スポーツバイク販売店スタッフ対象の℮ラーニング開催

一般社団法人自転車協会が第9回となるSBAA PLUS新規資格取得講習2022のエントリーを2022年4月22日(金)から5月8日(日)まで行う。受講は2022年5月17日(火)~5月31日(火)、試験は2022年6月2日(水)~2022年6月9日(木)に開催する。

自転車協会では、安全・安心なスポーツ用自転車の供給販売を通してスポー ツ用自転車市場の健全な発展を目的としたSBAAマーク制度を2007年よりスタートした。2022年4月1日現在、SBAA PLUS資格者800名が在籍する店舗は全国45都道府県にあり、206社が特別賛助会員として参加する。

この制度は、スポーツ用自転車を取り扱う販売事業者で一定の資格要件を満たし、かつ同会主催の講習会修了後試験に合格し、特別賛助会員に入会した場合にSBAA PLUSの資格(SBAA PLUSマークを貼付できること)が取得できる制度。今回で9回目の開催となる。スポーツ用自転車の安全で安心 な利用を消費者に正しく理解してもらい、その楽しみを伝える担い手となる人材にとって必要な資格だ。

2021年5月に閣議決定された「第2次自転車活用推進計画」では、身体に合った自転車選びをアドバイスする人材としてSBAA PLUS認定者が取り上げられ、自転車協会では国も推奨している認定資格制度としての普及の波をさらに広げていくため、認知拡大や資格の魅力・価値の向上を図る施策を実施。

9回目となる新規資格取得のための講習・試験を、インターネットを活用した学習形態であるeラーニングを採用し、全国どこからでも受講することができるようにした。

●SBAAのホームページ

自転車店員対象のSBAAオフロードバイクディーラー サミットは中部へ

一般社団法人自転車協会は、12月7日と8日は中部で、2022年1月19日は関西で、SBAA PLUS 認定者と一般自転車販売店店員向けの試乗ができる学習会、「SBAAオフロードバイクディーラーサミット2021-22」を開催する。

中部会場は内容充実の学習コンテンツ

ライディングスクール(各回定員20名を予定)
プロライダーによる顧客向けワンポイントアドバイス(初心者向け基礎ライド含む)レッスン。

座学講座(各回定員20名を予定)
座学① 流行中のいま必要な学習 成功するためのe-Bikeビジネス
満員御礼の人気講座・第2弾。国内外のe-Bike事情に精通するジャーナリストが、最新の国内e-Bike事情や今後の展望、e-Bike販売のポイントなどを伝える。

座学② オフロードバイク販売スキルとレース&イベントの活用
現役の選手でもあり店長も務める講師が、多種多様なオフロードバイクの違いや、オフロードバイクを商売に取り入れるために必要な心構え、ロードバイクビジネスとの違い、顧客への案内方法を紹介。
中部会場では、沢田時(TEAM BRIDGESTONE Cycling)をゲスト講師に迎え、野中秀樹と国内レース&イベント&フィールド情報オフロードレース最新事情を届ける。

座学③ ディスクブレーキ整備講習
現在、油圧式、機械式ともにオフロードバイクだけでなくe-Bikeや通勤&通学のクロスバイクなど多岐なモデルに採用されるディスクブレーキの技術講習は自転車販売店で働くスタッフにとって必須の学習内容。

座学④ ケルヒャー洗車体験講習
昨今、自転車店の有料サービスとして注目を集める「洗車」ビジネス、世界最王手の清掃機器専業メーカーであるケルヒャーからスポーツ自転車に精通する講師を迎え、洗車機を使った効率がよく顧客満足度の高い洗車技術をレクチャー、洗車体験も実施。

<ライディングスクール講師紹介>
井手川直樹(イデガワナオキ)
国内・海外で活躍中のプロマウンテンバイクライダー。全日本選手権、アジア選手権、Red Bull Holy Rideなどでの優勝経験も豊富。現在はプロとしてダウンヒルレースに出場するだけでなく、チーム運営、イベント運営、製品企画・アドバイス、普及活動、スクールなども行っている。UCI公認MTBコーチ。

井手川直樹(左)と小笠原崇裕

小笠原崇裕(オガサワラタカヒロ)
幼少期から自転車競技で活躍し、プロMTB選手として、グローバルチームでの活動経験もあり、ワールドカップや世界選手権などにも多数出場。現在も選手としてレースを転戦しつつ、JCFナショナルチームのコーチや各種スクールで指導を行っている。UCI公認MTBコーチ、(公財)日本スポーツ協会公認自転車コーチ、日本ろう自転車競技協会ナショナルチーム監督(MTB/ロード)。

