自転車ショップはコロナ禍の移動手段を支援…事故増には警鐘

一般社団法人自転車協会が「緊急事態宣言発出による自転車販売店の状況と自転車利用時のお願い」を同協会ホームページに掲載した。加盟する自転車販売店が感染対策を実施しつつ、有効な移動手段となる自転車の販売や整備のために営業すること、利用者増による交通事故を抑えるために交通ルールとマナー遵守を呼びかけた。

新型コロナウイルスの感染は全国的に急激に拡大し、8月7日現在6都府県に「緊急事態宣言」、13道府県に「まん延防止等重点措置」が政府より発令され、先行きが不透明な状況に直面している。

不要不急の外出は自粛するようにと国や各自治体から要請が出ている状況だが、日常の買い物、通勤や通学、健康維持のための屋外での運動など外出が必要な場合もある。

その際、人との密を避けるための有効な移動手段として、自転車を新規に購入する場合や手持ちの自転車をメンテナンスして使用するなど、消費者のニーズに対応すべく、自転車販売店は来店者の感染リスクを最低限に抑えるような手段を講じたうえで営業を続けている。

「自転車でお困りの際は最寄りの自転車販売店にお気軽にご相談ください」と同協会。

一方、近年の自転車ブームに加えてコロナ禍による自転車利用者の急増で、事故も増加している状況だ。

「すべての自転車利用者におかれましては、自転車は道路交通法上の軽車両であるということを認識いただき、ルールとマナーの遵守をお願いするとともに、怪我をすることでひっ迫する医療機関に負担をかけないよう、乗車時にはヘルメットの着用、熱中症予防など安全への十分な配慮を重ねてお願いいたします」(同協会)

協会では、スポーツサイクル専門店のスタッフ(SBAA PLUS認定者)を対象にeラーニング形式でコロナ感染予防対策に特化した「SBAA PLUSブラッシュアップ講習」を実施している。2021年5月28日に閣議決定された「第2次自転車活用推進計画」で身体に合った自転車選びをアドバイスする人材としてSBAA PLUS認定者が取り上げられ、国も推奨している認定資格制度の普及の波をさらに広げていくために、認知拡大や資格の魅力・価値の向上を図る施策を引き続き検討・実施していきたいという。

●SBAA PLUSとは?

第12回SBAA PLUSブラッシュアップ講習は第3次募集

一般社団法人自転車協会は、eラーニングによるSBAA PLUS資格認定者対象のブラッシュアップ講習第3次募集のエントリーを2021年8月18日まで募集している。受講は2021年8月24日から31日まで行われる。取材協力:フレンド商会。

自転車協会では、安全安心なスポーツ用自転車の供給販売をとおしてスポーツ用自転車市場の健全な発展を目的としたスポーツBAAマーク制度を2007年よりスタート。2021年2月1日現在、SBAA PLUS資格者は801人となり、210社が特別賛助会員として参加している。

この制度は、スポーツ用自転車を取り扱う販売事業者で一定の資格要件を満たし、かつ自転車協会主催の講習会修了後試験に合格して自転車協会特別賛助会員に入会した場合にSBAA PLUSの資格(SBAA PLUSマークを貼付できること)が取得できる制度。スポーツ用自転車の安全で安心な利用を消費者に正しく理解してもらい、その楽しみを伝える担い手となる人材にとって必要な資格として活用されている。

今回は認定者の技術力向上とさらなる知識の習得を目的とした「ブラッシュアップ講習」を、インターネットを活用した学習形態であるeラーニングを採用し、全国どこからでも受講することができるようにした。今回で12回目の開催となる。

受講は8月24日10時~31日17時に実施。受講の受け付けは8月6日~18日まで。ホームページから直接申し込む。

●SBAA PLUSブラッシュアップ講習の申し込みページ

第13回OVE地域交流会が7月7日と14日にオンライン開催

シマノが運営するライフクリエーションスペースOVEで、第13回OVE地域交流会が2021年7月7日と14日の2回にわたってオンライン開催され、その参加者募集が始まった。7日は自転車まちづくりについて、14日は実践者集合!日本の自転車教育について。自転車協会後援のイベント。

