J SPORTSがツール・ド・フランス全21区間独占生中継&配信

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は、6月26日に開幕する第108回ツール・ド・フランスを全21ステージ独占生中継する。PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」でも全21ステージLIVE配信。

J SPORTSオンデマンドでは会員限定サービスとして、複数の映像を自由に選択して視聴可能なマルチカメラ配信と、スタートからフィニッシュまでの全行程を現地実況・解説(英語)で聞ける番組を楽しめる。

開幕日26日の第1ステージはJ:COMと一部のケーブルテレビ局、スカパー!で無料放送。さらにJ SPORTSオンデマンドの会員無料LIVE配信に加えYouTube、ニコニコ生放送でも無料LIVE配信する。そして2021年は4年ぶりに「休息日TV」が復活。期間中2回の休息日に前週のレースを60分で振り返る。

7月4日はスカパー!での放送およびJ SPORTSオンデマンドの第9ステージが無料となる。

2021年のツール・ド・フランスは東京五輪の影響により通常より1週間早い6月26日に自転車が盛んなブルターニュ地方ブレストで開幕。大会第1週でアルプス山脈、第2週から第3週にかけてピレネー山脈へと進んでいき、7月18日にパリ シャンゼリゼでフィニッシュ。

大会最大の目玉と言われるのが第11ステージ。「プロバンスの巨人」と呼ばれる難峠モンバントゥーを2度登ってから下ってフィニッシュする過酷なレイアウトとなっている。第15ステージは大会最高峰の標高2408mのエンバリラ峠を経てアンドラへフィニッシュするクイーンステージ。17、18ステージと山頂フィニッシュが続き、第20ステージ、平坦基調31kmの個人タイムトライアルでマイヨジョーヌ争いは最終決戦を迎える。

大会の出場チームは19のワールドチームに4チームを加えた23チーム。マイヨジョーヌ争い最有力候補は現役最強オールラウンダーとの呼び声も高いプリモシュ・ログリッチ(ユンボ・ビスマ)。 2020年は惜しくもマイヨジョーヌを逃したものの、その後開催されたブエルタ・ア・エスパーニャで連覇を達成。高いチーム力を武器に2020年の雪辱を狙う。

2020年にまさかの逆転劇で世界を沸かせたタデイ・ポガチャル(UAEエミレーツ)とのスロベニア対決に注目。最強のチーム力で大会に臨むのはイネオス・グレナディアス。グランツール覇者複数名体制で2年ぶりのツール・ド・フランス制覇に挑む。 

2021年はさらにA.S.O.主催の女子レース、ラクルスもツール・ド・フランス第1ステージの直前に生中継&LIVE配信。ハイレベルな戦いが繰り広げられる女子レースも合わせて視聴しよう。 

主催者A.S.O.が「最後までサスペンスが続く」と自信を見せる2021年大会。休息日まで含め3週間毎日たっぷりと世界最高峰のレースを楽しめる。

●J SPORTSツール・ド・フランス特集サイト

4年ぶりに「休息日TV」が復活

2021年のツール・ド・フランス中継では要望に応え、4年ぶりに「休息日TV」が復活。ツール・ド・フランスは楽しみたいけれど毎日長時間の中継を視聴するのは難しい、注目のステージを見逃してしまった、そんな人も休息日に前週のレースを60分で振り返る「休息日TV」を見るだけでその週のトピックやフィニッシュシーンをチェックできる。

また閉幕日7月18日の翌日19日には「休息日TV 月チャリと合体!夏祭SP!!」を生中継。お馴染みの解説・実況陣がそろってツール・ド・フランス第3週はもちろん、春のクラシックやジロ・デ・イタリアなどサイクルロードレース2021シーズン上半期を一気に振り返る。

キャノンデール、ビアンキとJ SPORTSがコラボ

コロナ禍が続き仲間同士で集まって楽しむ機会が少ない時間が続いているが、そんな中でもツール・ド・フランスが好き、ロードバイクが好きな仲間同士で楽しんでもらいたいという思いから自転車メーカーのキャノンデール、ビアンキとJ SPORTSがコラボレーション。スペシャル番組「【中継前に一緒に盛り上がろう!】Cannondale / Bianchi Night 2021 ツール・ド・フランス」をツール・ド・フランス期間中の中継が始まる前の1時間、YouTubeのJ SPORTSチャンネルで無料配信。

