トーキョーバイクが新モデルTOKYOBIKEモノを4月25日発売

トーキョーバイクは2020年4月25日(土)に新モデル「TOKYOBIKE MONO(モノ)」を発売。街を楽しむための機能とシンプルなデザインが特徴の自転車。全国のトーキョーバイク取り扱い店、Tokyobike Shop、トーキョーバイクオンラインストアで注文が可能。発売に合わせて特設サイトもオープンした。

●トーキョーバイクの特設ホームページ

「シンプルでちょうどいい」自転車

トーキョーバイクの原点ともいえる「シンプルでちょうどいい」を形にした。ゆったりと流れるような乗り心地は、初めての人にも、 乗り慣れた方にもフィットする。MONOはギリシャ語で「1つの」を意味する接頭辞。最もシンプルでベーシックでありながら、乗る人によってスタイルを変化できる柔軟性をモデル名に込めたという。

シンプルでちょうどいい自転車がコンセプト

■タイムレスなカラーやこぎ出しの軽さ、高いカスタマイズ性が特徴 
アイボリーやモスグリーンなど、流行に左右されないタイムレスなカラーの全6色、ツヤあり仕上げでの展開。普段着に合わせやすく、街に溶け込む。こぎ出しの軽さを重視した26インチタイヤと変速のないシングルギア、ゆったりとした乗車姿勢が特徴。また、乗る人の生活スタイルに合わせたカスタムをしやすい設計になっている。

MONOはギリシャ語で「1つの」を意味する接頭辞

■全国約40カ所の店舗で試乗サービスがスタート 
発売に合わせ、東京都内のTokyobike Shop各店に加え、全国の取り扱い店で「TOKYOBIKE MONO(モノ)」の試乗サービスが始まる。期間は2020年11月末までの予定。対象店舗や各店の試乗可能サイズなどはホームページで。

TOKYOBIKE MONO(モノ)
発売日:2020年4月25日(土)
展開店舗:全国の取扱店、Tokyobike Shop各店、トーキョーバイクオンラインストア
価格:4万8000円(税別)
カラー:全6色((ブルージェイド、ブラック、アイボリー、ヴィンセントブルー、モスグリーン、ヴィンテージオレンジ)
フレームサイズ: S(47cm) M(53cm) L(57cm) (C-T)
目安の適応身長:S(150~165cm) M(165~175cm) L(175~185cm)
本体重量: 10.7kg (Mサイズ)
タイヤ: 26×1.15HE ブラック/アイボリーサイド
チューブ: 英式バルブ
変速: シングルギア(フロントギア44T/リア18T)
フレーム/フォーク: フルクロモリ
ハンドル: クラシックハンドルバー
センタースタンド付き

■トーキョーバイクについて 
東京の東側、谷中に拠点を置く自転車メーカー。街や生活を楽しむための自転車、「トーキョーバイク」を2002年に発売。現在、都内4カ所と海外8カ所でTokyobike Shopを運営するほか、全国200店舗以上の取り扱い店で展開している。また、旅する人がその土地の住人のように街を楽しむために、レンタサイクルサービスを直営店舗のほか、提携する宿泊施設等で展開しています。