ツール・ド・フランスさいたまYouTubeライブ配信はチャンネル変更

J:COM presents 2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが11月6日、さいたま新都心駅周辺で開催され、そのYouTube ライブ配信のチャンネルが、「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム公式YouTubeアカウント」から「J SPORTSサイクルロードレース公式アカウント」に変更された。

2019ツール・ド・フランスさいたま ©Yuzuru SUNADA

■YouTube ライブ配信詳細
アカウント:J SPORTS 公式 YouTube アカウント
配信日時:11 月 6 日(日)12:50~17:30

2022ツール・ド・フランスさいたまのタイムテーブル

ツール・ド・フランスさいたまがYouTubeでライブ配信

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が2022年11月6日、さいたま新都心駅周辺で開催され、そのYouTubeライブ配信の詳細が決まった。

2019ツール・ド・フランスさいたま ©Yuzuru SUNADA

YouTubeでは、クリテリウムメインレースだけでなく、タイムトライアルレースやオープニングセレモニー、国内外の選手紹介の様子も報じられる。

■YouTube ライブ配信
アカウント:大会公式YouTubeアカウント
配信日時:11 月 6 日(日)12:50~17:30

■大会放送・配信予定
J:テレ/ど・ろーかる
11月6日(日)
14:30~17:30
●ホームページ

J SPORTS
(J SPORTS 3/J SPORTS オンデマンド)
11月6日(日)
14:30~17:30
●ホームページ

YouTube ライブ配信
11月6日(日)
12:50~17:30
●ホームページ

●ツール・ド・フランスさいたまのタイムスケジュール

3年ぶり開催のツール・ド・フランスさいたま…前日イベント観覧募集開始

J SPORTSが11月6日に開催される「J:COM presents 2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」を生中継する。動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」でもLIVE配信。レース前日の11月5日には、さいたまクリテリウムに出場する選手たちをゲストに迎えた豪華イベントも開催。J SPORTSオンデマンドでLIVE配信される。

2019ツール・ド・フランスさいたま前夜祭 ©Yuzuru SUNADA

8回目の開催を迎えるさいたまクリテリウムは、世界最大の自転車レース「ツール・ド・フランス」の名を冠してさいたま新都心駅周辺で開催される大会。新型コロナウイルスの影響により2年間開催が見送られたが、3年ぶりに開催される。

ツール・ド・フランスなど世界トップクラスのレースで活躍する選手たちが出場し、1周約3.5kmを17周して優勝を争う「クリテリウムメインレース」を中心に盛りだくさんの内容が予定されている。2022年のツール・ド・フランスで総合優勝を果たしたヨナス・ビンゲゴー(ユンボ・ビスマ)、ツール・ド・フランス史上最多タイ記録となるステージ通算34勝のマーク・カベンディッシュ(クイックステップ・アルファビニル)ら世界トップ選手が出場を予定。

レース前日の11月5日には、J SPORTSによるイベント「2022ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム 前夜祭スペシャル」を3年ぶりに開催。翌日のレースに出場予定の豪華選手を迎え、普段のレース中には見られないような選手の一面が見られる企画だ。イベントにJ SPORTS契約者や、サイクルロードレース優勝予想「サイクル誰クル?」ユーザーを招待。イベントの模様はJ SPORTSオンデマンドでLIVE配信、翌日に録画放送も行う。