<座学講師紹介>
難波賢二(ナンバケンジ)
国際派自転車ジャーナリスト。自転車トレンド全般に詳しく、e-Bike黎明期より世界での動向を取材し続けている。世界の自転車業界に強いコネクションを持ち、MTBの始祖ゲイリー・フィッシャーの結婚式にアジアから唯一招待された人物として知られる。日本バイシクルオブ・ザ・イヤー選考委員。

野中秀樹(ノナカヒデキ)
ホダカ株式会社に勤務。「ホダカファクトリーレーシング」でオフロードレースを中心に全国を転戦しながら、現在は直営店の店長も務めている。現役のレーサー活動の経験をリアルタイムで売り場に活かしている。

シマノ
シマノセールスより担当者によるディスクブレーキに関するメカニック講習。油圧式、機械式のメンテナンス、工場出荷七部組からの組み立て時の注意点などを実技とスライドプレゼンテーションで伝える。

ケルヒャー
ケルヒャーはドイツに本社を置く清掃機器専業メーカー。業務用の清掃機器から家庭用まで幅広いラインナップを持つ企業。日本では黄色のイメージカラーをまとった高圧洗浄機が有名。プロの現場で培った清掃ノウハウを活かした製品を生み出し、特に家庭用の高圧洗浄機は一般家庭での外壁、洗車、自転車清掃などで使用されている。今回は自転車清掃をテーマに、誰でも簡単に高圧洗浄機で最適な清掃方法を伝える。*洗車講座は中部会場限定

<ゲストライダー講師紹介>
沢田時(サワダトキ)
TEAM BRIDGESTONE Cycling
1994年生・滋賀県出身チーム加入年度:2012年(当時はチームブリヂストンアンカー)
活動種目:マウンテンバイククロスカントリー、シクロクロス、ロード
2020年
全日本選手権マウンテンバイクXCO3位
全日本選手権シクロクロス優勝
2021年
全日本選手権マウンテンバイクXCC優勝
全日本選手権マウンテンバイクXCO優勝
第55回経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ JBCF南魚沼ロードレース2位

沢田時

品川真寛(シナガワマサヒロ)
MERIDA X BASE Manager
2003年 プロ選手生活スタート
2004年 ロードレース全日本選手権U23クラス優勝
2007年 スキル・シマノ時代 パリ~ルーベ日本人初出場
2017年 MTB全日本選手権マスターズ 1位
2018年 MTB全日本選手権マスターズ 1位
2019年 Coupe du Japonシリーズランキング マスターズクラス1位
救急救命 上級救命講習 受講

山田将輝(ヤマダマサキ)
MERIDA X BASE
2014年 南京ユースオリンピック出場
2014年 アジアMTB選手権ジュニアクラス3位
2015年 アジアMTB選手権ジュニアクラス3位
2017-18年 MIYATA-MERIDA BIKING TEAM所属全日本選手権U23 3位
救急救命 上級救命講習 受講

MC紹介
綾川ゆんまお(アヤカワユンマオ)
コスプレイヤーとして活動中にスカウトされ、タレントに転身。
元祖コスプレタレント、日本メイド協会理事でアニメ・マンガ、ロードバイクが大好き。
「ミラクルサイクルライフ」、「なんでも鑑定団」など国内外のラジオやTV、雑誌、Webなどの媒体をはじめさまざまなイベントで活動中。日本が誇るオタク文化とコスプレの楽しさを世界中に広めるべくグローバルに奮闘中。

コスプレイヤーの綾川ゆんまお

SBAAオフロードバイクディーラーサミットが3会場で開催

「SBAAオフロードバイクディーラーサミット2021-22」が11月17日(水)に関東で、12月7日(火)と12月8日(水)は中部で、2022年1月19日(水)は関西で、SBAA PLUS認定者(自転車協会の特別賛助会員)と一般自転車販売店のスタッフ向けに開催される。試乗ができる学習会で、一般社団法人自転車協会が主催。

SBAA PLUS認定者とは、同会主催のSBAA PLUS資格取得講習会を受講し、試験に合格した人で、スポーツ用自転車販売に欠かせない豊富な経験・高い知識と技量を兼ね備えたスポーツ 用自転車のトータルアドバイザー”としての活躍が期待されている。

プログラムは、MTB、オフロード向けeバイク(eMTB 含む)、シクロクロスバイク、グラベルバイクなどの合同試乗会と、プロライダーによるライディングスクール、MTBビジネスの心 構えやロードバイクビジネスとの違い、eバイク販売のポイントなどを紹介する座学講習。試乗会のみ、座学のみ、ブース視察のみの参加も可能。自転車販売店にMTBを中心としたオフロードバイクの魅力を感じてもらい、貴重な学習の機会として活用してもらうことがねらい。

