⼤会では11⽇に⾏われたBMXフラットランド男⼦決勝でも佐々⽊元が悲願の初優勝を飾って いて、BMXフリースタイル2種⽬で同時初優勝という歴史的快挙を成し遂げた。

中村輪夢が世界選手権で跳ぶ ©UCI

中村輪夢のコメント
まだ実感が湧かないですが、⾃分のやりたいことに集中し、出し切って優勝できたことがうれしいです。この⼤会に向け練習してきた「⼈と被らない技」のチョイスがハマったこと、それをしっかり決めたことが勝因と感じます。五輪のことはなるべく考えないようにしていましたが、それでもプレッシャーは感じていたので、まずは勝ててほっとしています。

世界チャンピオンになった瞬間の中村輪夢 ©JCF

⼤池⽔杜のコメント
やっと海外の⼤会で練習の成果が出せました。この⼤会に向けイメージしてきたことを8割出せたことをうれしく思います。今回は戦略的にポイントを上げる構成に⼒を⼊れており、今後に繋がる⼤会になったと思います。次は1本⽬から⾃分らしく乗って、2本⽬でもっと攻める戦い⽅をしたいです。

中村輪夢が全⽇本BMXフリースタイル選⼿権パーク男⼦4連覇

⽇本⾃転⾞競技連盟が主催する第6回全⽇本BMXフリースタイル選手権は、⼤会2⽇⽬となる9月17日に男⼦エリートクラス・パーク種⽬の決勝が行われ、中村輪夢(ウイングアーク 1st)が89.25点で優勝した。

第6回全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で優勝した中村輪夢 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

前⽇の晴天とは⼀転し、曇り空のなか⼤会2⽇⽬がスタート。台⾵14号の影響による降⾬で、キッズカテゴリーが中断する場⾯があったが、男⼦エリートカテゴリーは⾬の影響はなく無事に開催された。

1⼈2回出⾛し、ベストスコアが最終スコアとして採⽤される決勝では、⼤会連覇中であり前⽇の予選を1位で通過した中村が、最初のランで89.25点のトップスコアを獲得。2回⽬のランにて中村を上回るスコアは出ず、中村が⼤会4連覇、⾃⾝5度⽬の⽇本タイトルを獲得した。

2位には2022年からエリートカテゴリーに昇格した15歳の⼩澤楓、3位には2021年2位を獲得していた溝垣丈司が⼊り、表彰台を獲得した。中村の絶対王者としての貫禄の⾛りと、それに続く若⼿次世代の活躍に観客が沸く⼤会となった。

第6回全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で優勝した中村輪夢 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

中村輪夢のコメント
「天候によるスケジュールや、パークコンディションの変更、そしてタイトルのかかる⼤会だけに、気持ちの⾯でのコントロールがタフな⼤会でした。⼤会が途中で中⽌になり、予選の結果が採⽤される場合にも備え、予選から1本ごといいランを意識して、決勝でもしっかり⾛りをまとめタイトルを獲得できてうれしいです。

今年はまだ世界選⼿権が残っているので、初のタイトル獲得に向けて、さらなるトリックの習得に⼒を⼊れていきたいです。今⼤会はたくさんの歓声もうれしかったです。応援ありがとうございました」

第6回全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で優勝した中村輪夢を中央に、左が2位⼩澤楓、右が3位溝垣丈司 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

男⼦エリート結果
優勝:中村輪夢(ウイングアーク 1st)89.25点
2位:⼩澤楓(所属なし)72.62点
3位:溝垣丈司(所属なし)70.75点

⼤池⽔杜が全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で⽇本タイトル奪回

⽇本⾃転⾞競技連盟が主催する第6回全⽇本BMXフリースタイル選手権が9月16日、岡⼭県岡⼭市の下⽯井公園で開幕し、パーク種⽬⼥⼦エリートクラスで⼤池⽔杜(ビザビ)が優勝した。

第6回全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で優勝した⼤池⽔杜を中央に、左が2位内藤寧々、右が3位⽻⼭絆愛 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

全⽇本BMXフリースタイル選⼿権は新型コロナウイルスにより無観客での開催が続いていたが、2年ぶりの有観客開催となり、晴天の中でたくさんのファンに囲まれ初⽇から熱戦が繰り広げられた。台⾵14号接近に伴い急遽スケジュールが変更となり、⼥⼦エリートカテゴリー決勝を1⽇前倒しで行われた。