2019ツール・ド・フランスさいたま ©Yuzuru SUNADA

2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム前夜祭スペシャル

日時  2022年11月5日(土) 午後5:00~午後6:00(開場 午後4:00)予定
●会場  さいたまスーパーアリーナ(さいたま新都心駅 徒歩3分)
●内容  「J:COM presents 2022 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に出場する選手をゲストに迎えたスペシャルイベント。世界トップ選手によるトークやクイズ大会など、レースでは見られない選手たちの楽しげな表情に注目。 
●イベント進行  栗村修(J SPORTSサイクルロードレース 解説)
谷口廣明(J SPORTSサイクルロードレース 実況)
●出演選手  ヨナス・ビンゲゴー(ユンボ・ビスマ、 2022 ツール・ド・フランス 総合優勝)
  ※ほか追加ゲストは後日発表
●募集人数  250名 予定(1名あるいは2名での参加)
●応募対象者 
・2022年10月にJ SPORTS契約している人
[テレビ視聴者]
上記対象期間中にJ:COMなどCATVでJ SPORTS 4を視聴している人
上記対象期間中にスカパー!でJ SPORTS 4を含む商品を視聴している人
[J SPORTSオンデマンド等配信サービスで視聴している人]
上記対象期間中にJ SPORTSオンデマンド総合パック、 またはサイクルロードレースパック、 
Amazon Prime VideoチャンネルのJ SPORTSを契約している人
応募ページ  https://www.jsports.co.jp/cycle/saitama2022/event/
・サイクルロードレース優勝予想「サイクル誰クル?」にて下記3レースすべてで優勝予想投票に参加した人
  10月6日(木) グラン・ピエモンテ、 10月8日(土) イル・ロンバルディア、 10月9日(日) パリ~トゥール
  応募ページ  https://www.jsports.co.jp/news/1477/
※10月にJ SPORTSを契約し、サイクル誰クル?の3レースの投票に参加している人は各応募ページより計2回応募できる。 
●応募締切   2022年10月16日(日) 午後11:59まで

J SPORTSがグランツール全戦生中継…まずはジロ・デ・イタリア

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)が5月6日に開幕する第105回ジロ・デ・イタリアの全21ステージと、休息日に前週のレースを振り返る休息日TVを生中継する。

2021ジロ・デ・イタリア第11ステージ ©LaPresse

PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」では全21ステージのLIVE配信に加え、現地実況・解説(英語)で全ステージの全行程をスタートからフィニッシュまでLIVE配信。第1ステージはJ:COMと一部のケーブルテレビ局、スカパー!で無料放送、J SPORTSオンデマンドで無料LIVE配信する。

2022年もJ SPORTSはグランツール全戦を生中継

フランスのツール・ド・フランス、スペインのブエルタ・ア・エスパーニャと並び世界三大自転車レース「グランツール」の1つに数えられ、その初戦を飾るのがジロ・デ・イタリア。第105回大会はハンガリーのブダペストで5月6日に開幕を迎える。初夏のイタリアを駆け抜ける「最も美しく、最も過酷なレース」と言われる同レースだが、2022年のコースは総獲得標高が5万1000mを超えるなど近年のグランツールの中でも特に過酷な設定。

山岳比重の高いコースながらも、第2ステージと最終第21ステージに2度設定された個人タイムトライアルが総合優勝の証、マリアローザ争いにおいて重要な役割を果たす。

2021ジロ・デ・イタリア第15ステージ ©Fabio Ferrari/LaPresse

大会には18のワールドチームにプロチーム4つを加えた22チームが出場。2019年総合優勝のリチャル・カラパス(イネオスグレナディアーズ)、 2017年総合優勝のトム・デュムラン(ユンボ・ビスマ)、2013・2016年総合優勝ビンツェンツォ・ニバリ(アスタナカザクスタン)など複数の総合優勝経験者をはじめ、サイモン・イェーツ(イクエクスチェンジ・ジェイコ)やジョアン・アルメイダ(クイックステップ・アルファビニル)など注目選手が多数参戦を予定。イタリア中がピンクに染まる3週間の戦いから目が離せない。

2022年もJ SPORTSはグランツール全戦を生中継。初戦となるジロ・デ・イタリアからツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャまで世界最高峰のロードレースが楽しめる。

サイクル誰クル?の特賞は1日プロデューサー権利

J SPORTSはジロ・デ・イタリアの開幕に合わせて、レース観戦をより楽しめるツールとして優勝予想ができる新サービス「サイクルロードレース優勝予想~サイクル誰クル?~」を開始。「サイクル誰クル?」ではその日の優勝予想に加えてステージレースでは総合優勝、さらにグランツールでは山岳賞、ポイント賞、新人賞など特別賞の予想投票ができ、実際のレース結果に応じたポイントが加算され、ランキングが更新される。

