梶原悠未がトラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムで3位

2018-2019UCIトラックワールドカップ第5戦がニュージーランドのケンブリッジで1月18日に開幕。19日に行われた女子オムニアムで梶原悠未(筑波大)が3位になった。

トラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムを走る梶原悠未 ©2019 JCF

トラックワールドカップ第5戦、大会2日目の19日に女子オムニアムの梶原が銅メダルを獲得した。

梶原は昨シーズンのワールドカップで女子オムニアムにおいて2勝をあげているものの、オリンピックの出場枠争いが始まった今シーズンの表彰台は初。強豪相手にも臆することないレースを見せ、世界トップクラスの選手とも対等に走れる力を見せた。

女子オムニアム
1 アネット・エドモンドソン(オーストラリア)131点
2 アリソン・べバレッジ(カナダ)123点
3 梶原悠未(日本)113点

トラックワールドカップ第5戦の女子オムニアムを制したアネット・エドモンドソン(オーストラリア)を中央に、左が2位アリソン・べバレッジ(カナダ)、右が3位梶原悠未 ©2019 JCF

女子チームパーシュート
6 日本(中村妃智、古山稀絵、梶原悠未、橋本優弥) 4分26秒779(1回戦のタイム)
※予選は梶原に変わり鈴木奈央

新田祐大がワールドカップ第5戦の男子ケイリンで3位に

2018-2019UCIトラックワールドカップ第5戦がニュージーランドのケンブリッジで1月18日に開幕。19日に行われた男子ケイリンで新田祐大が3位になった。

トラックワールドカップ第5戦を走る新田祐大 ©2019 JCF

全6戦で行われるUCIトラックワールドカップ。1月18日~20日にかけてニュージーランド・ケンブリッジで第5戦が行われ、大会2日目の19日に男子ケイリンの新田が銅メダルを獲得した。

新田は予選1着から順調に決勝へ進出。決勝は残り半周から猛然と追い上げを見せて僅差の3着に入った。ロンドン五輪代表で長く日本の短距離チームを牽引する存在ながら、個人として初のワールドカップでのメダル獲得。短距離チームの層の厚さを見せつけた。

「時間をかけてしまったのですけど、メダルを獲得することができた。日ごろからずっと応援してくださったファンの皆さん、スタッフ、家族みんなのおかげ」と新田。
「これに満足せず今後の日本の競輪・自転車競技のためにももっと活躍できるように頑張りたい」

トラックワールドカップ第5戦の男子ケイリン ©2019 JCF

男子ケイリン
1 エドワード・ドーキンス(ニュージーランド)
2 クェンティン・ラファルグ(フランス)
3 新田祐大(日本)
7 渡辺一成(JPC/日本)

トラックワールドカップ第5戦の男子ケイリンを制したエドワード・ドーキンス(ニュージーランド)を中央に左が2位クェンティン・ラファルグ(フランス)、右が3位新田祐大 ©2019 JCF

男子チームスプリント
6 日本(雨谷一樹、新田祐大、深谷知広) 43秒975(1回戦のタイム)

男子チームパーシュート
7 日本(窪木一茂、近谷涼、一丸尚伍、沢田桂太郎) 3分59秒073(1回戦のタイム)

第41回ダカールラリーでトヨタが初優勝

第41回ダカールラリーが2019年1月17日に最終日を迎え、トヨタのハイラックスを駆るドライバーのナッサー・アルアティア(カタール)とナビゲーターのマチュー・ボメル(フランス)のトヨタガズーレーシングが四輪部門で総合優勝。トヨタに初の栄冠をもたらせた。

トヨタ・ハイラックスを駆るナッサー・アルアティアがダカールラリー四輪部門で優勝 ©Marcelo Maragni/Red Bull Content Pool

今回のダカールラリーはペルー1カ国での開催。1月6日に開幕し、10ステージで走行距離5000kmを駆け抜けた。前年より3000kmも短いコースだったが、砂漠が多く、例年以上に困難を極めた。

