2時間でウイルス99%削減…カリマーのフェイスカバー

英国発祥のアウトドアブランド、karrimor(カリマー)は、ポリジン社が展開する繊維への抗ウイルス加工技術「 バイラルオフ」を採用したフェイスカバーを発売。 カリマー直営店・ウェブサイトや取り扱い店舗で12月14日より順次販売開始する。

吸水速乾性能素材に抗菌・抗ウイルス機能を施した製品は、両耳にかけて固定する仕様で行動時も鼻、口元をしっかりカバーできるデザイン。抗ウイルス加工技術「バイラルオフ」は、先日新型コロナウイルスの原因ウイルスであるSARS-CoV-2に対する効果が検査機関で証明され、また30回洗濯後の耐久性も立証されている。

face cover(フェイスカバー)
Price:¥2,700+税
Color:Dark Grey/Black
Size:ONE SIZE
Material:Polyester 92%,Polyurethane 8%,Polygiene ViralOff

バイラルオフとは

抗菌・抗ウイルス加工技術・バイラルオフは塩化銀を有効成分とし、繊維上の特定のウイルスやバクテリアの数を減少させることで 身の回りの製品を清潔で安全に保つ。この技術は多くの天然繊維、化学繊維などへの加工が可能。その効果は抗ウイルス性試験 (ISO18184:2019)・抗菌性能試験(JIS L 1902)で証明されている。また、バイラルオフ加工はポリジン社が創業時より掲げているポリシーである「環境配慮」と「安全面」も考慮。

カリマーの歴史
1946年に英国の北西部の街ランカシャーでサイクルバッグメーカーとして創業したことに遡る。タフで機能的な製品に対する評判は、ほどなくして登山家にも届くこととなり、クライマー向けのリュックサックを手がけるようになった。ブランドの語源は「carry more=もっと運べる」。対象となるフィールドで求められる装備一式を過不足なく運ぶことのできる堅牢性や優れた背負い心地、かつクライミングに対応する機能を盛り込んだカリマーのリュックサックは、クライマー自身の能力はもちろん、 新たに対象となるフィールドの可能性を広げた。そして今もなお、新たなフィールドへの挑戦を続ける。
●カリマーのホームページ
Instagram @karrimor_japan
Facebook @karrimor.jp
Twitter @karrimor_jp