追いつかれるまで逃げるアプリランに服部勇馬らが参戦の可能性

全世界で一斉にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run=ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」が日本時間の2022年5月8日20時にスタートする。アプリを使って走るイベント会場は日本では7カ所あるが、新潟県の南魚沼市の開催地代表として新潟出身で東京五輪男子マラソン日本代表の服部勇馬が賛同。イベントに参加する可能性もある。

服部勇馬

Wings for Life(ウィングスフォーライフ財団)が脊髄損傷の治療方法発見に取り組む研究の資金助成を目的に行うイベント。

所定のコースを走るフラッグシップランとスマホアプリを使っていつもの練習コースなどを走るアプリランの2カテゴリーがある。日本ではフラッグシップランはなく、アプリランの参加者が集まって走るアプリランイベントが東京都の神宮外苑と豊洲、北海道の真駒内スタジアム、南魚沼市の八色の森公園、愛知県の豊田スタジアム、大阪府のヤンマーフィールド長居、福岡県のマリンメッセ福岡で開催される。現在アプリランイベントとアプリランの参加者を募集中。

このWings for Life World Runには五十嵐カノア、上田瑠偉、鬼塚雅、紀平梨花、小林陵侑、高梨沙羅、中村輪夢、四十住さくらなどのレッドブルアスリートをはじめ、イベントアンバサダーとして、脊髄損傷による下半身不随から見事復活して北京パラリンピックに出場を果たしたプロ・スノーボーダーの岡本圭司、動画クリエイターで下半身麻痺・車椅子ユーザーの渋谷真子、服部勇馬、脊髄損傷による四肢麻痺の現代アート作家松嶺貴幸が賛同している。

新潟県南魚沼市にはアプリ計測ながらリアル参加の少人数イベントが行われた ©Jason Halayko for Wings for Life World Run

Wings for Life World Run(ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン)
日程 : 2022年5月8日(日)
スタート: 日本時間20時(UTC協定世界時午前11時)
会場と定員:
●アプリランは自身のランニングコース、定員なし
●アプリランイベント
新宿区・神宮外苑(東京都)500名
豊洲ぐるり公園(東京都)100名
真駒内スタジアム(北海道)300名
南魚沼市八色の森公園(新潟県)500名
豊田スタジアム(愛知県)500名
ヤンマーフィールド長居(大阪府))300名
マリンメッセ福岡(福岡県)300名
参加資格: 大会当日満16歳以上。ハンドバイク不可・生活用車いす可
参加費 : 2700円(税込み)
アンバサダー:
レッドブル・アスリート
岡本圭司(プロ・スノーボーダー)
渋谷真子(動画クリエイター)
服部勇馬(マラソンランナー)
松嶺貴幸(現代アート作家)

●Wings for Life World Runの参加申し込みページ

岡本圭司(プロ・スノーボーダー)

北京パラリンピックに出場したプロスノーボーダーの岡本圭司

Wings for Life World Runは、脊髄損傷者であり初年度から参加している自分にとってとても大きな意義を持つイベントです。身体が麻痺で動かない事は、多くの精神的自由と成長を自分にも たらしてくれました。かすかな光さえあれば頑張れることも学びました。そのかすかな光の1つがこのイベントです。世界が脊髄損傷について考え、そして1日も早い再生医療の進歩のために、元気な人も車いすの人も皆が一緒になって楽しく走る。順位を競うだけではなく、それぞれの限界に挑戦することの意義がこのイベ ントにはあります。自分は脊髄損傷者の中でも障害は軽い方ですが、もっと重度な人たち、そして参加してくれる健常者みんなを感じながら、最後まで笑顔で楽しみきりたいと考えています。5月8日は、全ての人の心に翼を!

渋谷真子(動画クリエイター)

動画クリエイターで下半身麻痺・車椅子ユーザーの渋谷真子

私は約4年前、茅葺き屋根の修繕中に転落して脊髄損傷になりました。茅葺き屋根という歴史がある家を直して守ることはできなくなりましたが、あきらめたわけではありません。現在は幹細胞を使った再生医療の治療を行い、また自分の足で立ち上がれるようにリハビリをしています。研究が進み、もっと多くの人が「なりたい自分に」なれるように多くの人たちと笑顔で走ることができたらうれしいです!

服部勇馬(マラソンランナー)

東京五輪マラソン代表を決めるMGC2位の服部勇馬、後方が3位の大迫傑

Wings for Life World Runは世界、日本各地での開催が予定されています。今大会に参加される皆さんは、自身の定めた目標達成を目指すとともに『走れない方のために走る』支え合いの気持ちを持って走っていきましょう。Wings for Life World Runを通じて、脊髄損傷に見舞われた方々に明るい未来が訪れることを心から願っています。

松嶺貴幸(現代アート作家)

脊髄損傷による四肢麻痺の現代アート作家、松嶺貴幸

世界中の皆さんが一丸となって参加し、つくりあげるワールドラ ンは人間のチームワークや共同での達成感を味わうための素晴らしい一日になると思います。今日、さまざまなトピックの上で、人と人、人と世界の繋がりが見つめなおされる必要があると感じています。その中で Wings for Life World Runは繋がり、達成する気持ちをワールドスケールで体感し、次へ進む力になるイベントだと信じています。

上田瑠偉

レッドブル400で上田瑠偉が圧倒的な強さを見せて優勝 ©Jason Halayko/Red Bull Content Pool

僕は高校時代、度重なる怪我で走れないときのほうが多かったですが、だからこそ走れるようになったときの喜びや生きてる実感というのを強く感じました。Wings for Life World Runは脊髄損傷の走れない人が走れるようになるかもしれない、そんな素敵な夢を実現させ得る世界的イベントです。 僕が感じた「走れる喜び」を脊髄損傷の方にも感じてほしい。だから僕は Wings for Life World Runに参加します!

鬼塚雅

鬼塚雅 ©Jason Halayko / Red Bull Content Pool

私がWings for Life World Runに初めて参加したのは6年ほど前のことですが、みんなで走りきった爽快感の思い出から今でもその時のことはとても深く心に残っています。今も毎年参加させていただいているので、是非みなさんも思い出に残る1日となる ので参加してみてください!

高梨沙羅

高梨沙羅 ©Samo Vidic / Red Bull Content Pool

Wings for Life World Runは世界中で開催されているイベントで、参加することでチャリティーのためにもなり、脊髄損傷の治療法研究のためになるイベントです。ぜひ一緒に盛り上げていき ましょう!

中村輪夢

中村輪夢 © Suguru Saito / Red Bull Content Pool

Wings for Life World Runは全世界で一斉にスタートするユニークなチャリティーランニングイベントで、アプリを使えばどこにいても参加できます。皆さんの参加費の全額は脊髄損傷の治療法研究のために寄付されるとても意味のあるイベントでもあるので、皆さんも5月8日は一緒に走りましょう!

四十住さくら

レッドブル・アスリートの四十住さくら ©Anthony Acosta / Red Bull Content Pool

5月8日にWings for Life World Runが世界同時スタートで開催されます。アプリを使えば世界中どこにいても参加できるので皆さんもぜひ参加してみて下さい。普段1人で走るのが苦手な人も、周りの人と一緒に参加してみたり遠くにいる友達とも一緒に参加できるので、みんなで一緒に楽しみましょう。

コメントを残す