UAEツアーでワールドシリーズ33戦開幕…コロナ禍でどうなる?

自転車ロードレースの2021シーズン到来。UCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー全33レースの緒戦として、2月21日から27日まで中東のUAEでUAEツアーが開催される。ジロ・デ・イタリアを主催するRCSスポルトが大会運営し、放送権はIMGが統括。日本では有料インターネットチャンネルのGCN+で生中継される。スタート記念キャンペーンの50%引きを適用すると年間2750円。

2021UAEツアーに参戦する有力選手 ©LaPresse – Fabio Ferrari

コロナ禍と若手台頭、昨季はこの大会がすべての始まりだった

2020年2月23日に開幕した7日間のステージレースの主催者は大会6日目の早朝、参戦していたUAEエミレーツのチームスタッフ2人が感染したとして、残る2ステージをただちに打ち切った。

出場中だった新城幸也(当時バーレーン・マクラーレン、現バーレーンビクトリアス)を含む全選手がホテルに長期隔離された。しばらくしてUAEエミレーツのスプリンター、フェルナンド・ガビリア(コロンビア)の罹患が発覚。このあと、自転車競技界もコロナ禍に巻き込まれていく。

アダム・イェーツ ©LaPresse

5ステージで打ち切られた大会は、その時点で首位にいたアダム・イェーツ(英国)が総合優勝者となった。同選手は今季、母国のイネオス・グレナディアスに移籍し、今回のUAEツアーには連覇をかけて乗り込んでくる。

「トレーニングはいい感じでこなせたが、レースで同じような走りができるとは限らない。チームはボクをサポートしてくれるが、ツール・ド・ラプロバンスで勝ったイバン・ソーサもいるので、2つのオプションがある」とイェーツ。
「チームには強いクライマーもいるが、この大会は個人タイムトライアルもあるので、ボクにはそれが不利となりそうだ」

ホームチームのUAEエミレーツはポガチャルが雪辱を期す

2020年の大会で区間1勝と総合2位の成績を修め、一躍トップ選手の仲間入りを果たしたのが、UAEエミレーツのタデイ・ポガチャル(スロベニア)だ。21歳の若手選手だったが、そのシーズンは2カ月延期されて開催されたツール・ド・フランスで総合いきなり優勝した。そのポガチャルが今季の緒戦として選んだのが、チームが拠点を置くUAEツアーである。ポガチャルと同じチームに電撃移籍したスイスのマルク・ヒルシも今大会に初出場する予定。

「ツール・ド・フランスで総合優勝したけれど、選手としては変わっていない。今年も同じモチベーション、同じ集中力、同じ目標を持っている」とポガチャル。
「UAEツアーはホームレースなので、チームにとって本当に重要なイベントだ。昨年はここで2位に終わったのは少し残念だったが、今回は再チャレンジとなる」

タデイ・ポガチャル ©LaPresse

イネオス・グレナディアスからイスラエルスタートアップネーションに移籍したクリストファー・フルーム(英国)にとっても感慨深い大会だ。2019年、ツール・ド・フランス最多の5勝目を目指したが、直前の大ケガで参加できず。懸命のリハビリを行い、カムバックしたのが昨季のUAEツアーだった。今季は南米合宿をこなして現地レースに出場予定だったが、現地の感染拡大により大会が中止になり、移籍チームでの初レースはこのUAEツアーになった。

「レースを楽しみにしている。自分の弱点を修正するために米国カリフォルニアでいい冬を過ごした。リハビリは間違いなく昨年の今ごろよりもいい」とフルーム。
「もちろん総合優勝をねらって出場するわけではないが、本来の調子を戻せるようなきっかけとなる走りがしたい」

クリストファー・フルーム ©LaPresse

個人タイムトライアルの世界チャンピオン、フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)は初出場。スプリンター勢はロット・スーダルのカレブ・ユアン(オーストラリア)、2020ツール・ド・フランスでポイント賞を獲得したドゥークニンク・クイックステップのサム・ベネット(アイルランド)、ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマン(ドイツ)も出場。

フィリッポ・ガンナ ©LaPresse
アルペシン・フェニックスのマチュー・ファンデルプール(オランダ) ©LaPresse
トレック・セガフレードのビンチェンツォ・ニバリ(イタリア) ©LaPresse
サム・ベネット ©LaPresse
パスカル・アッカーマン ©LaPresse

