フルサング、LLサンチェスがツール・ド・フランス参戦へ

アスタナのヤコブ・フルサング(デンマーク)がアスタナチームのエースとして7月6日に開幕する第106回ツール・ド・フランスに出場する。6月26日にチームが発表した。アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)、ルイスレオン・サンチェス(スペイン)らがアシスト役となり、総合成績の上位を目指す。

出場選手はマグナス・コルトニールセン(デンマーク)、ゴルカ・イサギレ(スペイン)、ペリョ・ビルバオ(スペイン)、オマール・フライレ(スペイン)、ユーゴ・ウル(カナダ)を加えた8選手。

「強力で経験豊富な選手で構成した。可能な限りの成績を修めたい」とディミトリ・フォフォノフ監督。フルサングとサンチェスは8回のツール・ド・フランス出場があり、メンバー全体では22回の経験を持つ。

グランツールで13勝している強豪チームがエースに起用したのは、2019年にリエージュ〜バストーニュ〜リエージュとクリテリウム・デュ・ドーフィネ総合優勝のフルサング。

「ステージレースでの戦い方を知っている経験値を基準としてチーム編成した。ウルとビルバオが初出場となるが、ウルはアシスト役としての走り方を知っていて、フルサングをサポートしてくれるはず。ビルバオは山岳に強く、2019ジロ・デ・イタリアで区間2勝した実績から、上りの要素が多いツール・ド・フランスには不可欠な存在だ」(フォフォノフ監督)

🇫🇷ツール・ド・フランス関連ニュース一覧
🇫🇷2019ツール・ド・フランス特集トップページにもどる