誰でも生まれたての子鹿になれる! レッドブル400は上田瑠偉圧勝

最高斜度37度の壁を駆け上がる! 世界17カ国で開催される「RED BULL(レッドブル)400」が2019年5月18日(土)に北海道札幌市の大倉山ジャンプ競技場で開催された。個人フルディスタンス男子の優勝はスカイランニングのトップ選手、上田瑠偉

上田瑠偉が圧倒的な強さを見せて優勝 ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool

初出場だった上田の優勝タイムは3分23秒と圧倒的。女子もトレイルラン大会の実力者、立石ゆう子が優勝。元日本ハムのプロ野球選手、森本稀哲さんも大会大使として参戦。各選手とも、「ゴールしたら脚が生まれたての子鹿状態」とガクガクだが、上り詰めた達成感で笑顔があふれた。

個人フルディスタンス男女それぞれの勝者は7月にカナダのウィスラーで開催されるRED BULL 400世界選手権に招待される。

女子選手も一斉スタート ©Suguru Saito / Red Bull Content Pool
大倉山ジャンプ台を駆け上がる参加者たち ©Suguru Saito / Red Bull Content Pool
ちょうど半分です ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool
世界で最も過酷な400mレースはもう笑うしかない ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool
元プロ野球選手の森本稀哲さんも挑戦 ©Suguru Saito / Red Bull Content Pool
トレイルランの第一人者、上田瑠偉(うえだるい)が参戦 ©Suguru Saito / Red Bull Content Pool
ゴールはもうすぐだが、身体が全然言うことを聞いてくれない… ©Suguru Saito / Red Bull Content Pool
予選ヒートで1位通過の反中祐介 ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool

●反中祐介選手の参戦レポートは近日掲載予定(2018年のレポートはこちら

ジロ・デ・イタリア第7Sはビルバオ初勝利…コンティ首位堅持

第102回ジロ・デ・イタリアは5月17日、バスト〜ラクイラ間の185kmで第7ステージが行われ、13人の第1集団によるサバイバル争いが展開し、アスタナのペリョ・ビルバオ(スペイン)が残り1kmで抜け出して初優勝した。総合成績ではUAEエミレーツのバレリオ・コンティ(イタリア)がマリアローザを守った。

ビルバオが残り1kmで抜け出し、後方を振り返る ©Massimo Paolone/LaPresse

10年前の大地震で300人以上が犠牲となり、6万人以上が家を失ったラクイラにゴールするステージ。アスタナ勢はビルバオとアンドレイ・ツェイツ(カザフスタン) が第1集団に加わった。「第1集団の中にチームメートのツェイツがいて、ボクを助けてくれた」というビルバオ。

この第1集団には2分12秒遅れの総合4位、モビスターのホセ・ロハス(スペイン)が加わっていたため、UAEエミレーツはコンティのマリアローザを守るためにメイン集団の前方でペースメーク。2分以上の差が開かないようにスピードを維持した。

ジロ・デ・イタリア第7ステージで先行する第1集団 ©Fabio Ferrari/LaPresse

第1集団からたまらず脱落する選手が続出し、終盤にはビルバオら6人に絞り込まれる。そしてゴールまでの緩い上り坂でビルバオがアタック。
「最後は体力が残っていなかったが、頭で戦略を考えて絶好の残り距離から抜け出した。この悲劇の地で思い出に残る勝利を挙げることができた」というビルバオがグランツール初優勝を飾った。

スペイン勢はこれでグランツール777勝。ジロ・デ・イタリア111勝、ツール・ド・フランス126勝、ブエルタ・ア・エスパーニャ540勝という内訳。スペイン選手がジロ・デ・イタリアで区間優勝を挙げたのは5年連続。

コンティら有力選手は1分07秒後にゴールし、コンティが首位を守った。

バレリオ・コンティがジロ・デ・イタリア第7ステージでマリアローザを守った ©Massimo Paolone/LaPresse

「朝起きたら部屋の中にマリアローザがあった。特別な色彩のジャージを目にして、イタリア選手の夢がかなったという感動にひたった。そんなマリアローザをチームが守ってくれたことに感謝したい。沿道の観衆もボクを鼓舞してくれたが、平たん区間のスピードが高くてその雰囲気を楽しむことはできなかった」とコンティ。

新人賞1位のジョバンニ・カルボーニ ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)バレリオ・コンティ(イタリア、UAEエミレーツ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
□マリアビアンカ(新人賞) ジョバンニ・カルボーニ(イタリア、バルディアーニCSF)

🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集ページへ
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース