7月20日 第14ステージ タルブ〜ツールマレー

グルパマFDJのティボー・ピノ(フランス)がカテゴリー超級の最後の上りで抜け出して、4年ぶり3度目の区間優勝を果たした。首位のマイヨジョーヌを着るジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)は6秒遅れの区間2位。前年の覇者、イネオスのゲラント・トーマス(英国)は最後に遅れ、総合成績でのアラフィリップとの差が1分26秒から2分02秒に広がった。

2019ツール・ド・フランス第14ステージのツールマレー峠 ©ASO Alex BROADWAY

ピノがツールマレー峠を制す…アラフィリップが総合でリードを広げる

106回の大会にしてツールマレー峠は83回目の登場だ。初めてコースに採用されたのは1910年。変速機も発明されていない当時、標高2000m超の峠を自転車で越えることなど考えられなかったようで、さらに主催者は選手が熊に襲われるのを警戒していたともいう。それでもこの冒険精神が人々の興味を引きつけ、国際的スポーツイベントの代表となるきっかけとなった。

ツールマレー峠はピレネーの要衝で、ここを通過しなければ先に進めない。そのため毎年のようにツール・ド・フランスが通過するのだが、今回は峠にゴールするという特異な設定。前日にアラフィリップが好走し、総合優勝の可能性を高めたため地元フランスのファンが沿道に大挙して押し寄せていた。

ゴールのツールマレー峠、2019ツール・ド・フランス第14ステージ ©ASO Thomas MAHEUX
2019ツール・ド・フランス第14ステージ、ツールマレー峠 ©ASO Alex BROADWAY

残り10kmでそれまで逃げていた選手をすべて吸収した有力選手らはツールマレー峠の上りでバトル開始。その有力選手からたまらず脱落したのが優勝候補のトーマスだった。そして残り250mでピノがアタックし、徐々に2位以下との差を広げてゴール。アラフィリップは必死の形相で食らいつき、わずかな差で続いた。

ピノは横風が吹いた第10ステージで他チームの分断作戦の罠にはまり、その日だけで1分40秒遅れ。総合3位から11位に陥落ていした。この日の勝利で6位に浮上したものの依然として優勝をねらえる位置ではない。

「ただひたすらステージ優勝を目指してツールマレーを上った。この勝利で再びモチベーションを高めることができたので、パリでは3位までの表彰台を目指したい」とピノ。

2019ツール・ド・フランス第14ステージ、ピノやアラフィリップが先頭でツールマレー峠を上ってきた ©ASO Pauline BALLET
2019ツール・ド・フランス第14ステージ、ピノが残り250mでアタック ©ASO Thomas MAHEUX

そして総合優勝に向けてまた一歩前進したアラフィリップ。

「優勝候補が遅れたのを見たときは興奮した。一生懸命働いたから報われたのさ。もう1日マイヨジョーヌを着ることができるが、戦いはまだ続くのでまずは今日の疲れをいやすことが重要だ」

2019ツール・ド・フランス第14ステージ、マクロン大統領も祝福に訪れた ©ASO Thomas MAHEUX

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)
マイヨベール(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブラン(新人賞)エガン・ベルナル(イネオス、コロンビア)

2019ツール・ド・フランス第14ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
タルブのマセ庭園からピレネー山脈を望む ©Office de tourisme de Tarbes
タルブのマセ庭園 ©Pixbynot
タルブ、ヴェルダン広場の噴水 ©Pixbynot
ツールマレー峠【ジャック・ゴデ記念賞】
標高2115mのツールマレー峠頂上 ©Vallees de Gavarnie – Pierre Meyer
バレージュはツールマレー峠を西から上るときの休憩ポイント ©Vallees de Gavarnie – Pierre Meyer
バレージュ、ガヴァルニー渓谷 ©Vallees de Gavarnie – Pierre Meyer
ピックデュミディ天文台 ©HPTE PAUL-COMPERE
バレージュ、ピエの穀倉 ©HPTE Molteni
ツールマレー峠にある巨人の像 ©HPTE

