大分初のプロチームSparkle Oitaが九州一周ライド挑戦

2021年1月に大分県初のプロロードレースチームとして誕生したSparkle Oita(スパークル大分)が、2021年2月20日から26日までの7日間にわたって、九州各県を巡る「Sparkle Oita Launching Tour -九州一周チャレンジ2021」を行う。黒枝士揮、黒枝咲哉、孫崎大樹、沢田桂太郎、小野寛斗、宮崎泰史の6選手が挑む。

Sparkle Oitaの黒枝咲哉と黒枝士揮

大分県はもとより九州・日本全国で長期化する新型コロナによる影響により、飲食、観光業などさまざまなところで経済的・精神的に計り知れない影響が生じている。Sparkle Oitaはこの逆風の中、新たに生まれたチームとして、地域に明るいニュースを届けたいという思いから企画を立ち上げた。

九州の大自然や恵まれたアウトドアフィールドを活用し、新たなサイクルライフを提案するライドツアーを行うというものだ。

移動そのものを自粛するような風潮があるなかでも、地域の実態と向き合いながら、新たな生活様式や新たなスポーツ・観光のあり方を提案できる可能性が自転車にはあるのではないかと考えた。

訪問する各地ではファン、まちづくりに取り組む人、飲食・観光業の人たちとの交流方法などに配慮しながら元気を届けたいという。この取り組みでさまざまな困難に対してあきらめない姿を見てもらい全国の人たちに笑顔や勇気を届けしたいと考えているという。

Sparkle Oitaの(左から)沢田桂太郎、宮崎泰史黒枝咲哉、黒枝士揮、孫崎大樹、小野寛斗

このライドツアーの様子はSparkle Oita公式インスタグラムでライブ配信を行う。普段なかなか見ることのできない選手の練習風景やオフショットにも期待できる。さらに1週間のチャレンジをドキュメンタリー動画に仕上げていくなど、ファンにとっては待ちきれないチャレンジ企画となっている。

■スケジュール
20日(土):大分県 | 国東半島ステージ(約150km)
21日(日):大分県 | 竹田・佐伯ステージ(約120km)
22日(月):宮崎県 | 日南海岸ステージ(約165km)
23日(火):鹿児島県 | 霧島国立公園ステージ(約135km)
24日(水):熊本県 | 人吉-八代-熊本ステージ(約90km)
25日(木):熊本県・大分県 | 阿蘇くじゅう国立公園ステージ(約60km)
26日(金):福岡県 | 日田-朝倉-福岡ステージ(約88km)
27日(土):EXTRAイベント:大分県佐伯市「さいきりんぐ」ファンライド(予定)
●Googleのコース詳細

●Sparkle Oitaのホームページ