109歳のアワーレコード保持者がマクロン大統領に「スポーツを奪うな」と信書

フランスのロベール・マルシャンは2020年11月26日、いつものように自転車で109回目の誕生日を祝いました。ただし、いつものような屋外で風を切って走る自転車ではなく、室内に置かれたエアロバイクでした。すべてのフランス人と同様にマルシャンは、自宅から1km以上離れた場所にスポーツに出かけることを禁じたロックダウンを尊重しなければなりませんでした。彼はいつもの乗り物を奪われて、フランス共和国大統領のエマニュエル・マクロンに、欲求不満を表明する手紙を送りました。

109歳の記録保持者、ロベール・マルシャンさん ©L’Ardéchoise / Facebook

「私はパンデミックの重大さを知っており、この2回目のロックダウンの必要性を理解していますが、それが身体活動の大部分を奪うことは残念です」とマルシャンは大統領に書きました。

「スポーツは、私が生きている証拠だと信じています。これは病気の治療法であり、健康の要因です。スポーツをする人は、そうでない人よりも病院医療ひっ迫を救済できる存在です」

100歳ながら身体レベルは50歳

ロベール・マルシャンはいつもスポーツをしていましたが、彼は100歳になるまで有名人になるのを待ちました。2012年9月17日、スイスのエーグルにあるUCI(国際自転車競技連合)のバンクでアワーレコードに挑戦し、24.1kmという100歳以上の世界記録を樹立しました。2年後、サンカンタンアンイブリーヌで、この記録を26.927kmに更新しました。その間に、リヨンで100kmを4時間17分27秒で走破するという別の記録も達成しました。

老化に関する研究の対象としてマルシャンを取り上げた医師や研究者は一様に驚いたといいます。フランスの生理学者ベロニーク・ビラットは、ロベール・マルシャンの心臓能力は100歳ではなく、50歳であると計算しました。肉体的および精神的の両方の活動が細胞を再生するという科学的根拠がありました。

健康上の理由でサイクリングを始めたアーノルド・シュワルツェネッガーは、米国カリフォルニアからこの件に関するツイートを発信しました。

「これは間違いなく、間違いなく刺激的です。自転車に乗る準備をしましたよ」

ロベール・マルシャンはすぐにアーノルド・シュワルツェネッガーに、フランスで一緒に走るライドイベントを待っていると反応したといいます。

コロナ禍で士気を失ってしまった

マルシャンの招待状はいまも有効ですが、問題が発生しました。パンデミックです。第一波と第二波により、2回のロックダウンが行われ、ロベール・マルシャンの士気と体力に深く影響を及ぼしました。

健康危機のため、マルシャンはパリ郊外の集合住宅を離れ、完全に一人暮らしを始めました。現在、高齢者または扶養家族のための宿泊施設(EHPAD)に住んでおり、自転車イベントを運営するアルデショワーズのジェラール・ミスラー社長は彼がやせ衰えているのを発見しました。

 「コビッドのせいで、ロベールはもはや食べ物を買いに行くことができず、彼は彼に届けられた工業用の食事に耐えることができなかった」 とアルデチョワーズの社長は証言しています。

 「ロベールは特定の病状に苦しんでいませんが、彼は士気を失っています」

マルシャンを安心させるために、アルデショワーズのパートナーであるフランスの自転車ブランドは、マルシャンに誕生日プレゼントとして、109歳のチャンピオンのために特別に仕立てられたホームトレーナーを贈りました。

チャンピオンは、フランス共和国大統領にスポーツを支持する嘆願を表明するのに十分な笑顔と十分なエネルギーを取り戻したとのことです。(Jean-Paul Savart – AIPS EC Member)

●国際スポーツプレス協会のホームページ