写真はOVEでのリアルイベント時のもの

ライフクリエーションスペースOVEは2014年の「散走読本」の発刊を機に、全国各地域・拠点で自転車まちづくりや自転車観光などを実践している、あるいはこれから取り組もうとしている地域のリーダーに集まってもらい「地域交流会」を実施してきた。

回を重ねるごとに数多くの地域から参加者が集まり、さまざまな地域の「自転車まちづくり」を学ぶ機会として好評を得た。各地域の自転車活用実践事例の共有や、課題解決のための学び合いをパネルディカッション形式で開催し、各地域や拠点で実践できるヒントを持ち帰ってもらう交流会だ。

第13回OVE地域交流会の内容は

アフターコロナ/ウィズコロナの時代にあって、持続可能で健康的なモビリティとして、自転車が再注目されている。この流れを一過性に終わらせず、継続させていくには、「自転車文化の底上げ」が欠かせない。一方で、ひとことで自転車文化と言ってもスポーツ、ツーリズム、移動手段、健康づくりなどさまざまな活用が考えられる。第13回を迎えた地域交流会では、各地域で自転車を活用したまちづくりに取り組んでいる人の知見を借りながら、これからの自転車文化向上について考える。

●実施方法 : オンライン会議室
※参加者に会議室の URL とパスワードを前日までに送付
●参加費 : 無料=PC、タブレット、スマホからアクセス可能、通信料などは自己負担
●定員 :100人
主催/ライフクリエーションスペーOVE 後援/一般社団法人 自転車協会

【1】自転車まちづくりについて

【日時】  2021年7月7日(水)13:00〜15:30(ZOOM 入室 受付 12:30~)
・13:00〜 あいさつ シマノ 専務取締役 津崎 祥博
・13:05〜 あいさつ 一般社団法人 自転車協会理事長 山﨑 一
・13:10〜 自転車を取り巻く状況と課題 シマノ 阿部 竜士
・13:30~ 各地域の取り組みと課題共有

テーマ:「連携」
地元理解を促す地域内連携や、行政機関の部署間連携に必要なこととは?(各 15 分)
①  大田区自転車活用推進計画へ向けた地域・組織内連携について
大田区都市基盤整備部 都市基盤管理課 交通安全・自転車総合計画担当係長 小野澤 行平氏
② コンサルタントとして地域連携を促進する取組とは?
(株)日本海コンサルタント 片岸 将広氏
③ONOMICHIU2 をはじめとする尾道の地方創生の取り組み、移住者による地域連携について
TLB(株) 取締役 吉田 拳誠氏
④りんりんスクエア土浦、自転車販売店による地域連携を促進する取組とは?
(株)サイクルスポット専務取締役(一般社団法人自転車協会 理事) 加藤 京子氏
(休憩/10 分)
・14:40〜パネルディスカッション、質疑応答
・15:30 終了

【2】実践者集合!日本の自転車教育について

【日時】  2021年7月14日(水) 13:00〜15:30(ZOOM 入室 受付 12:30~)
・13:00~13:05 ご挨拶と本日の流れ説明
・13:05~ 日本の自転車教育の現況 大阪市立大学 吉田 長裕氏
・13:15~ 各取組事例と課題共有(各 10 分程度)
①子どもたちの健全な成長と安全意識を育むキッズバイク教室及び、次世代の人材育成について
BICYCLE CAST 株式会社・代表取締役 井手川 直樹氏
② ウィラースクール in 美山について      代表 ブラッキー中島氏
③ デンマーク式自転車教室(ゲーム)の特徴について
あおぞら財団 事務局長 藤江 徹氏
④ 子ども、高齢者、障がい者の誰にも必要な自転車教育について
一般社団法人パラサイクリング連盟 専務理事 権丈 泰巳氏
⑤ 京都市、堺市などにおける中高校生向け自転車教育について
特定非営利活動法人自転車活用推進研究会 理事 藤本 典昭氏
⑥ 自転車通学指導のススメ、指導者への指導について
自転車の安全利用促進委員会メンバー  遠藤 まさ子氏
(休憩/10 分)
・14:35~  日本における自転車教育の在り方、今後の課題について
大阪市立大学 吉田 長裕氏
・14:45〜 パネルディスカッション、質疑応答
・15:30〜 終了