大会はツール・ド・フランス主催者のASO(アモリー・スポール・オルガニザシオン)が主催。1979年に初開催され、フランスのパリから南アフリカ大陸にあるセネガルのダカールを目指すラリーレイドとして人気を得た。

しかし治安悪化のため2009年から舞台を南アメリカに移して開催されている。

ダカールラリーでトヨタが初優勝した ©Eric Vargiolu / DPPI / Red Bull Content Pool

優勝ドライバーとなったアルアティアは2011、2015年に続く3勝目。優勝マシンとしては、過去に三菱パジェロが7連勝を含む12勝を挙げている。日本人ドライバーは1997年に篠崎健次郎(三菱パジェロ)、2002年と2003年に増岡浩(三菱パジェロ)が優勝している。

ドライバーのナッサー・アルアティア(左=カタール)とナビゲーターのマチュー・ボメル(フランス) ©Flavien Duhamel/Red Bull Content Pool

ブリヂストン・グリーンレーベル・シルヴァ新モデル…街中と私服に合わせやすいカジュアルカラーで

ブリヂストンサイクルは、BRIDGESTONE GREEN LABEL(ブリヂストン・グリーンレーベル)ブランドのCYLVA(シルヴァ)シリーズ 2019年モデルを、2月上旬より全国の販売店を通して発売する。

CYLVA FR16(新色 E.X アーバンコーラル)

2019年モデルは、街中の散策や通勤など私服で気軽に自転車を楽しみたい人向けに、よりカジュアルなカラーで新たに展開する。CYLVAシリーズは、「FR16」・「F24」・「F8F」・「F6F」の計4モデルの展開。

CYLVA F24(新色 E.X ミストグリーン)

CYLVAシリーズは、日常の中でスポーツバイクを楽しみたい人をメインターゲットとしていて、4モデル全て「3年間盗難補償」の付属や、必要な装備類(ライト、ワイヤー錠、スタンドなど)を標準装備している。

CYLVA F8F(新色 E.X ミストグリーン)
CYLVA F6F(新色 E.X アーバングレー)

標準装備内容は車種により異なる。詳しくは、BRIDGESTONE GREEN LABELブランドの特設サイト

【BRIDGESTONE GREEN LABEL ブランドコンセプト】

2013年に「自由と、おしゃれと、ブリヂストン」をコンセプトとし、BRIDGESTONE GREEN LABELブランドが誕生。“おしゃれな自転車やスポーツバイクに乗りたいと思っている利用者に、洋服のように自分に似合う自転車を選んでほしい。そして自由に移動ができる喜びを感じてほしい”という思いを込めている。

【販売概要】
販売地域:全国
発売日:2019年2月上旬
BRIDGESTONE GREEN LABELブランドの「MARKROSA」「TOTEBOX」「VEGAS」についても、同時期に2019年モデルを発売。

TOTEBOX LARGE(新色)
VEGAS 3T(新色)
MARKROSA 7S (新色)
CYLVA F6F (新色 E.X アーバンコーラル)
CYLVA F24(新色 E.X アーバングレー)

Y’sRoadが年に一度の「わいわいセール」。新旧冬物ウエア最終セールも同時開催

日本最大級のスポーツサイクル専門店Y’s Road(ワイズロード)を展開するワイ・インターナショナルでは、年に一度の大セール「わいわいセール」を1月27日(日)まで開催している。また、同時に「新旧冬物ウエア最終セール」も開催。各店舗で過去最大規模のセールを展開している。

☆史上最大級の“わいわいセール”

ワイズロード史上最大の“わいわいセール”が始まった。期間中、2018以前モデルの完成車とフレーム約3000台を、30%OFFから最大60%OFFの特別価格で年に一度だけの機会として提供する。 

Y’sClub会員には、さらにお得な5% OFF(送料・保険・工賃・書籍など一部の商品は除く)、Y’sClub Master会員には期間中の受注に関しては0%金利が適用される。

この機会にY’sClub会員に加入して「マイページ」に登録しよう(ポイント利用など特典を受ける場合、オンラインでのポイント取得の際など、マイページへの事前登録が必要。まだの方はログイン画面の「新規登録」をクリック!