SBAAオフロードバイクディーラーサミット2021-22

【関東会場】
栃木県宇都宮市ろまんちっく村もくもくの森MTB特設コース
栃木県宇都宮市新里町1667-2
2021年11月17日(水)9時~15時
雨天決行
エントリー締切日:11月12日(金)

【中部会場】
静岡県伊豆の国市・狩野川河川敷のMTB特設コース
静岡県伊豆の国市田京195-2 道の駅『伊豆のへそ』近く
2021年12月7日(火)・8日(水)9時~15時
雨天決行
エントリー締切日:12月3日(金)

【関西会場】
大阪府河内長野市・プラザ阪下
大阪府河内長野市末広町4-1
2022年1月19日(水) 9時~15時
雨天決行
エントリー締切日:2022年1月14日(金)

参加対象:
(1)SBAA PLUS認定者
(2)BAAアドバイザー
(3)その他の自転車販売店勤務者
(4)地方自治体(MTBフィールドで自転車活用を検討中の関係者)

料金:一般入場料料3000円(エントリーサイトで招待コードを記入すると無料)

自転車ショップはコロナ禍の移動手段を支援…事故増には警鐘

一般社団法人自転車協会が「緊急事態宣言発出による自転車販売店の状況と自転車利用時のお願い」を同協会ホームページに掲載した。加盟する自転車販売店が感染対策を実施しつつ、有効な移動手段となる自転車の販売や整備のために営業すること、利用者増による交通事故を抑えるために交通ルールとマナー遵守を呼びかけた。

新型コロナウイルスの感染は全国的に急激に拡大し、8月7日現在6都府県に「緊急事態宣言」、13道府県に「まん延防止等重点措置」が政府より発令され、先行きが不透明な状況に直面している。

不要不急の外出は自粛するようにと国や各自治体から要請が出ている状況だが、日常の買い物、通勤や通学、健康維持のための屋外での運動など外出が必要な場合もある。

その際、人との密を避けるための有効な移動手段として、自転車を新規に購入する場合や手持ちの自転車をメンテナンスして使用するなど、消費者のニーズに対応すべく、自転車販売店は来店者の感染リスクを最低限に抑えるような手段を講じたうえで営業を続けている。

「自転車でお困りの際は最寄りの自転車販売店にお気軽にご相談ください」と同協会。

一方、近年の自転車ブームに加えてコロナ禍による自転車利用者の急増で、事故も増加している状況だ。

「すべての自転車利用者におかれましては、自転車は道路交通法上の軽車両であるということを認識いただき、ルールとマナーの遵守をお願いするとともに、怪我をすることでひっ迫する医療機関に負担をかけないよう、乗車時にはヘルメットの着用、熱中症予防など安全への十分な配慮を重ねてお願いいたします」(同協会)

協会では、スポーツサイクル専門店のスタッフ(SBAA PLUS認定者)を対象にeラーニング形式でコロナ感染予防対策に特化した「SBAA PLUSブラッシュアップ講習」を実施している。2021年5月28日に閣議決定された「第2次自転車活用推進計画」で身体に合った自転車選びをアドバイスする人材としてSBAA PLUS認定者が取り上げられ、国も推奨している認定資格制度の普及の波をさらに広げていくために、認知拡大や資格の魅力・価値の向上を図る施策を引き続き検討・実施していきたいという。

●SBAA PLUSとは?

第12回SBAA PLUSブラッシュアップ講習は第3次募集

一般社団法人自転車協会は、eラーニングによるSBAA PLUS資格認定者対象のブラッシュアップ講習第3次募集のエントリーを2021年8月18日まで募集している。受講は2021年8月24日から31日まで行われる。取材協力:フレンド商会。

自転車協会では、安全安心なスポーツ用自転車の供給販売をとおしてスポーツ用自転車市場の健全な発展を目的としたスポーツBAAマーク制度を2007年よりスタート。2021年2月1日現在、SBAA PLUS資格者は801人となり、210社が特別賛助会員として参加している。

この制度は、スポーツ用自転車を取り扱う販売事業者で一定の資格要件を満たし、かつ自転車協会主催の講習会修了後試験に合格して自転車協会特別賛助会員に入会した場合にSBAA PLUSの資格(SBAA PLUSマークを貼付できること)が取得できる制度。スポーツ用自転車の安全で安心な利用を消費者に正しく理解してもらい、その楽しみを伝える担い手となる人材にとって必要な資格として活用されている。

今回は認定者の技術力向上とさらなる知識の習得を目的とした「ブラッシュアップ講習」を、インターネットを活用した学習形態であるeラーニングを採用し、全国どこからでも受講することができるようにした。今回で12回目の開催となる。

受講は8月24日10時~31日17時に実施。受講の受け付けは8月6日~18日まで。ホームページから直接申し込む。

●SBAA PLUSブラッシュアップ講習の申し込みページ