ジロ・デ・イタリアバーチャル、4月18日開幕…ファンも参加可

ジロ・デ・イタリアバーチャルbyエネルが4月18日に開幕する。リアルなジロ・デ・イタリアに出場するレベルの「プロ」、自転車界の元スター選手「レジェンド」、女子の「ピンクレース」が連日開催され、世界中のサイクリストもオンラインで参加できる。全7ステージで5月10日まで行われる。

2017ジロ・デ・イタリア © LaPresse – Fabio Ferrari

開幕前日にイタリアのプロ2チーム、アンドローニジョカトリ・シデルメクとビーニザブKTMが参戦することになり、発表されていた6チームに加わった。プロカテゴリーは合計8チームが第1ステージ、リアル大会の第10ステージ最後の32.1kmに挑む。プロとピンクレースは各チーム2選手がステージごとに出走する。

第1ステージでは、2019欧州ロードレースチャンピオンのエリア・ビビアーニがイタリアナショナルチームとして出場し、アスタナのアレクセイ・ルツェンコとダビデ・マルティネッリ、バーレーン・マクラーレンのグレガ・ボーレ、ユンボ・ビズマのパウル・マルテンスらと戦う。

19日のレジェンドにはイバン・バッソ、ステファノ・ガルゼッリ、アレッサンドロ・バラン、クラウディオ・キャプーチ、アンドレア・タフィ、ステファノ・アロッキオ、アレッサンドロ・ベルトリーニらが同じコースに挑む。

ジロ・デ・イタリアバーチャル第1ステージはリアルジロ・デ・イタリア第10ステージのラスト32.1kmを走る

第1ステージ出場選手
●ジロ・デ・イタリアバーチャル

アスタナ=ダビデ・マルティネッリ、アレクセイ・ルツェンコ
モビスター=ヨハン・ヤコブス、ホルヘ・アルカス
バーレーン・マクラーレン=フレッド・ライト、グレガ・ボーレ
ユンボ・ビズマ=パウル・マルテンス、タコ・ファンデルホールン
アンドローニジョカトリ・シデルメク=マルコ・フラッポルティ、ニコラ・バジョーリ
バルディアーニCSFファイザネ=ミルコ・マエストリ、ニコラス・ダッラバッレ
ビーニザブKTM=シモーネ・ベビラクア、フランチェスコ・ボンジョルノ
イタリアナショナルチーム=エリア・ビビアーニ、サムエーレ・ゾッカラート

アスタナの第1ステージ出場選手はダビデ・マルティネッリとアレクセイ・ルツェンコ

第1ステージ出場選手
●ピンクレース
アスタナ=リリアナ・モレノ、カティア・ラグーサ
モビスター=バーバラ・ジュアリージ
トレック・セガフレード=エリサ・ロンゴボルギーニ、リジー・デイニャン
イタリアナショナルチーム=マリアジュリア・コンファルニエーリ、アリアナ・フィダンツァ

2015世界チャンピオンのリジー・デイニャンがトレック・セガフレードの選手としてマリアローザに挑む ©kramon
ジロ・デ・イタリアバーチャルの日程。アマチュアは自宅から毎日参加できる

ファンが自宅参加するにはどうしたらいいの?

ジロ・デ・イタリアバーチャルに参加するにはGarmin Edgeサイクルコンピュータが必要(使用できるGarmin Edgeはこちら)。www.garminvirtualride.com/itでガーミンコネクトアカウントを取得。登録は無料。登録後、ジロ・デ・イタリアバーチャルの7つのステージのGPXファイルをアップロードする。

自転車を搭載するスマートトレーナーは推奨されるTacx社製品でなくても、同様の機能を備えたインタラクティブなスマートトレーナーなら使用可能。

イベントにサインアップすると選手としてジロ・デ・イタリアバーチャルの7つのステージすべてで競うことができる。登録は個人総合成績を争う「アマチュア」と、「レジェンド」「プロ」「女性」の4つのカテゴリーに分かれている。登録ポータルは4つの言語でアクセスでき、イベントの公式ルールブックは英語とイタリア語の両方で確認できる。

●Garminバーチャルライドのホームページ

🇮🇹ジロ・デ・イタリアバーチャル / 延期された2020ジロ・デ・イタリア特集サイト

一般参加に関する詳細は下記ニュースを参照のこと。

カステリがマリアローザ販売。1枚5ユーロを赤十字社に

ジロ・デ・イタリアのリーダージャージを協賛するサイクリングウエアメーカーのカステリがバーチャルレースにも協力。マリアローザなどのリーダージャージレプリカを一般発売し、1枚につき5ユーロ(600円)をイタリア赤十字社に寄付する。

マリアローザ(個人総合成績)

●カステリのホームページ