オールバーズを履いてみた…意外な盲点と驚くべき性能

映画俳優のレオナルド・ディカプリオがその履き心地にほれ込んで出資したことで話題の米国サンフランシスコ発のシューズブランドAllbirds(オールバーズ)を履いてみた。

地球環境に優しいシューズは履き心地も優しいか

オールバーズは2020年1月10日、東京・原宿に世界15店舗目、日本初店舗をオープンさせて連日盛況だ。ロゴさえないシンプルなデザイン、自然から作られた製品に魅力を感じる人がひっきりなしに来店する。オープン前に搬入された在庫はあっという間に品薄になり、その中で「ウールランナーアップ・ミズル」というモデルをゲットした。

価格は1万7500円。シンプルで安価なモデルがそろうオールバーズの中で最も高額なモデルだ。

ディカプリオも環境活動家として知られるがサステイナビリティ、いわゆる地球環境に優しいものづくりがオールバーズのモットーだ。気候変動に対応するべく力を尽くすなかで、「素材にこだわる」ためにはどうすればいいのか、という一見単純にも思える問いを突き詰めた。

最初に発売されたのが、今やシグニチャーとなっている「Wool Runners(ウールランナー)」。最高級のメリノウールを使用した新しい快適性はもちろん、シューレースに再生ポリエステル使用、インソールには石油ではなくヒマシ油を用いて炭素排出量を抑えることで環境に配慮した。日々最新のテクノロジーを生み出しているシリコンバレーでさっそく支持を集めたのはいうまでもない。

ウールアッパーは極細メリノウールで作られた独自の素材だ。共同経営者の1人がサッカー元ニュージーランド代表ということもあり、同国のメリノウールをシューズ素材としてまっさきに採用した。柔らかくて心地よく、ソックスなしでも履きこなせるほどだという。

人間の髪の5分の1という太さのメリノウールを使うのが最大の特徴。通気性、温度調節機能に優れていて、チクチクしない柔らかな手ざわりであることは、寒い中でもアウトドア走行するサイクリストのウインタージャージで知っている。

内側は柔らかく、外側は丈夫で撥水性に優れていて、今までにない快適さを実現したというウールランナーアップ・ミズル。モデル名に「アップ」とつくのはハイカットスタイルだからだろう。

撥水性はないが、ここからが思わぬ機能発揮

他社スニーカーのような目を引くロゴも無意味なディテールもない。自然な素材を使用し、実用性を考えてデザインされた世界一快適なシューズだという。それほどにシンプルだ。快適な履き心地には確かな自信がみなぎる。オールバーズのシューズを30日間履いてみて、満足できない場合は無条件で返品可能。

モデル名の最後にあるミズル(Mizzle)は霧、霧雨という意味。この単語を名づけた理由は「どんな天気でも、足元を濡らさずに快適な状態を保つことができるからだ」という。

つまり撥水性があるというふれこみだが、実はこのポイントが履き込んでみるとメーカー側のふれこみとは異なった。わずかな雨なら水滴をはじいてくれるようだが、長雨はもうムリだった。雨の日に歩いたら30分ほどで内側のソックスまで濡れてしまったのである。雨粒がそのまま中にしみこんできた。

ただし機能性を発揮したのはそれからだ。

この日は雨の中を歩いて、アイススケートリンクに行って、全日本女子アイスホッケー選手権を取材。もちろんソックスは濡れたまま。観戦慣れした人はブランケット持参で足もとから冷え込む環境に対処していた。当然かなり寒かったのだが、シューズの中の濡れたソックスは乾きこそしなかったがそのまま保温・保湿されたまま。アイスリンクに数時間いたが、足の寒さは感じなかった。

取材後は新幹線などを使って5時間後に帰宅した。玄関でシューズを脱ぐとソックスはまだ濡れたままだった。これまでのどんなシューズでも経験しなかったことだけにビックリ。要点を整理すると、撥水性はないが、保温と保湿は抜群だったということだ。

夏場でも快適なのかも今後チェックしたい

もうひとつ、今回は足にしっかりフィットするようなジャストサイズを選んた。品薄なので在庫の中から無理に選ぶ制約もあったからだ。履きこなしていくうちにアッパーが緩んできてブカブカになるのではと思ったからだ。ちょっとだけキツめのサイズだったため、つま先部に親指の爪が浮き出るのが目に見えた。でも靴を脱げばそれが元に戻る。型崩れはあまりしないようだ。

インソールはメリノウールから独自開発された素材で作られている。柔らかく、湿度を調整し、防臭効果も抜群。このあたりはその通りだと感じた。

購入してから3カ月が経過。冬場の寒い時期だったが、寒さを感じたことはない。ただし空気が抜けていく感覚はあるので、通気性も抜群にあることは間違いない。シューズを脱ぐとソックスにぬくもりを感じるが、手でさわってみるとベタベタする感じではない。

夏場は逆に涼しいというが、実験はこれから。ホントに快適なのかなと思うが、想像以上の機能を発揮するだけに興味深い。

●オールバーズの公式サイト

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。