“わいわいセール”は店頭在庫のみの限定特価となるので、早めに店頭へ。

○セール期間 1月12日(土曜日)~1月27日(日曜日)

■セール告知サイト

☆最大60%OFFの新旧冬物ウェア最終セール

新旧冬物ウエア最終セールもは始まった。ぜひこの機会に高機能ウエアを入手して走りに出かけよう。

○セール期間 1月12日(土曜日)~2月3日(日曜日)

■セール告知サイト

映画「車線変更」-キューポラを見上げて-エキストラを募集

日本最大級のスポーツサイクル専門店Y’s Road(ワイズロード)を展開するワイ・インターナショナル(本社:埼玉県志木市、代表取締役社長:鳥居恵一郎、創業:1898年、Y’s Roadは首都圏を中心に中部・関西・中四国・九州に36店舗・Y’s Road urban e-commuter店は東京都内3店舗 全39店舗)のメールマガジン「Y’s Road Times」で、映画「車線変更」-キューポラを見上げて-のエキストラに関する先行募集や最新情報をお届けしている。

主演の平田雄也さん(中央)のロードバイク基礎練習

先日制作記者発表があり、まもなくクランクイン予定の映画「車線変更」-キューポラを見上げて-において、Y’s Road(ワイズロード)広報宣伝チームでは、ロードバイクシーンやレース会場シーンの撮影監修をお手伝いしている。

また、Y’s Road(ワイズロード)では、メールマガジン「Y’s Road Times」を通じてエキストラの先行募集やロケに関する最新情報をお届け。

ぜひメールマガジンに登録して、映画にエキストラとして参加してみませんか。ご登録をお待ちしております。

映画『車線変更 』 -キューポラを見上げて- 制作発表時の様子

【ワイズロードからのお知らせ】

①メルマガでは、今後のエキストラ先行募集やロケに関する最新情報をお届けしています

②エキストラ登録にはまずメルマガにご登録いただき、更新される「エキストラ情報」を確認の上、募集サイトにてエントリーしてください。

③メルマガは毎週金曜日午後20時に配信されます。毎週金曜日午後7時以降にご登録いただいた場合は、翌週からの配信になる場合がございます。


メルマガ「Y’s Road Times」登録サイト

エキストラ募集概要

愛車のロードバイクで、レースシーンにご出演いただきます。男女問わずご応募可能です。

撮影予定日:

(1) 1月28日(月)7時半~17時

(2) 1月31日(木)7時半~17時

(3) 2月1日 (金)7時半~13時

*複数日お申し込み可

撮影予定日:

埼玉県さいたま市~戸田市の荒川河川敷

主演の平田雄也さんのロードバイク・ビンディングペダルマスター練習

応募方法:

以下の方法でご応募・ご登録をお願いいたします。

参加をご希望される方は応募フォームより、

1、参加希望日(複数日お申し込み可)

2、お名前

3、メールアドレス

4、ご連絡先携帯番号

5、ロードバイクのブランド・モデル名

をお送りください。

制作会社のK’sスペシャルニーズエンターテインメント、東京サウンド・プロダクションと情報を共有させていただき、ご希望者全員に詳細を返信いたします。

●エキストラ応募フォーム

映画「車線変更」-キューポラを見上げて

コンチネンタルがブエルタ敢闘賞協賛…交通事故撲滅運動も

コンチネンタルタイヤが第74回ブエルタ・ア・エスパーニャで敢闘賞の協賛会社になった。自動車ドライバーとサイクリストの交通安全をサポートする運動も推進する。

ブエルタ・ア・エスパーニャに協賛するコンチネンタルタイヤ

第74回ブエルタ・ア・エスパーニャは8月24日から9月15日まで開催されるが、ツール・ド・フランス総合優勝を達成した元選手オスカル・ペレイロ(スペイン)をブランドアンバサダーに起用して、全ステージをサポートする。

