スマートフォン連動の前後2カメラドライブレコーダー

ユピテルは、スマートフォン前後2カメラドライブレコーダー「Y-410di=カー用品量販店モデル」と「SN-TW100di=カーディーラー専売モデル」を販売開始した。後方からのあおり運転対策をさらに強化できる。7月5日発売。オープン価格。

おあり運転対策をさらに強化

「Y-410di」「SN-TW100di」は無線 LAN を内蔵した、スマートフォン 連動の前後 2 カメラドライブレコーダーです。超高感度センサーSTARVIS ™搭載など、ドライブレコーダーとしての高い基本性能に加え、スマートフォ ンへの自動保存機能をはじめとした3つの新機能を新たに搭載。昨今問 題となる、後方からのあおり運転への対策をさらに強化しています。

モニターの有無で選べる2モデル

2021年4月に先行して発売した「Y-400di」「SN-TW90di」と同等の機能を搭載。両モデルともにスマートフォンで映像の確認や設定を行うことができ、さらに新製品では2.0インチの液晶モニターを新たに備えた。運転中の視界確保やコンパクトな見た目を重視したい人は、スマートビューTYPE の「Y-400di」「SN-TW90di」を。スマートフォンだけでなく本体モニターでも映像の確認や設定を行いたい人はスタンダードTYPEの「Y-410di」「SN-TW100di」をそれぞれ選べる。

瞬時に撮影してSNS投稿も楽しめる

後方映像をいかにスムーズに、いかに高精細に、記録・確認できるか。あおり運転が社会問題となる昨今、さらなる対策のために数々の新機能を搭載。

①後方映像を、スマートフォンに自動保存 【業界初】
後方からのあおり運転に遭遇するとドライブレコーダーが自動で検知。microSDだけでなく、専用アプリでスマートフォンへも映像を自動保存するので、万が一のときにすぐさま手元で映像を確認できる。

また車両への衝撃を検知して映像記録する「G センサー記録」や、本体ボタンで好きに映像記録できる「ワンタッチ記録」でも、スマートフォンへの映像保存が可能。万が一の事故時だけでなく、夜景など印象的なシーンをボタン操作ひとつでスマートフォンに保存でき、SNSへの投稿なども楽しめる。

②後方あおり運転を2段階で警告&記録
後方のあおり運転に遭遇すると、ドライブレコーダーが自動で検知。ドライバーへの音声警告や、映像記録を2段階で行う。
●後方接近警告:接近してくる後方車をリアカメラが検知。約5秒間続くとドライバーにお知らせし、トラブルの回避を促す。
●後方異常接近 記録・警告:さらに約5秒間続くと再度お知らせするとともに、常時録画とは別のフォルダに映像を記録。万が一に備える。

その他にも、車線逸脱警告をはじめとした安全運転サポート機能を搭載し、安全・快適なドライブをサポート。

③後方映像をイーサネットでデジタル伝送 【業界初】
リアからの映像データ伝送には、業界初の Ethernet(イーサネット)規格を採用。デ ジタル信号をアナログ規格にエンコードして伝送する従来のアナログハイビジョン方式ではなく、非劣化のデジタル伝送のため、さらに高精細な映像記録を可能にした。またリアカメラには専用の画像処理エンジンを搭載。後方記録のための理想的な画質を実現。

●ユピテルのホームページ

【あす楽対応】ドライブレコーダー 前後2カメラ ユピテル Y-300c 3年保証 あおり運転 検知 自動記録 夜間鮮明 超広角 高画質 GPS搭載 シガープラグタイプ WEB限定パッケージ 取説DL版

価格:22,980円
(2021/6/28 12:27時点)
感想(22件)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。