青学大で箱根駅伝優勝の吉田祐也がGMOで現役続行

GMOインターネットは、世界で戦うNo.1アスリートの育成を行う「GMOアスリーツ」の選手として、男子陸上長距離の吉田祐也(青山学院大4年)の所属が内定しましたことを発表した。2020年4月1日入社予定。

左からGMOインターネット取締役副社長 兼 GMOアスリーツ部長の安田昌史、吉田祐也、GMOアスリーツの花田勝彦監督

吉田は、全日本大学駅伝2018年大会で5区区間賞、2019年大会で5区区間3位、2020年の箱根駅伝では第4区区間賞と区間新記録を樹立し、青山学院大の総合優勝に貢献した。さらに、2020年2月に開催された別府大分毎日マラソンでは、マラソン初出場ながら2時間8分30秒の好記録で総合3位(日本人トップ)という結果を残し、今後のさらなる活躍が期待されている。

「GMOアスリーツ」は、世界の大舞台での活躍を目指す吉田がこの先も競技活動に専念できるよう、GMOインターネットグループの総力を挙げて支援していきたいという。

責任感を持って愚直に取り組みたいと吉田

●吉田祐也のコメント
2020年度からGMOインターネットグループ(GMOアスリーツ)に所属し競技を続けることにいたしました。日々支え、応援してくださるみなさん、尊敬できる先輩方や監督とともに、2024年パリオリンピック、2028年ロサンゼルスオリンピックのマラソン日本代表を目指します。社会人として「走ることを楽しむ」気持ちに加え、「責任感」を持って、長い時間をかけ地道に愚直に取り組んでいきます。これまで同様、個人、チームともに応援のほどよろしくお願いします。

吉田祐也プロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■名前     :吉田祐也(よしだ ゆうや)
■出身地    :埼玉県
■生年月日   :1997年4月23日
■主な成績・記録:5000m公認:14分02秒18
         10000m公認:28分42秒58
         フルマラソン公認:2時間08分30秒
         2018年全日本大学駅伝:第5区走者・1位
         2019年全日本大学駅伝:第5区走者・3位
         2020年箱根駅伝:第4区走者・1位(区間新)
         2020年別府大分毎日マラソン:3位(日本人1位/学生歴代2位)

GMOアスリーツとは

GMOインターネットグループは多くの人の笑顔・感動を創造するべく、さまざまな文化・スポーツの活動支援・協賛を行っている。その一環として2016年4月1日に、「世界に通用するNo.1アスリートの育成」を目的に「GMOアスリーツ」を創設。現在は男子陸上競技(長距離)のアスリートを支援している。
公式サイトURL
公式選手プロフィールURL
公式Facebook
GMOアスリーツ紹介動画

MAVICのディスクブレーキホイールを試乗してみよう

マヴィックジャパンが全国の対象店舗110店でMAVIC(マヴィック)製のディスクブレーキホイール各種の試乗機会を長期にわたって提供する。対象店舗は同社ホームページで。

Comete Pro Carbon Disc

今やトレンドとも言えるディスクブレーキ搭載のロードバイク。完成車を買うライダーも急増してきた昨今、トップモデルからエントリーモデルまで幅広いホイールを展開するMAVICとして、各ライダーに本来の自身のライドに適したプロダクトを実際に乗って体感して選んでもらおうと『ディスクブレーキホイールの試乗機会』を提供することになった。

MAVICが全国の対象店舗にさまざまな試乗用ディスクブレーキホイールを投入、各店舗で消費者が試乗できる仕組みとなっている。2020年シーズンインに向けて、さまざまなホイールを体感できるように、2020年1月より試乗用ホイールを投入開始。今後も長期間にわたって実施する予定だという。


COMETE PRO CARBON DISC

Comete Pro Carbon SL Disc

低ドラッグかつ横風を受けた際の安定性にも高い、ワイドなラウンドシェイプが特報のNACA64㎜エアロフォイルリム搭載。オールラウンダータイプ。ハイト高:64㎜ エアロ効果、高速順行性高が特徴。他2種と比較すると重量があるため、平地の多いコースやトライアスリート向け。

<SLとNON-SLの違いについて>
リムは同様。スポークの形状とリアホイールにおけるスプロケット側スポークの編み方が異なる(放射線状、クロス編み)
SL:イソパルス(放射線状) スポークの長さが短くなるため、硬く、よりクイックな反応を得られる。レースよりのモデル。
NON-SL :クロス編みにより、走行時にスポークに適度なしなりを発生することで衝撃吸収性を向上。快適性を提供。


COSMIC PRO CARBON DISC

Cosmic Pro Carbon Disc
Cosmic Pro Carbon SL Disc

新たに45mmのリム形状とロードチューブレステクノロジーを採用した、カーボンディスクブレーキオールラウンダー。ハイト高:45mm。どんなシチュエーションでも使えるディスクを求めている人に最適。高速順行性が高く、エアロ効率、素早い加速とすぐれたライドクオリティを集約させたモデル。