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第13ステージにもどる≪≪   ≫≫第15ステージにすすむ

7月19日 第13ステージ ポー〜ポー

大会唯一の個人タイムトライアルが行われ、首位のマイヨジョーヌを着るジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)がトップタイムで優勝した。第3ステージに続く今大会2勝目、大会通算4勝目。この日最有力と思われた前年の覇者、イネオスのゲラント・トーマス(英国)に14秒の差をつけたアラフィリップは、総合成績で2位トーマスとの差を1分12秒から26秒に広げた。

2019ツール・ド・フランス第13ステージ、アラフィリップがトップタイム ©ASO Alex BROADWAY

これぞマイヨジョーヌマジック…アラフィリップがトップタイム

アラフィリップは最終出走者としてマイヨジョーヌのワンピースジャージーを着用してスタートした。7.7km地点にある第1チェックポイントでこれまでのトップタイムを5秒も上回る記録で通過すると、現地サルドプレスでどよめきが起こった。アラフィリップはこれまでタイムトライアルでは好成績を修めたことがないからだ。

スタート前は「これまでに経験したことがないくらい、苦しいタイムトライアルになるだろう」とアラフィリップはコメントしていたが、苦戦するという意味ではなく、力の限り攻めていくという意味だったのだ。

さらに2つの計測ポイントでもトップ。最後は激坂を駆け上がり、フランス人の観客が大興奮するなかでフィニッシュ。優勝を決めたゴール直後はチームスタッフと涙を流しながら抱き合った。

2019ツール・ド・フランス第13ステージ、ティボー・ピノ ©ASO Alex BROADWAY
2019ツール・ド・フランス第13ステージ ©ASO Pauline BALLET

「信じられないよ。本当に幸せだ。このコースは自分に向いていると思っていた。でもトーマスにこんな大差をつけてステージに勝つことができるとは思わなかった」とアラフィリップ。

「最初からかなりいいペースだったが、後半になってうまく走れることに自分自身が驚いた。観客の声援が後押ししてくれたのだと思う」

2019ツール・ド・フランス第13ステージ ©ASO Thomas MAHEUX

優勝候補と言われたイネオスは、ダブルエースのエガン・ベルナル(コロンビア)が総合3位から5位に陥落。得意とする山岳ステージは翌日からだが、エース2人を駆使してアラフィリップに揺さぶりをかけにくくなった。アラフィリップにとってはチームメートのエンリク・マス(スペイン)が総合4位にいることも頼もしい。上りが得意で、アシスト役として期待できるからだ。

2019年のツール・ド・フランスは短めの個人タイムトライアルがターニングポイントとなり、思わぬ展開に。フランス勢の34年ぶりの総合優勝の悲願もまだなくなったわけではない。

2019ツール・ド・フランス第13ステージ、アラフィリップがマイヨジョーヌを死守 ©ASO Thomas MAHEUX

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)ジュリアン・アラフィリップ(フランス、ドゥークニンク・クイックステップ)
マイヨベール(ポイント賞)ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)
□マイヨブラン(新人賞)エンリク・マス(スペイン、ドゥークニンク・クイックステップ)

2019ツール・ド・フランス第13ステージのコースマップ(クリックすると拡大します)
ポーの街からピレネー山脈の象徴であるピックデュミディを望む ©D.Guilhamassé
ポー、ブドウの収穫 ©D.Guilhamassé
ポーのエスティヴォック祭り ©Soazig de la Moissonnière
ポーから望む山並みとレストラン ©S. Torres
ポーのカステル ©D.Guilhamassé
ポーの町にあるテラスのような高台 ©Soazig de la Moissonnière
ポーのパルルマン広場 ©F. Fourcade

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる

第12ステージにもどる≪≪   ≫≫第14ステージにすすむ