34歳のダリオ・カタルドがジロ・デ・イタリア初優勝

第102回ジロ・デ・イタリアは5月26日、イブレア〜コモ間の232kmで第15ステージが行われ、34歳のベテラン、アスタナのダリオ・カタルド(イタリア)が初優勝した。同選手はアンドローニジョカットリ・シデルメックのマティア・カッタネオ(イタリア)と200km以上を逃げ続け、ゴール勝負で一騎打ちを制した。

ニーバリをマークするマイヨジョーヌのリカルド・カラパス ©Fabio Ferrari – LaPresse

14km地点でカッタネオが集団を飛び出すと、これにカタルドが加わった。
「3日間苦しんでいたので、スタート前は積極的に行こうなんて思っていなかったが、走り出してみたらなんの問題もなかった」というカタルドは、機材故障で停車したカッタネオを待つなど、終始冷静な走り。協力しながらゴールを目指し、追撃集団から逃げ切った。

これまでに2着が2回あるカタルドにとってはうれしい初勝利となった。2012年のブエルタ・ア・エスパーニャに続くグランツールの区間勝利。プロレースの優勝としては2014年のセッティマーナコッピ・バルタリの個人タイムトライアルでの時以来。ベテラン選手の優勝としては2016年にアレハンドロ・バルベルデが36歳で優勝したときに続く記録。

ジロ・デ・イタリア第15ステージ ©Fabio Ferrari – LaPresse

ジロ・デ・イタリア第15ステージで逃げ切りを決めたカッタネオ(左)とカタルド ©Fabio Ferrari – LaPresse

7秒遅れの総合2位プリモシュ・ログリッチェ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)はレース終盤にメカトラブルに見舞われ、チームメートから自転車を譲り受けた。さらにコーナーで落車するなどで、最終的に40秒をロス。総合2位の位置は守ったものの、首位リカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)との差が47秒に広がっただけでなく、最大のライバルであるバーレーン・メリダ(イタリア)が1分後に迫ってきた。

大会は2回目の休息日を過ごし、28日から最難関の山岳ステージを含む最後の6日間。6月2日にベローナにゴールする。

逆転をねらってアタックするサイモン・イェーツ ©Fabio Ferrari – LaPresse

●4賞ジャージ
マリアローザ(個人総合成績)リカルド・カラパス(エクアドル、モビスター)
マリアチクラミーノ(ポイント賞)アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
マリアアッズーラ(山岳賞)ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
□マリアビアンカ(新人賞)パベル・シバコフ(ロシア、イネオス)

🇮🇹ジロ・デ・イタリア特集ページへ
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリア出場176選手リスト
🇮🇹第102回ジロ・デ・イタリアの関連ニュース

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。