KSYSIUM PRO CARBON DISC

Ksyrium Pro Carbon Disc
Ksyrium Pro Carbon SL Disc

超軽量モデル。山岳、ヒルクライムに最適。ハイト高:32mm。漕ぎ出しの軽さ、スプリント、登坂性能、コーナリングスピードの全てを向上。他2種と比較し、リム幅が広く(21mm)タイヤに入る空気量が多いことで、衝撃吸収性に優れ、快適な乗り心地を提供。ハンドル操作がしやすく、ヒルクライマーや女性にもおすすめ。


ひとりひとりのライディングスタイルに合った空気圧を教えてくれるMAVICアプリ

MAVICはユーザーの情報発信やサービス充実のためのアプリ 『MY MAVIC』を公開して。このアプリはだれでもダウンロードすることが可能で、このアプリひとつでスマートフォンから簡単にMAVICの役立つ情報を手に入れることができる。さらに、MAVIC正規特約店で購入した人は、『MAVIC CARE』というアフターサービスに登録することが可能。
■MY USER GUIDE
登録しているホイールのユーザーガイドが簡単に開ける。
■最適なタイヤ空気圧を見つけよう
ひとりひとりのライディンスタイルに合った空気圧が分かる。

●マヴィックのホームページ

映画『栄光のマイヨジョーヌ』が北海道から九州まで31館で拡⼤公開

新宿ピカデリー/なんばパークスシネマ(⼤阪)のメイン劇場2館で⼤ヒット公開中の映画『栄光のマイヨジョーヌ』が、北海道から九州までトータル31館で拡⼤公開となることが決定した。

マイヨジョーヌを着るサイモン・ゲランス。『栄光のマイヨジョーヌ』より ©2017 Madman Production Company Pty Ltd

映画『栄光のマイヨジョーヌ』拡⼤公開決定劇場

●3月13日(⾦)〜 神⼾国際松⽵(兵庫)/MOVIX利府(宮城)/MOVIX柏の葉(千葉)/MOVIX三郷(埼⽟)/MOVIX堺(⼤阪)
●3月27日(⾦)〜 イオンシネマ名古屋茶屋(愛知)/イオンシネマ豊⽥KiTARA(愛知)
●4月3日(⾦)〜 MOVIX昭島(東京)/MOVIX橋本(神奈川)/MOVIX清⽔(静岡)/MOVIX三好(愛知)/MOVIX伊勢崎(群⾺) イオンシネマ⼩樽(北海道)/イオンシネマ⽯巻(宮城)/イオンシネマ三川(⼭形)/イオンシネマ天童(⼭形) イオンシネマ⽶沢(⼭形)/イオンシネマ新潟⻄(新潟)/イオンシネマ県央(新潟)/ イオンシネマ港北ニュータウン(神奈川)/イオンシネマ常滑(愛知)/イオンシネマ豊川(愛知)/ イオンシネマ明⽯(兵庫)/イオンシネマ防府(⼭⼝)/イオンシネマ広島⻄⾵新都(広島)/ イオンシネマ⼾畑(福岡)/イオンシネマ福岡(福岡)/イオンシネマ佐賀⼤和(佐賀)/イオンシネマ熊本(熊本)

『栄光のマイヨジョーヌ』より ©2017 Madman Production Company Pty Ltd

初⽇である2⽉28⽇⾦曜⽇劇場には、平⽇にもかかわらず20代から50代までロードファンだけではなく、⼀般層を含み、かつ幅広い年齢層がつめかけ、⼥性客が全体の約5割を占める客層に。また満席の回もあり昨今の社会情勢の影響が感じられない動員となった。

その後の興⾏でも客⾜は途絶えず、「スポーツノンフィクショ ンの枠を超えた“ヒューマンドラマ”に、SNS上では「泣いた」「もう⼀度観に⾏く」などの声や⾃分が住む地域 での上映を熱望する声が広がっていた。

映画は、オーストラリア初のプロサイクリングロードレースチーム“グリーンエッジ” の発⾜から5年に渡りチーム内部から彼らのレースツアーに密着したスポーツノンフィクション映画。命がけで過酷な競技の実態、エースを優勝へ導くためアシストに徹する⾃転⾞ロードレース特有のチームプレー、強い信頼関係や敬意の上にのみ成り⽴つ「ALL FOR ONE」(原題)の精神。ただ体⼒・技術勝負だけでない“⼈としての強さ”も試される⾃転⾞ロードレースの奥深さに、各界からも絶賛コメントが到着している。

『栄光のマイヨジョーヌ』より ©2017 Madman Production Company Pty Ltd

「疾⾛!物語が⾵のように駆け抜けていくドキュメンタリー(⽔道橋博⼠/芸⼈、タレント)」
「根性は⽇本の特許ではなかった!実際にあったことの記録なのに物語ができ過ぎています。涙も出るし、 希望も湧くし、スポーツにうといぼくは感激しました。(ピーター・バラカン)」
「チームで⼀番必要な事は、みんなで同じゴールへ⾛っていくこと。戦うためには、チームでなにをする必要があるのか? ⾃分にできることとは何か? 僕がグリーンエッジで⾛っていた時に感じさせてくれたこと… ⼀つのゴールのために⾃分たちは “決して諦めない”(”I donʼt back down”)。壮⼤なプロジェクトから⼀つのゴールに向かって⾛る僕らプロサイクリストのヒューマンドラマをどうぞご覧ください。 (プロサイクリスト 別府史之/NIPPOデルコ・ワンプロバンス)」

●映画のホームページ