⼥⼦エリートは前年に最年少で初の全⽇本タイトルを獲得した内藤寧々と、東京オリンピック代表であり、⼤会開催地岡⼭県を拠点に活動する⼤池⽔杜の⼀騎打ちで争われた。

⼤池が得意技にさらなるトリックを加えたタックノーハンド to ターンダウンのコンビネーショントリッ クや、セクションからセクションにラインを変えるトランスファージャンプでもトリックを成功させるなど、これまで⽇本を牽引してきた勝負強さで、2年ぶり5度⽬の全⽇本チャンピオンを獲得した。

前年度王者の内藤は、⼤池の1本⽬のランで出したスコア69.75点に7.5点届かず、⼤会2連覇は叶わなかった。

⼤池⽔杜が第6回全⽇本BMXフリースタイル選⼿権で優勝 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

⼤池⽔杜のコメント
「今年はなんとしてでもタイトルを獲得することに集中して挑みました。予選1本⽬の中盤にバイクトラブルも発⽣し、狙ったライディング構成ができず悔しい気持ちもありますが、勝つこと⼀⼼に最後まで⾛りきれ、⽬標としていた優勝を獲得できたことには満⾜しています。いつもサポートいただいているみなさんの前で⾛れこと、そしていい結果を届けられとてもうれしいです。 オンライン、そして会場でのたくさんの応援、ありがとうございました」

⼥⼦エリート結果
優勝:⼤池⽔杜(ビザビ)69.75点
2位:内藤寧々(第⼀学院⾼)62.25点
3位:⽻⼭絆愛(所属なし)24.75点

中村輪夢がUCI BMXフリースタイルワールドカップでパーク2連覇

UCI BMXフリースタイルワールドカップがフランスのモンペリエで開催され、5⽉29⽇の決勝戦で中村輪夢(ウイングアーク 1st)がパーク優勝、フラットランドで早川起⽣が優勝した。

2022年UCI BMXフリースタイルワールドカップシリーズ第1戦の男子フリースタイル・パークで中村輪夢が2連覇 ©JFBF

ワールドカップシリーズは、今回が2022年の開幕戦で、約2年半ぶりの開催となった。中村はBMXフリースタイルワールドカップ2連勝。

BMXフリースタイル・パークはエントリー79名、うち決勝進出は予選・準決勝を勝ち抜いた12名(うち1名DNS)で決勝が⾏われた。世界的に技のレベルが⼤きく上がる中、5⽉28⽇に⾏われた準決勝から決勝さながらの⽩熱した戦いが繰り広げられていた。

準決勝で中村は、1ラン⽬のミスで追い込まれるも、2ラン⽬でしっかりリカバリーして4位で通過。5⽉29⽇の決勝では1本⽬から今⼤会初出しの「360 テールウィップ to テールウィップ」などビッグトリックを連発。ノーミスで⾛り切り95.30を叩き出し暫定1位に⽴った。

その後、東京五輪⾦メダリストのローガン・マーティン(オーストラリア)やアンソニー・ジャンジャン(フランス)などがそれぞれ圧巻のライディングを披露するもの、最終的には中村が1ラン⽬のポイントを守り切り優勝に輝いた。

中村の優勝は2019年11⽉の中国ワールドカップ以来2度⽬で、UCIワール ドシリーズ2連覇を果たした。

中村輪夢 ©Garth Milan/Red Bull Content Pool

中村輪夢のコメント
「久しぶりに国際⼤会で優勝できて最⾼の気分。今⼤会は、今までの⼤会で⼀番レベルが⾼いと感じた。 ローガンも他の選⼿もいい⾛りをしていたが、その中で⾃分が勝てたことで、今までやってきたことが間違っていなかったと感じることができた。360 テールウィップ to テールウィップは、以前からできていた技だが、今回準決勝でも評価が⾼かったので決勝でも出した。久しぶりに全部⾛り切れてよかった。ワールドカップはまだ始まったばかりなので、今後もいい順位が取れるように頑張ります」

BMX フリースタイル・パーク
優勝=中村輪夢(なかむらりむ / 20 歳 / 京都市 / ウイングアーク 1st 所属)

フラットランド男⼦は早川起⽣が初優勝、⽇本が史上初の表彰台独占

フラットランドの早川起⽣は4⽉に⾏われたX GAMES CHIBA 2022の⾦メダリスト。最も勢いのあるライダーで優勝候補の⼀⼈だった。BMXフラットランドはエントリー31名のうち、予選・準決勝をへて勝ち残った8名 で決勝を戦った。

決勝では、今⼤会のダークホースと⾔われた個⼈参加の荘司ゆうが3番⽬の出⾛でいきなり91.83ptをマークし勢いをつけると、その後、伊藤真⼈が88.83pt、佐々⽊元が90.00ptと荘司に続く⾼得点をマーク。早川の出番を前に、1位から3位を⽇本⼈が独占する状況に。

