ヒルシが悲願の初勝利…ツール・ド・フランス第12S

第107回ツール・ド・フランスは9月10日、今大会最長となるショビニー〜サランコレズ間の218kmを走る第12ステージが行われ、サンウェブのマルク・ヒルシ(スイス)がレース終盤の山岳で単独アタックし、ゴールまでの28kmを逃げ切ってプロ初勝利。

マルク・ヒルシが独走 ©A.S.O. Pauline Ballet

総合成績ではユンボ・ビスマのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア)が総合成績の上位選手と同タイムでゴールし、首位を守った。

2019年11月に逝去したレイモン・プリドールの故郷を通過 ©A.S.O. Pauline Ballet

22歳になったばかりの同選手は2018年にU23世界選手権と欧州選手権に優勝した逸材で、今大会も序盤から積極的な走りを見せていた。

人気があったがツール・ド・フランスに勝てなかった故プリドール氏の家族を招いてセレモニー ©A.S.O. Pauline Ballet
最長距離の218kmを走った第12ステージ ©A.S.O. Alex Broadway
マイヨジョーヌのログリッチ(前から4人目)とそれを援護するユンボ・ビスマ勢 ©A.S.O. Alex Broadway
ヒルシが独走状態になると、追走集団でニコラス・ロッシュが抑え役を務める ©A.S.O. Pauline Ballet
ヨナタン・カストロビエホ(スペイン) ©A.S.O. Pauline Ballet
マルク・ヒルシがツール・ド・フランス第12ステージで優勝 ©A.S.O. Alex Broadway

●4賞ジャージ
マイヨジョーヌ(個人総合成績)プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)
マイヨベール(ポイント賞)サム・ベネット(アイルランド、ドゥークニンク・クイックステップ)
マイヨブラン・アポワルージュ(山岳賞)ブノワ・コズネフロワ(フランス、AG2Rラモンディアール)
□マイヨブラン(新人賞)エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアス)

ログリッチがマイヨジョーヌを死守 ©A.S.O. Alex Broadway

第11ステージにもどる≪≪   ≫≫第13ステージにすすむ

🇫🇷ツール・ド・フランス2020特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト