エガン・ベルナルがリタイア…チームが最善策と判断

2019ツール・ド・フランスの総合優勝者、イネオス・グレナディアスのエガン・ベルナル(コロンビア)が9月16日に行われる第17ステージをスタートしないことをチームが発表した。ベルナルとチームが「リタイアすることが将来的にベストの選択肢」と同意したという。

エガン・ベルナルが第15ステージで苦戦 ©A.S.O. Pauline Ballet

ベルナルは大会中盤戦まで首位をうかがう位置にいたが、第13ステージでプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ビスマ)とタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAEエミレーツの)から38秒遅れた。ベルナルは第15ステージでも7分20秒遅れで、総合優勝争いから一気に脱落。第16ステージでも遅れて総合成績で19分04秒遅れの総合19位となっていた。

「私たちは彼の最善の利益のためにこの決定をした」と、マネージャーのデイブ・ブレイルズフォー。

「ベルナルは走るのが好きな偉大なチャンピオンだが、このあとも大きなレースに挑む若いライダーでもあり、現段階ではツール・ド・フランスを走るのをやめる方が賢明だと感じた」

🇫🇷ツール・ド・フランス2020特集サイト
🇫🇷ツール・ド・フランス公式サイト