夏季ユース五輪体操5冠の北園丈琉が徳洲会体操クラブへ

第3回ユースオリンピック競技大会の体操男子個人総合と種目別で計5個の金メダルを獲得した大阪・清風高の北園丈琉(きたぞのたける)が徳洲会体操クラブに2021年4月から所属することになった。同クラブの監督は米田功。

北園は3歳から体操を始め、多くの五輪選手を輩出している中高一貫校の名門清風学園に入学。その後、ユースオリンピック競技大会や全国高等学校総合体育大会で優秀な成績を修めるなど、高校生ながら日本のみならず国際大会でも活躍してきた。今後さらなる活躍が期待される選手の一人。

2021年から北園は同クラブに所属し、東京2020オリンピック出場と世界で活躍できる選手を目指していく。


北園丈琉のコメント
私が徳洲会体操クラブに入団を決めた理由は、体操を続けていく上で最高の環境だと思ったからです。今まで清風でもチャレンジし続けてきたので、そこはブレずに自分の目標達成へ精一杯努力していき、皆に憧れられるアスリートになれるよう頑張ります。

大阪・清風高体操競技部の梅本英貴監督コメント
この度、本校の北園丈琉が徳洲会体操クラブに進むということを決めました。これは彼にとって大きな決断だったと思います。今まで皆が進んできた進路とは違う決断になります。しかし自分の大きな夢のため妥協せず、チャレンジしました。この大きな決断に私も感銘を受けましたし、大きな夢を徳洲会に託したいと思います。今後、大きな夢を持ち続け、また人にも夢を与えられるような人間に成長していってもらいたいです。私自身も彼の成長を楽しみに応援していきたいと思います。

徳洲会体操クラブの米田功監督コメント
北園選手が徳洲会体操クラブの一員になってもらえることをうれしく思っています。体操界だけではなくスポーツ界をリードする選手を目指していきましょう。


北園丈琉(きたぞの たける)
生年月日 :2002年10月21日
出身地 :大阪府
出身校 :清風高(大阪)
身長/体重:148cm/45kg ※公益財団法人日本オリンピック委員会参照

主な戦績
●2018年第3回ユースオリンピック競技大会 ☆史上初の5冠達成
男子個人総合優勝、男子種目別ゆか優勝、男子種目別つり輪優勝、男子種目別平行棒優勝、男子種目別鉄棒優勝

●2019年全国高等学校総合体育大会 ☆当時高校2年生ながら4冠達成
男子団体総合準優勝、男子個人総合優勝、男子種目別床優勝、男子種目別平行棒優勝、男子種目別鉄棒優勝、男子種目別あん馬準優勝、男子種目別つり輪準優勝

●徳洲会体操クラブのホームページ