東京五輪中止も延期もない…IOCのバッハ会長

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は、急速に広がるコロナウイルスが2020年の東京オリンピックに影響を与えるかについて、憶測で語られることを拒否し、大会開催に向けて進むだろうと繰り返した。

IOCのバッハ会長 ©Mark Runnacles/Getty Images for ANOC

バッハ会長は3月4日の記者会見で、スイスのローザンヌで開かれたIOC理事会の2日目に「キャンセルという言葉も延期という言葉もなかった」と語った。

IOCの指導部は3日、7月24日から8月9日まで開催される予定の東京オリンピックの成功に対する「完全なコミットメント」声明を発表した。しかし同日、日本のオリンピック大臣はまた、コロナウイルスの流行のために大会は後日に延期される可能性があると主張した。

オリンピックが延期されないと確信している理由を尋ねられると、バッハ会長はこう答えた。

「私たちはスポーツ団体であり、世界保健機関(WHO)の助言に従っている」

バッハ会長は2月28日、WHOのテドロス・アダノム事務局長や他の有力当局者と会談した。一方、2月中旬に創設された共同タスクフォースは、IOC、東京2020、東京の開催都市、日本政府、WHOの職員が協力して取り組んでいる。

東京大会を延期するかどうかの決定期限に関する別の質問に答えるにあたって、バッハ会長は「私は議論の炎に燃料を加えない」と付け加えた。しかし、WHOがパンデミックを宣言した場合、IOCの考え方は変わるのか?

「私はそのような単なる憶測のいかなる方法にも参加しない」と会長は主張した。

2019年末に中国で出現したコロナウイルスは、世界中で3000人以上が死亡し、9万5000人以上が感染している。スポーツ界の日程でも大混乱を引き起こし、東京2020の予選大会にも影響を与えている。延期、キャンセル、会場の変更、選手の旅行の問題があるという。

予選大会中止で参加資格増の可能性も

「これは難しい問題だ」とバッハ会長は認めている。

「しかし私はまた、オリンピック運動と誰もがこれらの課題に対処するためにこれまでに示した大きな連帯を誇りに思っていると言わなければならない」と語る。

バッハ会長は、コロナウイルスの影響を受けた競技に対して「五輪参加資格」の追加割り当てが実施される可能性があることを明らかにした。

「選手が資格プロセスに参加できない場合は、五輪参加資格に関して国際競技団体と協議しなければならないかもしれない」と、バッハ会長。

「このような場合には国際競技団体と協議して公正な解決策を見つけたい。この公正な解決策は、最終的には参加選手数の追加である」

●国際スポーツプレス協会のホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。