コンチネンタルタイヤは自動車業界の世界企業。2019年からブエルタ・ア・エスパーニャの協賛会社に復帰し、全日程を通して道路通行のセキュリティ確保をサポートしつつ、交通安全運動を展開していく。

特にドライバーとサイクリストのセキュリティを高める「ディスタンスT」運動を掲げ、不幸な交通事故の撲滅を目指していく。

キナンの2019年初戦はニュージーランドサイクルクラシック

キナンサイクリングが1月23日から27日まで開催されるニュージーランド サイクルクラシック(UCIオセアニアツアー2.2)に臨む6選手を発表した。

ニュージーランド サイクルクラシックに出場するキナンの6選手

キナンにとって初のUCIオセアニアツアー参戦。ニュージーランドでは唯一のUCI(国際自転車連合)公認のステージレースとして行われ、2019年で32回目を迎える大会。 

今回は、同国北島中西部のワイカト地方が舞台。同国最大の都市・オークランドから約150km南に位置するケンブリッジを拠点に、全5ステージ・総距離700.6kmで争われる。 

例年スピード感のあるレースが展開されていて、2019年も4ステージが平坦コースにカテゴライズ。いずれもスプリント勝負となることが予想される。 

総合争いで大きなウエイトを占めると見られるのが第4ステージ。2つの丘越えを経て、最後に立ちはだかるのがマウンガカワヒルの頂上フィニッシュ。最後の3kmは高低差にして200mを一気に駆け上がるレイアウトになっている。 

キナンはスピードレースへの対応力のある6選手をセレクト。スプリントでは大久保陣と中島康晴を軸とし、レース展開に合わせて逃げや集団内でのレース構築を椿大志、山本大喜、新城雄大が担う。そして、トマ・ルバを中心に総合争いにもトライ。いずれのステージでも勝負に絡むことのできるオーダーで臨む。 

大会には、5カ国から19チームがエントリー。大会のレースディレクターを務めるジョージ・サンドヴァル氏は開幕を前に、「第32回大会は史上最高のイベントになることを確信している」と大会公式ウェブサイトにコメントを寄せ、年々ビッグイベントに成長する大会の在り方をアピール。過去の個人総合優勝者には、ロビー・マキュアン(オーストラリア、1995年優勝)のほか、現役のトップライダーであるジョージ・ベネット(ニュージーランド、現ユンボ・ヴィスマ所属、2011年優勝)などが名を連ねる、伝統と格式ある大会でキナンの2019年シーズンがスタートする。

チームとしても待ちに待った新たなシーズン。ハイレベルの戦いで存在感を示す意欲に満ちている。このレースで勢いに乗せ、長いシーズンを戦い抜く手ごたえを確実につかみたいという。

ニュージーランド サイクルクラシック(New Zealand Cycle Classic
カテゴリー:UCIオセアニアツアー2.2
会期:1月23~27日

第1ステージ 1月23日
ケンブリッジ-カイパキ-ロトオランギ-レミントン 132.5km

第2ステージ 1月24日
ケンブリッジ-ロトオランギ-プケアトゥア-レイク・カラピロ 129km

第3ステージ 1月25日
テ・アワムトゥ-パラウェラ-ファレパパ・サウス-コラコヌイ-ファレパパ・サウス-コラコヌイ-ワイケリア-テ・カワ-ポクル-テ・アワムトゥ 152km

第4ステージ 1月26日
ケンブリッジ-プケモレモレ-リッチモンド・ダウンズ-ホビントン・ムービーセット-カラピロ・ロード-マウンガカワ・ヒル-テ・ミロ-マウンガカワ・ヒル 143.8km

第5ステージ 1月27日
ケンブリッジ・サーキット 143.3km

大会公式ウェブサイト