「Cannondale Night」ではキャノンデールのバイクに乗る人やキャノンデールがサポートするEFエデュケーションNIPPOのファン、「Bianchi Night」ではビアンキのバイクに乗る人やビアンキがサポートするバイクエクスチェンジのファンに特に楽しめるようなトークを中心に、実車を用いたバイク紹介など普段の中継とはひと味違う情報をレース映像と一緒にお届け。

YouTubeのチャット機能を使ったファン同士のコミュニケーションも取れるので、両ブランドのファンはもちろん、ロードバイクは好きでも普段ロードレースは見ないという人も誘って自転車好きの仲間同士で中継前に一緒に盛り上がろう。

●YouTube J SPORTSチャンネル

ツール・ド・フランス公認カフェ@TOKYOが2021年も期間限定オープン

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)が第108回ツール・ド・フランスの放送・配信にあわせ、3度目となるツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFE@TOKYO 」を東京・渋谷に期間限定でオープンさせる。

2019年のツール・ド・フランスカフェ @J SPORTS

2019年の国内初の試み以来好評のツール・ド・フランス公認カフェ「Tour de France CAFÉ@TOKYO」のオープンが2021年も決定した。入口の物販スペースではツール・ド・フランスのオフィシャルグッズや日本限定グッズ、出場チームのオフィシャルグッズを販売。日本では入手が難しいグッズの数々は、J SPORTSオンラインショップでも販売するものだ。

2021年はツール・ド・フランスにちなんだオリジナルフードとドリンクも楽しめる。オリジナルメニューの情報は追って特設サイトで公開。一部商品はテイクアウト可。
●特設サイト

Tour de France CAFÉ@TOKYO
場所:サイクルカフェ&ダイニングTORQUE SPICE & HERB, TABLE & COURT
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷3丁目21-3 渋谷ストリーム4階
期間:6月21日(月)~7月19日(月)
営業時間:午前11:00~午後8:00(FOOD ・ DRINK L.O.午後7:00)
緊急事態宣言・まん延防止等重点措置等により営業時間が変更になる場合も

J-WAVEとJ SPORTSがコラボ…グランツールを音で伝えるPODCAST

ラジオ局のJ-WAVE(81.3FM)と、国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局J SPORTSがコラボレーションする。世界3大ロードレースといわれるグランツールの魅力を音で伝えるPODCASTを5月7日からSPINEARで配信開始していく。

サッシャ

両局が共同制作するのは、ジロ・デ・イタリア、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャの魅力を音で伝えるポッドキャスト「GRAND TOUR QUESTIONS」。J-WAVEのインターネットオーディオ事業を担うJAVEによるデジタル音声コンテンツ配信サービス「SPINEAR」で配信する。 

GRAND TOUR QUESTIONSでは、J-WAVEで毎週月曜~木曜9:00~13:00に放送中の番組「STEP ONE」ナビゲーターで、J SPORTSのサイクルロードレース中継実況でもお馴染みのサッシャによるナビゲートのもと、グランツール全戦を中継するJ SPORTSからレースに詳しい各エキスパートが登場し、世界最高峰の戦いの魅力を新たな角度からお届けしようというもの。 

ポッドキャストは、グランツールそれぞれの期間にあわせて配信。5月に特集するのは、5月8日からおよそ3週間にわたり、イタリア全土を舞台に行われるジロ・デ・イタリア。5月7日の初回配信では、J SPORTSの中継解説でお馴染みの栗村修(一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役)が同レースの魅力を解説。おさえておきたいキーワードや注目の選手まで、初心者から観戦常連まで楽しめる内容となっている。毎週金曜日に新エピソードを配信予定。

■初回配信日時
2021年5月7日(金)18:00予定
※以降、 配信スケジュール

5月「ジロ・デ・イタリア」特集
配信日:5月7日(金)、 5月14日(金)、 5月21日(金)

6月・7月「ツール・ド・フランス」特集
配信日:後日発表

8月・9月「ブエルタ・ア・エスパーニャ」特集
配信日:後日発表

●配信ページ

帰ってきたジロ・デ・イタリア…J SPORTSオンデマンド完全LIVE配信

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、J SPORTSは5月8日に開幕する第104回ジロ・デ・イタリアを全21ステージ生中継する。PC、スマホ、タブレットで見られる 「J SPORTSオンデマンド」ではスタートからフィニッシュまで現地実況・解説(英語)で全ステージ、全行程をLIVE配信。開幕日となる8日の第1ステージはJ:COMや一部のケーブルテレビ局、スカパー!で無料放送。

