ザカリンが独走勝利。ポランツェ首位死守【ジロ・デ・イタリア第13S】

第102回ジロ・デ・イタリアは5月24日、ピネローロ〜チェレゾーレレアーレ間の196kmで第13ステージが行われ、カチューシャ・アルペシンのイルヌール・ザカリン(ロシア)が残り5kmから独走し、4年ぶり2度目の区間優勝。前日に首位に立ったUAEエミレーツのヤン・ポランツェ(スロベニア)が遅れながらもその座を守った。

カチューシャ・アルペシンのイルヌール・ザカリンがジロ・デ・イタリア第13ステージで独走 ©Fabio Ferrari / LaPresse

ザカリンはミケル・ニエベ(ミッチェルトン・スコット)とミケル・ランダ(モビスター)の山岳が得意なスペイン勢と区間勝利争いを展開。3度のアタックを見せたザカリンが最後の上りで独走を決め、チームに今季3勝目をもたらすとともに、自らも総合12位から3位へと急浮上した。

「ボクはこのジロ・デ・イタリアで総合5位以内を目指しているから、今日の走りには満足している」とザカリン。

ジロ・デ・イタリア第13ステージ ©Fabio Ferrari / LaPresse
ログリッチェ(左)とニーバリは2分57秒遅れでゴール ©Gian Mattia D’Alberto – LaPresse

ポランツェは厳しい上りに苦戦しながらも、4分39秒遅れの15位でゴール。総合2位のプリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)に4分07秒差から2分25秒差に詰め寄られながらも、マリアローザを死守した。

「有力選手には着いていけなかった。でもまた2日マリアローザを着ることができてうれしい」とポランツェ。
「最終日のベローナまで首位を守ることはできないと思うが、2日ごとにしっかりと走りたい。でも翌日は平たんがないほど厳しい山岳コースなので怖ろしい」

イェーツ(先頭)とマリアローザのポランツェが必死に先行選手を追う ©Marco Alpozzi / LaPresse
イネオスのシバコフが新人賞の首位へ ©LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)ヤン・ポランツェ(スロベニア、UAEエミレーツ)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞) ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
□マリアビアンカ(新人賞) パベル・シバコフ(ロシア、イネオス)

🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集ページへ
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。