そして2020年の大会で自転車選手として最初に罹患したガビリア。シーズン中に2度目の感染を経験したがカムバック。この大会に懸ける意気込みはだれよりも強い。

昨季はコロナ禍が若手台頭を後押し

コロナ禍で開催される2シーズン目。1月にオーストラリアで開催予定だったワールドツアー2大会が中止となり、そのためUAEツアーが開幕戦となった。欧州では依然として感染が落ち着く兆しはない。国際団体は大会日程を平時のものに戻したが、中止あるいは延期も想定される。昨季は後半に主要大会が凝縮され、そんな強行日程が若手台頭を後押しした。

有料インターネットチャンネルのGCN+はスタート記念キャンペーンの50%引きを適用すると年間2750円。

●UAEツアーのホームページ

UAEツアーにフルーム、ポガチャル、A・イェーツ参戦

2月21日から27日まで中東のUAEで開催されるUAEツアーが出場選手を発表した。前年の覇者アダム・イェーツ(英国、イネオス・グレナディアス)をはじめ、2020ツール・ド・フランス総合優勝のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツ)、イスラエルスタートアップネーションに移籍したクリストファー・フルーム(英国)らが参加する。

2020年はアダム・イェーツ(右)とタデイ・ポガチャルが激しく争った ©LaPresse – Fabio Ferrari

ポガチャルは2020年のUAEツアー総合2位。ポガチャルと同じチームに電撃移籍したスイスのマルク・ヒルシが初出場する予定。

クリストファー・フルーム ©LaPresse – Fabio Ferrari
2020UAEツアー総合優勝のアダム・イェーツ ©LaPresse – Fabio Ferrari
タデイ・ポガチャル ©LaPresse – Fabio Ferrari

個人タイムトライアルの世界チャンピオン、フィリッポ・ガンナ(イタリア、イネオス・グレナディアス)はUAEツアー初出場。

タイムトライアルの世界チャンピオン、フィリッポ・ガンナ ©Fabio Ferrari/LaPresse

スプリンター勢はロット・スーダルのカレブ・ユアン(オーストラリア)、2020ツール・ド・フランスでポイント賞を獲得したドゥークニンク・クイックステップのサム・ベネット(アイルランド)、ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマン(ドイツ)、UAEエミレーツのフェルナンド・ガビリア(コロンビア)が出場。

カレブ・ユアン ©LaPresse – Fabio Ferrari
ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマン ©LaPresse – Fabio Ferrari

UCIプロチームのアルペシン・フェニックスはマチュー・ファンデルプールを起用する。

マチュー・ファンデルプール ©LaPresse – Marco Alpozzi

●UAEツアーのホームページ

UAEツアーの新型コロナウイルス感染者が新たに6人

自転車レースのUAEツアー高等組織委員会は、同国でコロナウイルスCOVID-19の新たな感染者が6人いたことを発表した。UAE保健予防省「MoHAP」から3月3日に通知を受けたという。

UAEツアー ©LaPresse – Fabio Ferrari

同省が発表した声明によると、新しいコロナウイルス罹患者6人はロシア2人、イタリア2人、ドイツ1人、コロンビア1人。世界保健機関の基準に基づいて監視され、罹患者が現在安定した状態にあり、必要なすべての必要な医療を受けているという。

今回の罹患者は、UAEツアーで最初に確認されたUAEチームエミレーツのイタリア人メカニックとマッサーとの濃厚接触者だった。

同省によって、2つのホテルに滞在していた選手とそのチームスタッフ全員が調べられ、コロナウイルスに対して陰性を検査した人は解放された。UAEツアーに参加していたバーレーン・マクラーレンの新城幸也も陰性で、すでに帰国している。

現在隔離されている罹患者は、感染拡大が発生しないように隔離された上で再検査され、すべての建物、機材、車両に対して消毒と滅菌処理が行われる。

UAEは、中国での発生以来、COVID-19の感染患者発生の情報を透明性をもって発表しているという。同国のすべての関係当局が協力して状況を監視し、コロナウイルスのさらなる拡散を防ぐことに集中しているという。

●UAEツアーのホームページ

UAEツアーで検査の関係者167人はコロナウイルス陰性

UAEツアーに参戦中だったUAEチームエミレーツのイタリア人メカニックとマッサーが新型コロナウイルスに罹患した問題で、大会を打ち切った主催者はアブダビ保健省から「検査した167人はすべて陰性」という通知を受け取った。

UAEツアー第3ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

7日間のステージレースは新型コロナウイルスに罹患したスタッフがいたことで、大会5日を終わった段階で中止。レース終了後、合計500人以上の選手、監督、チームスタッフ、主催者などがテストされていて、まずは濃厚接触者として早急にチェックすべき167人が陰性だったことが報告された。最終結果はまもなく発表される予定だという。

大会関係者から罹患者が発生したことは28日早朝に発表された。当初はイタリア人のチームスタッフとだけ発表されたが、その後UAEチームエミレーツのメカニックとマッサーであることが分かった。

130人の参加選手らは発表前の27日からアブダビのホテルに隔離されている。UAEチームエミレーツの2人のスタッフと接触した可能性のある関係者167人をテスト。アブダビ保健省によると、この167人は陰性だったという。

●UAEツアーのホームページ

UAEツアー参戦中のチームスタッフが新型肺炎…大会中止

2月23日に開幕した7日間のステージレース、UAEツアーの主催者は2月28日早朝、レース参戦中のチームに所属する2人のイタリア人スタッフが新型コロナウイルス感染したとして、残る2ステージを打ち切ることを発表した。

UAEツアー第5ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「すべてのレース参加者の健康を確保するために決定した」とUAEツアーの高等組織委員会は述べ、「安全はすべての優先事項のトップにくる」と付け加えた。

UAEの保健予防省は、レース参加選手、運営スタッフ、主催者の継続的・定期的なスクリーニングと検疫を実施すると述べた。ウイルス拡散を防ぎ、国内のすべての保健関係当局と協調してその流行の広がりを抑制するための措置が講じられる。

アダム・イェーツ、タデイ・ポガチャル、アレクセイ・ルツェンコらが総合優勝を争っていた ©LaPresse – Fabio Ferrari

同省は同国社会の保護とその安全と保全を確保するために、2人のイタリア人スタッフと接触した人々の検診を実施。厳格な予防対策を確保するために必要なすべての措置が講じられていると付け加えた。

大会は第5ステージを終了してミッチェルトン・スコットのアダム・イェーツ(英国)が首位に立っていた。大ケガから復帰したイネオスのクリストファー・フルーム(英国)やバーレーン・マクラーレンの新城幸也が参戦していた。

第5ステージが終わってアダム・イェーツが首位に立っていた ©LaPresse – Massimo Paolone

THE STAGES 
Stage 1: Marjan Island Stage (158km), Zabeel Park – Marjan Island
Stage 2: Dubai Municipality Stage (203km), The Pointe – Hatta Dam
Stage 3: Sharjah Stage (198km), Sharjah – Rafisah Dam 
Stage 4: Dubai Stage (171km), Dubai Design District – Dubai City Walk
Stage 5: Al Ain Stage (162km), Al Ain – Jebel Hafeet 
Stage 6: ADNOC Stage (158km), Al Ruwais – Al Mirfa
Stage 7: Abu Dhabi Stage (127km), Al Maryah Island – Abu Dhabi Breakwater

●UAEツアーのホームページ

アダム・イェーツがUAEツアー第3S優勝で一躍首位に

ミッチェルトン・スコットのアダム・イェーツ(英国)が2月25日に開催されたUAEツアー第3ステージで後続に1分03秒差をつけて独走勝利。総合成績でも首位に立った。

アダム・イェーツがUAEツアー第3ステージで優勝 ©LaPresse – Fabio Ferrari

「早い段階で攻撃したのは、自分の脚をテストしたかったから。このレースが私にとってシーズンの最初だったので、誰がどんなコンディションでいるのかを知るのは難しかった」とイェーツ。

UAEツアー第3ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「アタックしたのはちょっと早すぎたと思ったけど、最終的にいい感じだった。1分のアドバンテージは大きいが、もう1つ山岳ステージがあって、私の脚はそんなによくはならないと思う。明日は横風が吹くかもしれないと聞いたので、総合優勝の道のりはまだ遠い」

アダム・イェーツがUAEツアー第3ステージで独走する ©LaPresse – Massimo Paolone
アダム・イェーツがUAEツアー第3ステージを終えて首位に ©LaPresse – Massimo Paolone

THE STAGES
(クリックするとステージの記事に飛びます)
Stage 1: Marjan Island Stage (158km), Zabeel Park – Marjan Island
Stage 2: Dubai Municipality Stage (203km), The Pointe – Hatta Dam
Stage 3: Sharjah Stage (198km), Sharjah – Rafisah Dam 
Stage 4: Dubai Stage (171km), Dubai Design District – Dubai City Walk
Stage 5: Al Ain Stage (162km), Al Ain – Jebel Hafeet 
Stage 6: ADNOC Stage (158km), Al Ruwais – Al Mirfa
Stage 7: Abu Dhabi Stage (127km), Al Maryah Island – Abu Dhabi Breakwater