2020ジロ・デ・イタリア、ミラノ大聖堂前でマリアローザを着用したタオ・ゲイガンハート ©Fabio Ferrari/LaPresse

フランスのツール・ド・フランス、スペインのブエルタ・ア・エスパーニャと並ぶグランツールのひとつで、イタリア全土をピンクに染めるバラ色のレース、ジロ・デ・イタリア。 2020年は新型コロナウイルスの影響により10月に延期開催となったが、2021年は例年通り初夏のイタリアを駆け抜けるレースとして、イタリア統一160周年を記念して北西部のピエモンテ州トリノで5月8日に開幕を迎える。

ジロ・デ・イタリアはグランツールの中で最も過酷なレースと言われ、第11ステージにはストラーデビアンケで使用される未舗装路の砂利道区間が登場。第14ステージ魔の山ゾンコランの山頂フィニッシュを皮切りに山岳争いが本格化。最難関と言われる第16ステージは終盤に標高2239m、チマコッピ(大会最標高地点)のポルドイ峠を含む2000m超の3峠が登場。たたみかけるように第17、第19、第20ステージと最終週に3つの1級山頂フィニッシュが組み込まれた。

クリックすると拡大します

最終決戦の舞台はミラノで行われる個人タイムトライアル。過去4大会のうちの3大会で最終日のタイムトライアルでの総合首位交代劇が起きているので、2021年も最後の最後まで勝負の行方が分からないコース設定となっている。

2021ジロ・デ・イタリアにベルナル、バルデ…暫定リスト発表

大会の出場チームは19のワールドチームに4チームを加えた23チーム。2019年のツール・ド・フランス総合優勝者エガン・ベルナルに加え、2020年タイムトライアルで圧倒的な強さを見せたフィリッポ・ガンナが出場予定のイネオス・グレナディアスに注目。

J SPORTSでは5年ぶりにグランツール全戦を全ステージ生中継する。 5月から9月まで5カ月間毎月グランツールを視聴できるスケジュールとなっているので、初戦となるジロ・デ・イタリアからツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャまで世界最高峰のロードレースが楽しめる。

ツール・ド・フランスは通常より1週間早い6月26日開幕

東京五輪の影響により通常より1週間早い6月26日に開幕する108回目のツール・ド・フランス。2021年大会の開幕を前に、2020年8月29日から9月20日にかけて開催された第107回ツール・ド・フランスを5月5日よりスカパー!で全21ステージ無料一挙再放送する。またJ SPORTSオンデマンドでも同日より会員無料で一挙再配信する。2021年大会の開幕前に、新型コロナウイルスに苦しむスポーツ界に大きな希望の光をもたらした3週間の熱いドラマをもう一度。

●J SPORTSジロ・デ・イタリア特集サイト
ジロ・デ・イタリア公式サイト
🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集サイト

J SPORTSがジロ・デ・イタリア含めグランツール生中継&LIVE配信

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、ジェイ・スポーツ(J SPORTS)は2021シーズン、ツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャにジロ・デ・イタリアを加えたグランツール全戦を全ステージ生中継する。またPC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でもLIVE配信する。

J SPORTSは2021年1月に発表した放送・配信ラインナップにツール・ド・フランス、ブエルタ・ア・エスパーニャと並んでグランツールの1つに数えられるジロ・デ・イタリアや、クラシックレースの中でも特に古い歴史があり、格式高くモニュメントと呼ばれるレース、ミラノ~サンレモ、イル・ロンバルディアなど7レースを新たに追加した。

新たなレースが追加されたことによりモニュメントは4レース、そして2016年以来5年振りとなるグランツール全戦、全ステージの生中継&LIVE配信が実現する。春はモニュメント3レースを含む春のクラシックレースや総合系の活躍が注目されるステージレースにグランツール初戦となるジロ・デ・イタリア、夏には世界最大にして最高峰のレース、ツール・ド・フランスにグランツール最終戦のブエルタ・ア・エスパーニャ、秋にはクライマーズクラシックと呼ばれるモニュメントレースのイル・ロンバルディアをはじめとするワンデーレースと世界トップレベルのレースを年間通して放送する。

J SPORTSサイクルロードレース中継 実況・解説陣コメント
「私たちも再びジロ・デ・イタリアを中継できることが、そして3大グランツールをすべて中継できることが非常にうれしく、またこれらのレースを解説、実況できることを光栄に思います。ジロ・デ・イタリアはグランツール最初のレースということで、各チームの3週間の走りを見ることのできるシーズンにおいて欠かせないレースです。私たちも5年振りにお届けするジロ・デ・イタリアを楽しみにしています。一緒にレースを盛り上げていきましょう」
<Cycle*2021 月チャリ~#jspocycle NEWS~【緊急編成】新シーズンのレース中継カレンダー予習SP!!!!!!!>より引用
●J SPORTSオンデマンドで無料見逃し配信中

