ペイントまで軽量化…トレックの新型Madone SLR Disc

トレック・ジャパンは最大450gの軽量化を果たした新型Madone SLR Discを発表。7月17日よりProject Oneの受注を開始した。2021年モデルの新型Madone SLRは、見た目は変わらないが、中身が大幅にアップデートされた。

OCLV 800を採用
30%強度が向上したOCLV 800シリーズカーボンをMadone SLRに採用した。これにより前作比でフレーム単体80gの軽量化を果たした。

T47 BBを採用
Domane、Émondaとカーボンロードで採用しているT47 BBをMadoneにも採用。

フレームサイズ47cmを追加
以前から強い要望があった47cmサイズのMadone SLR Discが追加された。

チーム仕様の完成車で最高450gの軽量化
フレーム単体では80gの軽量化だが、下記のアップデートによりエアロ性能を変えずに450gの軽量化を達成している。重量減のブレークダウンは以下の通り
・新しいOCLV 800を使用したフレーム -80g
・新型Aeolus RSL 37 ホイール(比較対象のAeolus XXX 4 Discとほぼ同等の空力性能)-100g
・新型Aeolus RSL Bar/Stem(比較対象のMadone専用2ピースハンドルバーとほぼ同等の空力性能) -160g
・塗装の軽量化によりチームカラーのフレームを軽量化 -50g
・SRAM DUB クランクの採用 -60g

塗装の軽量化について

男女両方のチームペイントにスモークカラーと呼ばれる色付きのクリアコートを採用することでペイント重量を50g軽量化した。DomaneやÉmondaのチームペイントもスモークカラーを採用し、軽量化に寄与している。スモークカラーを使ったProject Oneカラー選択でも軽量化される。

最軽量モデル

●トレックのホームページ