国内自転車レースに新団体「ジャパンサイクルリーグ」発足

2021シーズンより国内に新たなサイクルロードレースリーグ としてジャパンサイクルリーグ(名称:JCL)がスタートする。運営会社名はジャパンサイクルリーグ。チェアマンは片山右京。代表取締役社長は廣瀬佳正。

日本サイクルロードレースに新たな歴史を作るべく、地域密着型チームが一枚岩となりリーグを構成していくという。

JCLは地域創生をキーワードにサイクルロードレースで地域活性化を進めて行く計画。主な加盟チームは、ホームタウンを持つ地域密着型チームを中心に、国際自転車競技連合加盟の国内コンチネンタルチームで構成され、ホームチーム、自治体、JCLの3者連携により全国各地に魅力あるサイクルロードレース開催を目指す。

ジャパンサイクルリーグは、「自転車を通じた地方活性化促進」を合言葉に 2021年3月JCLロードレースリーグを設立いたします。 リーグは加盟プロチームのもと「ホームタウン制」を取りリーグ・チーム・ 地域が密着して活動し、自転車を通じた地域活性化を促進いたします。

JCL2021加盟チーム

TEAM UKYO 相模原
レバンテフジ静岡
宇都宮ブリッツェン
キナンサイクリング
那須ブラーゼン
ヴィクトワール広島
さいたまディレープ
VC福岡
九州地域に新チームが立ち上がる予定で、詳細は追って発表

JCL片山右京チェアマンのメッセージ

「日本のロードレースを変える、世界へ挑戦する」を最大ミッションとし日本ロードレース界の発展のため、プロ選手、プロ的興行を作り上げ、世界へ挑戦しうる環境を作り上げてまいります。日本ロードレース界の発展に寄与してまいりますので、今後ともご指導、ご鞭撻をたまわりますように、よろしくお願い申し上げます」

●ジャパンサイクルリーグのホームページ