ローソンが小型電動アシストシェアサイクルのポート導入

電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP(ループ)は、コンビニエンスストア「ローソン」店舗に小型電動アシスト自転車のシェアサイクルサービス「LUUP」のポートを導入する。

ポート第一号店舗は世田谷三軒茶屋一丁目店に決定

非三密型の移動手段のニーズが高まる中で、人々の通勤や買い物のスタイルが日々変化している。その中で、全ての人の自宅近くに必ずあるコンビニエンスストアの重要性はさらに高まっている。 

街じゅうの電動アシスト自転車にどこからでも乗れて好きな場所に返せるシェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」は渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の6エリアの一部で2020年5月25日より展開している。サービス開始から約2カ月が経過したが、8割程度のライドが30分以下、6割程度のライドが1~15分の利用。

2017年に国土交通省が発表した資料によると、港区を中心に都内で展開しているシェアサイクルサービスの平均利用時間は約37分だった。これらのデータから、人々がラスト・ファーストワンマイルの移動に電動アシスト自転車のようなモビリティを利用するニーズがあることがわかった。 

今回、ローソンにLUUPのポートを導入することによって、日々の必需品の買い物のための移動がさらに安心・便利になる。ローソンに設置されたLUUPポートを活用することで、人々の新しい生活スタイルが生まれそうだ。

●LUUPのホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。