LEOMOの新作モーション解析機器TYPE-Sはスマホ的

エンデュランススポーツアスリートやそのコーチ向けにTYPE-RやLive Video Syncアプリケーションを開発・発売するLEOMOは新しいラインナップとしてTYPE-Sを、9月9日米国コロラド州ボルダーで発表した。

創業当初よりLEOMOは、アスリートが今までの限界を越えたパフォーマンスを発揮できるよう、それまでにないアスリートのモーション解析をサポートするツールの開発に全力を注いできた。積極的に最先端の情報・技術を日々のトレーニングに取り入れ、己の目標達成に貪欲なシリアスアスリートを対象としたTYPE-Sは、LEOMOの先進的なモーション解析技術を特徴としていて、ハードウェアとソフトウェア両面において実用的なあらゆる機能を備えている。

また今までのサイクリングに加えランニングやストレングストレーニングを視野に新商品を今秋から展開していくという。

TYPE-S: Precision Makes Perfect
TYPE-Sはシリアスアスリートやアクティブな生活を送る人のために設計されたスポーツパフォーマンスコンピュータだ。あらゆる場面においての利用を考慮したIPX7レベルの防水機能や直射日光下でも視認性の高い3インチの半透過型ディスプレイ。Android 9.0 OSで作動し、パフォーマンスをトラッキング用アプリLEOMO Appを標準装備。

さらにはGoogle Playストアからはミュージックアプリその他のお好みアプリを追加でダウンロードすることで、トレーニングやレースをより充実させることが可能。

TYPE-SはWi-Fi接続に加えてnanoSIMカードを使って2G/3G/LTEを経由して、どこでも常時接続が可能。コーチとのトレーニングのコミュニケーションから家族や友人とのメールのやりとり、ネットサーフィンまでTYPE-Sなら1台ですべて可能だという。

またANT+ やBluetoothに対応するセンサーを接続することで、パワー、ケイデンス、スピード、ペース、心拍や標高などあらゆるデータの同時に計測・解析が可能となる。

加えて5つのLEOMOモーションセンサーと同期できる。LEOMOモーションセンサーが収集したデータはMPI(モーションパフォーマンスインディケーター)として表示され、ユーザーはモーションを素早く数値化し分析できる。この貴重なモーションデータを確実に収集するため、TYPE-SにはLEOMOモーションセンサーとの通信に特化した専用のBluetoothチップを追加で装備した。1つのチップは一般的なBluetoothデバイス(ヘッドホン、時計、パワーメーターなど)と通信させ、もう1つのチップは5つのBluetooth LEOMOモーションセンサーのみと通信する。これにより、記録されるデータの信頼性向上とデータの欠落やセンサーの接続切断のリスクを抑えることを可能になった。

現在すでに利用可能なサイクリング用のMPI(モーションパフォーマンスインディケーター)を活用することで、シリアスなサイクリストはTYPE-Sをすぐにトレーニングやレースにおいて使用可能。またLEOMOはTYPE-Sの発表と同時に、ランニング用のMPI開発の最終段階に入っていることも発表した。同社は今まで世界的な長距離ランナーやコーチと協業することで、ランナーにとってランニングエコノミーや成績に影響を与える重要な指標を見極めてきた。これらの指標はMPI(モーションパフォーマンスインディケーター)として表示され、ランナーがランニングの効率を上げたりケガのリスクを下げたりすることが期待されている。

「私たちは今までスポーツの現場で役立つ新たなテクノロジーの研究・開発を推し進めてきました」とLEOMOのCEOで共同設立者でもある加地邦彦氏。
「自分の目標に向けて日々のトレーニングにストイックに取り組むあらゆるカテゴリーのアスリートを私たちは応援しています。私たちは、そんな彼ら彼女らの成功をサポートするためにTYPE-Sを開発しました」

LEOMOの加地邦彦CEO

製品情報
LEOMOは2つのTYPE-Sのラインナップの提供を今秋に予定
9月9日よりキックスターターで先行受付を開始