VRであらゆる世界を駆け巡れるサイクリングデバイス

VRであらゆる世界を駆け巡れるサイクリングデバイス「Blync=ブリンク」がクラウドファンディングのGREEN FUNDINGで7月13日から開始。「Blync」は付属の方向センサーと速度センサーを愛用の自転車にセットすることで、ゲームや異世界でのサイクリングを楽しむことができるデバイス。 

自宅でレースやツーリングができる

全く新しいVRサイクリングシステムだ。「Blync」は、仕事や子育てに忙しくてお気に入りの自転車でなかなかサイクリングをすることができない開発者の妻のために、カナダ・オンタリオのKinbona Limited社で開発された。同製品は、2020年に行われた海外のクラウドファンディング、KickstarterやINDIEGOGOで計700人以上から約1000万円の支援金を集めた。

サイクリングの世界をもっと大きく広げよう。複数人でのレースやツーリングを楽しむことも可能。 そのほか、ゲーム作成アプリUnityを使うことでオリジナルのコースを作ることもできる。

「Blync」はMacやWindows、 iPhoneやOculusなど各種デバイスに対応。それぞれ専用アプリをダウンロードすれば、サイクリングゲームを楽しんだり、走行距離を確認したりすることができる。 

接続は簡単。自転車をセットしてそれぞれの電源を入れたら、アプリを起動すればすぐに接続することができる。

「Blync」は走行中の速度の表示はもちろん、センサーから割り出された消費カロリーもセッション終了後に確認できる。ダイエットの目標を立てて、楽しみながらコツコツ運動することもできる。 

●クラウドファンディングのホームページ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。