ガールズケイリン総選挙で太田りゆや高木真備らが選出

「顔よりも太もも」というキャッチフレーズで知られるガールズケイリン総選挙の結果投票が発表され、7選手が8月13日に名古屋競輪場で開催されるガールズケイリンコレクション2020への出場権を獲得した。

総選挙の1位は児玉碧衣。2位は高木真備。3位は石井寛子。2024パリ五輪の女子ケイリン出場を目指す太田りゆが7位。

整理番号級班登録番号氏名年令府県期別
1L115080児玉 碧衣25福岡108
2L115021高木 真備25東京106
3L114963石井 寛子34東京104
4L115032小林 優香26福岡106
5L115023石井 貴子30千葉106
6L115218太田 りゆ25埼玉112
7L115027長澤 彩32愛知106
荒川ひかりは選考期間において欠場防止策にかかる規程などに抵触したため、選出なし。級班及び年令は第63回オールスター競輪初日(2020年8月12日)時点のもの

ガールズケイリン総選挙とは

オールスター競輪(8月12日~16日・名古屋競輪場)開催中に実施される一発勝負のレースに出場させたい14名のガールズケイリン選手を決めるのが、ガールズケイリン総選挙。上位7選手が女子最高レベルのガールズドリームレースに、8〜14位がアルテミス賞レースに出場する。

※2019年後期(7月~12月)における平均競走得点が47点以上の選手を投票対象としていて、47点未満の選手は除外している。投票12位の福田礼佳は選考期間において規定の出走回数に達していないため不選出。

●ガールズケイリン総選挙のホームページ