注目選手や好調な選手に投票する、好きな選手や応援している選手に投票する、コース設定や選手の特徴・脚質を研究してランキング上位を目指すなど楽しみ方はさまざま。

サービス開始を記念して、ジロ・デ・イタリアのポイントランキング1位の人にはJ SPORTSのツール・ド・フランス中継の制作現場を体験できる「ツール・ド・フランス 1日プロデューサー権」をプレゼント。ジロ・デ・イタリア以降もツール・ド・フランスやブエルタ・ア・エスパーニャなどJ SPORTSで生中継するレースを対象にシーズンを通して予想投票できるので、J SPORTSのサイクルロードレース特集サイトの注目選手情報や、レース詳細ページをチェックしながら優勝予想に挑戦してみよう。

5月5日(木・祝)にお届けする「月チャリ~#jspocycle NEWS~ ジロ・デ・イタリア開幕直前SP」番組内では「サイクル誰クル?」の楽しみ方も紹介。

サイクルロードレース優勝予想~サイクル誰クル?~
サービス開始:  5月2日(月) 午後0:00~
●サイクル誰クル?の詳細ページ

Cycle*2022 ジロ・デ・イタリア 放送・配信スケジュール

J SPORTSがグランツール、世界選手権、モニュメント4大会放送

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)がサイクルロードレース2022シーズン海外主要レースの中継ラインアップを決定した。2021年に引き続きツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアブエルタ・ア・エスパーニャのグランツール全戦をはじめ、UCI世界選手権ロードレースやモニュメント4レースなど、UCIワールドツアーを中心に放送する。

2021ツール・ド・フランス第19ステージ©A.S.O. Charly Lopez

これらのレースは放送に加え、パソコン、スマホ、タブレットで見られる動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」でも配信する。

春先から伝統のクラシックレースなどを継続放送

J SPORTSは2月1日に開幕するサウジツアーから2022シーズンのサイクルロードレース中継を開始。2月20日に開幕するワールドツアー初戦のUAEツアーも新たにラインアップに加わり、欧州のロードレースが本格開幕を迎える3月にはツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリア参戦予定の選手が多く集うパリ~ニースやティレーノ~アドリアティコ、モニュメント初戦のミラノ~サンレモなど注目レースを放送。

アシストのジョナタン・カストロビエホに叱咤されながらゴールを目指すマリアローザのベルナル ©POOL Bettini/LaPresse

ロードレースファンが熱狂するパリ~ルーベなど春のクラシックレースのシーズンが終わると5月6日にはグランツール初戦ジロ・デ・イタリアが開幕。J SPORTSでは2022年もジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャ、全グランツール全21ステージを生中継&LIVE配信。

新設された女性版ツール・ド・フランスもライブ放送予定

さらに2022年に新設される女性版のツール・ド・フランス「ツール・ド・フランス・ファム」もLIVE中継を予定。グランツール最終戦ブエルタ・ア・エスパーニャの閉幕後もUCI世界選手権ロードレースやモニュメント最終戦のイルロンバルディアを含む秋のクラシックレースなど シーズンを通じてハイレベルなレースを放送。

レース中継以外にも栗村修氏、サッシャ氏の“我らファミリー”が送るサイクルロードレース情報番組「我らワールドのサイクルロードレース観戦塾」やワールドツアーを中心にレースのプレビュー、レビューを行う「月チャリ~#jspocycle NEWS~」も引き続き放送、配信。

クリックすると拡大します

2022シーズン開幕直前の1月21日(金)には「月チャリ~#jspocycle NEWS~ 特別編 2022シーズン予習SP!」と題した開幕特番も予定している。選手の移籍状況のおさらいやチーム名の変更、2022シーズンの展望をおなじみの実況解説陣がLIVEで解説。2022年も激闘が予想されるグランツールやモニュメントをはじめとするクラシックレースなど、シーズン開幕前に注目レースをチェックできる番組となっている。

●J SPORTSサイクルロードレース特集サイト