●UAEツアーのホームページ

ユワンがUAEツアー第2ステージV…総合成績でも首位に

ロット・スーダルのカレブ・ユワン(オーストラリア)がハッタダムの上りにゴールが設定されたUAEツアー第2ステージで優勝。総合成績でもトップに立った。2月24日に距離168kmで行われ、平均時速は39.029kmだった。

カレブ・ユワンがUAEツアー第2ステージで優勝 ©LaPresse – Fabio Ferrari

「ハッタダムへの上りが始まるところからフィニッシュが見えることは昨年から知っていたが、今日は見えなかった。とても難しいコースで、この丘をそんなに速く上れるわけでもない。最後の50mに必要なエネルギーを維持することに努めた」とユワン。

UAEツアー第2ステージ ©LaPresse – Fabio Ferrari

「昨シーズンが終わってから、今シーズンはいいスタートを切って、その勢いを保ちたいと思っていた。今年のスタートは昨年よりいい。ミラノ〜サンレモはここ数年、シーズン序盤に目標としているレース。その気持ちは変わらず、2020年の最初の部分の私の大きな目標だ。今年は昨年よりもさらにいいチームとなり、レースが難しい場合はフィリップ・ジルベールが行くという2つ目の選択肢が取れる」

カレブ・ユワンがUAEツアー第2ステージを終えて首位に ©LaPresse – Fabio Ferrari

THE STAGES
(クリックするとステージの記事に飛びます)
Stage 1: Marjan Island Stage (158km), Zabeel Park – Marjan Island
Stage 2: Dubai Municipality Stage (203km), The Pointe – Hatta Dam
Stage 3: Sharjah Stage (198km), Sharjah – Rafisah Dam 
Stage 4: Dubai Stage (171km), Dubai Design District – Dubai City Walk
Stage 5: Al Ain Stage (162km), Al Ain – Jebel Hafeet 
Stage 6: ADNOC Stage (158km), Al Ruwais – Al Mirfa
Stage 7: Abu Dhabi Stage (127km), Al Maryah Island – Abu Dhabi Breakwater

●UAEツアーのホームページ

フルームがUAEツアーでレース復帰…アッカーマン先勝

イネオスのクリストファー・フルーム(英国)が大ケガからカムバック。2月23日に開幕した第2回UAEツアーで8カ月ぶりに集団スタートのレースに復帰した。2019年6月12日に落車骨折して以来、集団スタートのロードレースは初めて。

UAEツアーで完全レース復帰を果たしたフルーム。左はタデイ・ポガチャル ©LaPresse – Massimo Paolone

第1ステージはゴール勝負となり、ボーラ・ハンスグローエのパスカル・アッカーマンが優勝。総合成績でも首位に立った。

フルームはタイム差なしのメイン集団の後方、115位でゴールしている。

UAEのドバイで開幕したUAEツアー ©LaPresse – Massimo Paolone

「このレースに出場することができてうれしい。前年よりもホップしたいけれど、どれだけできるのかは分からない。以前と同じレベルで走ることができればいうことはない。昨年6月に落車をして以来、この日が来ることを望んで厳しいリハビリを積んできたからね。もちろん総合優勝を争えるとは思っていないが、2度目の再スタートを切れることがとてもハッピーだ」とフルーム。

フルームとバルベルデ ©LaPresse – Massimo Paolone
左からカベンディッシュ、ユワン、ポガチャル、バルベルデ、ケデルマン、ベネット、アッカーマン ©LaPresse – Fabio Ferrari
UAEツアー第1ステージ
パスカル・アッカーマンがUAEツアー第1ステージ優勝 ©LaPresse – Fabio Ferrari
パスカル・アッカーマン ©LaPresse – Massimo Paolone
パスカル・アッカーマン ©LaPresse – Massimo Paolone

大会は全7ステージで、29日まで開催される。日本からは新城幸也がバーレーン・マクラーレンのメンバーとして参加している。

THE STAGES 
Stage 1: Marjan Island Stage (158km), Zabeel Park – Marjan Island
Stage 2: Dubai Municipality Stage (203km), The Pointe – Hatta Dam
Stage 3: Sharjah Stage (198km), Sharjah – Rafisah Dam 
Stage 4: Dubai Stage (171km), Dubai Design District – Dubai City Walk
Stage 5: Al Ain Stage (162km), Al Ain – Jebel Hafeet 
Stage 6: ADNOC Stage (158km), Al Ruwais – Al Mirfa
Stage 7: Abu Dhabi Stage (127km), Al Maryah Island – Abu Dhabi Breakwater

●UAEツアーのホームページ