プレッシャーのかかる早川だったが、持ち前のトリックを惜しみなく出し切り、96.00ptで圧勝した。荘司が2位、ベテラン佐々⽊は3位で今回も表彰台に上がった。FISE WORLD SERIES で⽇本⼈が表彰台を独占するのは史上初。早川、荘司はともに20歳の若⼿ライダーで、今後の活躍に期待が集まる。

早川「初めてのコンテストで緊張もあり予選では7位と焦りもあったが、挽回し優勝できてよかった」
荘司「初めての表彰台、サイコーです!」
佐々⽊「弟⼦の荘司が⾼得点を出したとき、必ず表彰台でお前の隣に⽴つと約束した。路⾯との相性が悪く苦戦したが、約束を果たせてよかった」
伊藤「FISE で初めて決勝に進み、⾃⼰最⾼順位の4位につけることができてとてもうれしい」

BMX フラットランド
優勝=早川起⽣(はやかわきお / 20 歳 / ⻑岡市)初出場・初優勝
2位=荘司ゆう(しょうじゆう / 20 / 松⼾市) ⾃⼰最⾼
3位=佐々⽊元(ささきもと / 37 / 松⼾市 / 鎌ケ⾕巧業)
4位=伊藤真⼈(いとう まさと / 31 / 川⻄市) ※⾃⼰最⾼

丹野夏波がBMXレーシングワールドカップ第2戦U23で3位表彰台

丹野夏波 ©日本自転車競技連盟

中村輪夢連覇、内藤寧々初V…全日本BMXフリースタイル選手権

第5回全日本BMXフリースタイル選手権のパーク種目エリートクラスが9月19日、岡山県岡山市の旧内山下小学校内特設会場で開催され、男子は東京五輪代表の中村輪夢(ウイングアーク 1st)が3年連続4回目、女子は内藤寧々(第一学院高)が初優勝した。

初タイトルを獲得した内藤寧々 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

新型コロナウイルスにより全日本選手権の開催延期や開催地変更が続く中、国内自転車競技で は2021年初となる全日本選手権の開催となった。

エリート男子は12選手が出場 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

第1ラン最下位の中村が第2ランで最高得点をマーク

台風14号の影響によりスケジュールが順延したため、男子の予選は実施せず、エントリーした12選手による決勝のみでの開催となった。決勝は各選手から高難度のトリックが繰り出される中、大会2連覇中の中村は、1ラン目のバイクトラブルにより12位スタート。それでも2ラン目にはミスのないライディングで91.00点を出し、大会3連覇、自身4度目となる日本一のタイトルを獲得した。

中村輪夢のトリック ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「1ラン目でのバイクトラブルは、東京オリンピックでミスをしたトリックと同じだったこともあり、正直焦る気持ちがあった」と中村。

「プランが崩れた状態から2ラン目で各トリックを決められたことは、今シーズンの課題でもあったので満足している。次の国際大会のめどはたっていないが、いつ出番が来ても結果を出せるようにトリックの開発を含めて準備していきたい。最後に無観客開催ではあったが、次の挑戦へ向けたスタートとなる今大会の開催実現に感謝している」

中村輪夢が3年連続4回目の全日本チャンピオンに ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

15歳の内藤が五輪代表大池を僅差で上回った!

女子は、2020年の13−15 歳クラス覇者で、2021年よりエリートカテゴリーへと上がった内藤が、大会4連覇中であり国内シーンを牽引している大池水杜を1.33点上回る得点を出し、女子では最年少となる15歳での国内チャンピオンとなった。

大池は東京オリンピックでメイクできなかった新技「バックフリップ・クロスアップ」に挑戦したが転倒し、スコアを伸ばせず大会連覇がストップした。

BMXフリースタイルパークに参加した女子選手 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

「今大会直前の1週間に実施した合宿で習得に取り組んだトリック、Turn Whip(エアーターン・テイルウィップ)を、前回参戦した大会では失敗してしまったが、今日は2ランともに成功したことがうれしかった」と内藤。

「そしてこれまでエリートカテゴリーを目指してきて、初の全日本でタイトルを取れたことにビックリしている。 次は課題である本番でのパフォーマンス発揮をより磨いて大会で活躍したい」

日本チャンピオンジャージを着る内藤寧々と中村輪夢 ©Naoki Gaman / Japan Cycling Federation

2位の大池は、「自分のミスによる結果のため、悔しい気持ちはあるが、後輩の選手がステップアップしてきたことはうれしい」という。

「2ラン目で勝つための安全なルーティーンを選ぶこともできたが、他のライダーの走りからチカラをもらい、東京オリンピックでできなかったトリックに挑戦することを選んだ。次のパリオリンピックに向けて再出発となるが、負けるつもりはないので練習に励みたい」