リマールがアスタナ・カザフスタンと共同開発した新型エアロヘルメットAIR ATLAS発売

1986年にイタリアに設立され、サイクルヘルメットを製造開発するLIMAR(リマール)がアスタナ・カザフスタンチームと共同開発された新型エアロヘルメットAIR ATLAS(エアーアトラス)を12月から国内発売を開始した。3万3000円(税込み)。

バックルはマグネットタイプを採用

AIR ATLASは、2022ジロ・デ・イタリアで実戦デビュー。エースが序盤ステージでリタイアする中、今シーズン限りで引退を表明していたビンチェンツォ・ニバリが総合4位という輝かしい成績を残した。ブエルタ・ア・エスパーニャでもミゲルアンヘル・ロペスが総合4位と、高順位でフィニッシュした。

2022ブエルタ・ア・エスパーニャ総合4位のロペス

30年以上ヘルメットを開発してきたLIMAR史上、最もエアロダイナミクス性能に優れている。しかし、ただ単純に空気抵抗を減らすための設計ではなく、暑いシーズンやヒルクライムを想定し17個もベンチレーションホールが戦略的に設けられている。

大量の空気が内部チャンネルを高速で流れ、頭部を冷却し、ベンチュリ効果によって後方へ排気される。凹凸のないヘルメットの外面を沿って流れる空気と合流し、渦や乱流もない空気と通り道が完成した。

流線型の設計は、自然の中で抵抗が非常に少ない水滴の形状と人間が作り出した最も空気力学的に優れた飛行機の翼からインスパイアされた。

そして最も特徴的なU.F.O.という未確認物体を新開発した。エアロダイナミクスをさらに向上させる唯一無二のパーツが付属。 本体のテール部分に取り付けが可能で、天候やレースの種類 に応じて使用できる。

ロペスもお気に入りのヘルメット

●メニーズのホームページ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。