津田悠義が強豪仏アマ、シャンベリーCFに入団決める

EQADSの津田悠義(2002年生まれ/愛知県出身)が、UCIワールドチームであるフランスのAG2Rラモンディアル(2021年からはAG2Rシトロエン)の育成チーム、シャンベリー・シクリズム・フォルマスィオン(CCF)(アマチュアチーム)と2021年の選手契約を締結した。

津田悠義が3月8日にフランスで開始されたレースで優勝

2001年結成のシャンベリー・シクリズム・フォルマスィオン(Chambéry Cyclisme Formationは、フランスアルプスの都市シャンベリーを拠点とし、フランス自転車競技連盟FFC監修のもと運営されるフランスを代表するトップアマチュアチーム(DN1カテゴリー)。

CCF最大の特徴は、フランスのトップアマカテゴリー、ディビジョンナショナル1(DN1)で常にトップクラスの成績を修める競技力を維持しながらも、所属する選手にはキャリア後を見越した勉学・学習継続が義務づけられている点。

CCFはUCIから正式にUCIワールドチーム「AG2Rラモンディアル」(2021年からは「AG2Rシトロエン)の下部育成チームとして登録・認定されている。育成チームに所属する選手は、親チーム(AG2Rシトロエン)が出場するUCIプロシリーズ(旧HC)&1クラスのレースに出場する機会が与えられる可能性もある。

シャンベリー・シクリズム・フォルマスィオン

CCFが過去に輩出した選手には、ツール・ド・フランスでも活躍するロマン・バルデ、ナンス・ピーターズ、ブノワ・コヌフロワなどがいる。

津田は引き続き、欧州でトッププロチームとの契約獲得を目指して着実に駒を進めていきたいという。

●シクリズムジャポンの詳細ホームページ