3月の自転車ロードレース配信予定

ヨーロッパでサイクルロードレースシーズンが本格スタートする3月は5つのレースを放送。イタリア語で「白の道」という意を持つワンデーレース、ストラーデ・ビアンケはコースの約3割におよぶ未舗装路に獲得標高差は3000mを超える過酷なレース。シクロクロス巧者に有利と言われ、2021年のシクロクロス世界選手権で壮絶な優勝争いを繰り広げた現世界王者マチュー・ファンデルプール(アルペシン・フェニックス)と、昨シーズン怪我から復帰し大活躍をした元世界王者ワウト・ファンアールト(ユンボ・ビスマ)の因縁の対決から目が離せない。

フランスを駆け抜けるその様子から「ミニツール・ド・フランス」とも呼ばれるパリ~ニースはかつて多くのツール・ド・フランス王者を生み出してきた他、このレースでいい成績を修めた選手はその後のシーズンでも輝かしい成績を残すと言われており、これから始まるシーズンを占う上で見逃すことのできないレース。

クリックすると拡大します

ワンデークラシックレースの中でも特に古い歴史と格式を誇る5つのモニュメントレースのうち最初に開催されるミラノ~サンレモ。名前の通りミラノからサンレモまでを走るレースの総距離はワンデーレースの中でも最長の約300km。過酷な耐久レースを舞台に繰り広げられる世界最高峰のパンチャーとスプリンターの決戦に注目。

グランツールを見すえた選手が集うティレーノ~アドリアティコ、ボルタ・ア・カタルーニャも見逃せない。J SPORTSでは全レース、全ステージを生中継&LIVE配信、またパリ~ニースとボルタ・ア・カタルーニャの第1ステージは無料でお届けする。

3月以降の自転車ロードレース配信予定

クリックすると拡大します

バーチャルツール・ド・フランス全6ステージをJ SPORTSがLIVE配信

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、J SPORTSは、7月4日から3週連続で週末に開催される世界最大級のバーチャルサイクルロードレース『バーチャルツール・ド・フランス』の生中継を決定した。PC、スマホ、タブレットで見られる「J SPORTSオンデマンド」でも放送同様にLIVE配信する。1週目の7月4日、5日は放送、配信ともに無料。

世界最大のサイクルロードレース、ツール・ド・フランスは当初6月27日~7月19日に開催される予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響を受けて、8月29日~9月20日に延期された。

これを受け、毎年レースが開催されている7月にインドアトレーナーZwiftを用いたバーチャルレースが大会史上初めて開催されることになった。

バーチャルレースは選手たちの体重や出力を計算し仮想空間で大会を行うもの。今大会使用するZwiftはドラフティングによる空気抵抗の軽減が反映されるためリアリティのあるレース展開に期待できる。さらにツール・ド・フランスお馴染みの4賞ジャージも設定されているので今大会ならではの駆け引きにも注目。

ベルナル、アラフィリップ、フルームが参戦

大会にはUCIワールドチーム17チームを含む23の男子プロチームと17の女子プロチームがエントリー。2019年ツール・ド・フランスを総合優勝したエガン・ベルナルや、2019年に14日間マイヨジョーヌを着用し大活躍したジュリアン・アラフィリップ、過去4大会での総合優勝を誇るクリストファー・フルームといったツール・ド・フランスでもお馴染みの世界のトップ選手たちが出場を予定している。

スプリンターの活躍が期待される平坦ステージ、丘陵ステージ、クライマー同士の激しいバトルが見どころの山岳ステージを含む6つのステージが用意され、最初に女子レース、続いて男子レースが開催される。

ツール・ド・フランスを全ステージ生中継するJ SPORTSは、注目の今大会も全6ステージを男子レース、女子レースともに生中継/LIVE配信で届ける。毎年7月にはツール・ド・フランスが欠かせないというツールファンは、8月29日の開幕を待つ間、このツール・ド・フランス史上初の試みをぜひJ SPORTSとJ SPORTSオンデマンドで楽しもう。

バーチャルツール・ド・フランス配信


また7月2日から7月31日にかけては記念すべき第100回大会、2013年のツール・ド・フランス全21ステージの再放送、再配信も予定している。波乱の幕開けから新王者が誕生するまでの3週間のドラマも合わせて視聴したい。

第100回ツール・ド・フランスの再放送

●J SPORTSのホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。