スリランカTカップにキナンのルバ、雨乞竜己ら5選手が参戦

スリランカTカップ(SRI LANKA T-CUP)が5月4日から6日まで同地で開催され、キナンサイクリングの中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大が出場する。2017年に初開催され、今年からUCI(国際自転車競技連合)公認の国際レースに昇格。大会カテゴリーはUCIアジアツアー2.2。全3ステージ、総距離327.7km。大会のコンセプトに「Coast to Coast」を掲げ、スリランカを構成するセイロン島の東海岸から西海岸までを結ぶステージ編成が特徴。

スリランカ Tカップに出場するキナンのメンバー ©︎KINAN Cycling Team

3ステージのうち、第1・第3ステージがスプリンター向きの平坦ステージ、第2ステージがこの大会唯一の山岳ステージ。この日は海抜約90mから最も高度のあるポイントで889.3mまで上るルートとなっているものの、最高標高地点からフィニッシュ地点までは約37km。総合成績を意識して攻めるクライマーを、一度は遅れた選手たちが追撃する構図となる可能性があり、山岳ステージとはいえスピードに富んだレースとなることが予想される。

キナンサイクリングは、スピード域の高いレースとなることを想定して選手をセレクト。スプリントは雨乞を軸に、リードアウトに中西と新城、発射台に中島を配置。また、山岳ではルバでの勝負を見すえ、登坂力のある中西や集団コントロールに長ける新城と中島がレースを作る役割を担う。

5月に入り、チームが最大目標とするツアー・オブ・ジャパンやツール・ド・熊野が近づくこの時期、各選手のコンディション把握やメンバーセレクションを占う意味でも、重要なレースとなる。大会にはUCI国際登録における第3カテゴリーのコンチネンタルチームに加え、クラブチームも参戦。全14チームがエントリーしている。遠征メンバーは5月2日にスリランカ入りし、4日からのレースに臨む。

スリランカTカップ(UCIアジアツアー2.2)
5月4日 第1ステージ バサイクーダ(Passikudah)〜マヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya) 123.9km
5月5日 第2ステージ マヒヤンガーナヤ〜キャンディ(Kandy) 85.3km
5月6日 第3ステージ キャンディ〜ニゴンボ(Negombo) 118.5km

スリランカTカップのオフィシャルウェブサイト

●関連ニュース

課題と収穫が明確となった5日間…キナンのツール・デュ・ロワールエシェール

●最新ニュースへ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。