申し込み方法
下記のURLより申し込みページに進む。
【1】 2021年7月7日(水)13:00〜15:30 (ZOOM 入室 受付 12:30~)
https://www.ove-web.com/event/e-shop/sh-release/entry-542.html
【2】 2021年7月14日(水) 13:00〜15:30 (ZOOM 入室 受付 12:30~)
https://www.ove-web.com/event/e-shop/sh-release/entry-545.html 

ライフクリエーションスペース OVE について

シマノが、新しい自転車ライフスタイルを提案することを目的として、2006年1月より運営しているコンセプトストア。Opportunity(機会)・Value(価値)・Ease(気軽に)をコンセプトに、さまざまな文化が交差する場として、価値あるモノ・コトを気軽に体験する機会を提供している。

その機会のひとつとして、散歩のようにゆっくりと巡る「散走」という愉しみ方を提案し、もっと多くの人に知ってもらうために、2014年に『散走読本』を発刊した。

自転車の安全活用と楽しみを伝える担い手向けの講習会

一般社団法人自転車協会は、eラーニングによるSBAA PLUS資格認定者対象のブラッシュアップ講習のエントリーを2021年5月19日まで行っている。受講は2021年5月21日から28日まで行われる。取材協力:フレンド商会。

自転車協会では、安全安心なスポーツ用自転車の供給販売をとおしてスポーツ用自転車市場の健全な発展を目的としたスポーツBAAマーク制度を2007年よりスタート。2021年2月1日現在、SBAA PLUS資格者は749人となり、210社が特別賛助会員として参加している。

この制度は、スポーツ用自転車を取り扱う販売事業者で一定の資格要件を満たし、かつ自転車協会主催の講習会修了後試験に合格して自転車協会特別賛助会員に入会した場合にSBAA PLUSの資格(SBAA PLUSマークを貼付できること)が取得できる制度。スポーツ用自転車の安全で安心な利用を消費者に正しく理解してもらい、その楽しみを伝える担い手となる人材にとって必要な資格として活用されている。

今回は認定者の技術力向上とさらなる知識の習得を目的とした「ブラッシュアップ講習」を、インターネットを活用した学習形態であるeラーニングを採用し、全国どこからでも受講することができるようにした。今回で12回目の開催となる。

受講は5月21日(金)~5月28日(金)に実施。受講の受付は5月10日(月)~5月19日(水)まで。ホームページから直接申し込む。

●SBAA PLUSブラッシュアップ講習の申し込みページ

SBAA PLUSブラッシュアップ講習を自転車協会が開催

一般社団法人自転車協会は、eラーニングによるSBAA PLUS資格認定者対象のブラッシュアップ講習のエントリーを2021年3月28日まで募集している。受講は2021年4月1日から21日まで行われる。取材協力:フレンド商会。

自転車協会では、安全安心なスポーツ用自転車の供給販売をとおしてスポーツ用自転車市場の健全な発展を目的としたスポーツBAAマーク制度を2007年よりスタート。2021年2月1日現在、SBAA PLUS資格者は749人となり、210社が特別賛助会員として参加している。

この制度は、スポーツ用自転車を取り扱う販売事業者で一定の資格要件を満たし、かつ自転車協会主催の講習会修了後試験に合格して自転車協会特別賛助会員に入会した場合にSBAA PLUSの資格(SBAA PLUSマークを貼付できること)が取得できる制度。スポーツ用自転車の安全で安心な利用を消費者に正しく理解してもらい、その楽しみを伝える担い手となる人材にとって必要な資格として活用されている。

今回は認定者の技術力向上とさらなる知識の習得を目的とした「ブラッシュアップ講習」を、インターネットを活用した学習形態であるeラーニングを採用し、全国どこからでも受講することができるようにした。今回で12回目の開催となる。

受講は4月1日(水)~4月21日(水)に実施。受講の受付は3月12日(金)~3月28日(日)まで。ホームページから直接申し込む。

●SBAA PLUSブラッシュアップ講習の申し込みページ