ポガチャル、ログリッチ、カラパス、ガンナ…東京五輪ロード選手リスト

ツール・ド・フランスから6日後の2021年7月24日に開催される東京五輪男子ロード、25日の女子ロード、28日の男女個人タイムトライアルにエントリーした選手リストが2020東京五輪の公式サイトに掲載された。

富士山と山中湖 ©Tokyo 2020

男子の強豪国はロード5選手が出場

2016リオ五輪で金メダルを獲得したグレッグ・バンアーベルマートを擁するベルギーは、レムコ・イベネプールとワウト・ファンアールトが個人タイムトライアル兼任でエントリー。ティシュ・ベノートとマウリ・バンセベナントがロードに出場する。

コロンビアはリゴベルト・ウラン、セルヒオ・イギータ、エステバン・チャベス、ダニエル・マルティネス(個人タイムトライアル兼任)、ナイロ・キンタナの5選手。

4枠の英国はゲラント・トーマスとテイオ・ゲイガンハート(ともに個人タイムトライアル兼任)、アダム・イェーツ、サイモン・イェーツとグランツールの総合優勝者が3人もいる布陣で臨む。

スロベニアは金メダル獲得を公言するプリモシュ・ログリッチが個人タイムトライアル兼任で出場し、タデイ・ポガチャル、ヤン・ポランツ、ヤン・トラトニクがエントリー。

イタリアはアルベルト・ベッティオル(個人タイムトライアル兼任)、ダミアーノ・カルーゾ、ジュリオ・チッコーネ、ジャンニ・モスコン、ビンチェンツォ・ニバリ。さらに個人タイムトライアル世界チャンピオンのフィリッポ・ガンナがこの種目のみにエントリーする。

オランダはトム・デュムラン(個人タイムトライアル兼任)ら。2枠しかないエクアドルはリチャル・カラパスがエントリー。

エントリー情報は最終エントリー発表までの情報共有を目的として掲載していて、変更になる可能性があるという。 選手交代などに関しては随時反映される。

スロバキアに記載されているペテル・サガンはヒザのケガと手術により参加を辞退した。

●2020東京五輪ロードレース出場選手リストのページ

レースはインターネットでライブ配信

一般道を使った自転車競技ロードレースだが、新型コロナウイルス感染拡大により沿道観戦は自粛するように告知されている。コースのスタート地点となる武蔵野の森公園は入場禁止となる。ゴールとなる富士スピードウェイでは観戦チケットを持つ人だけが入場できるが、所定の場所から予約を済ませたシャトルバスに乗ることが求められる。

競技の模様は当日インターネット配信のGorin.jpでライブ中継される。

東京五輪最初の決勝種目、自転車男子ロードはLive配信
日本で行われる五輪。準備はできている…新城幸也インタビュー

2020東京五輪のコースは

“ポガチャル、ログリッチ、カラパス、ガンナ…東京五輪ロード選手リスト” への2件の返信

コメントを残す