バルギルとグライペルがツール・ド・フランス参戦へ

第106回ツール・ド・フランスの開幕があと12日となった6月24日、フランスのアルケア・サムシックが出場6選手を一時発表した。1チームは8人編成で、残る2選手は30日に開催されるフランス選手権後に発表される。

細身なのがバルギルでマッチョなのがグライペル

2017年大会で区間2勝と山岳賞を獲得しているワレン・バルギル(フランス)と、大会通算11勝のアンドレ・グライペル(ドイツ)がダブルエース。バルギルは総合成績の上位と山岳ステージでの優勝を、グライペルは平たんステージで3年ぶりとなる区間優勝をねらう。

●アルケア・サムシックのツール・ド・フランス出場6選手
ワレン・バルギル(フランス)
アンドレ・グライペル(ドイツ)
エリー・ジェスベール(フランス)
マキシム・ブエ(フランス)
アントニー・ドラプラス(フランス)
フロリアン・バション(フランス)

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる