距離を選んで完走を目指す袖ヶ浦チャレンジ2020

「袖ヶ浦チャレンジ2020」が4月4日(土)に千葉県袖ヶ浦市の袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで開催される。同イベントはそれぞれのレベルに合わせて距離を選べるサイクルチャレンジ。サーキットコースで行われ、「ツール・ド・ニッポン2020」の1stステージとして開催される。

所定の距離(243km、200km、160km、100km)の完走時間を競う。チームで参加できる「チームチャレンジ(200km、100km) 」部門も募集している。サイクリストそれぞれの「チャレンジ」をテーマに、シーズンはじめの力試しや、自分の限界に挑戦したい人を応援するさまざまな「完走サポート」が用意されるという。

エントリー受け付け中で、エントリー締め切り日は3月16日(月)。

袖ヶ浦チャレンジの特徴

Point1 自分に合ったカテゴリーが選べる「サイクルチャレンジ」

規定の距離を走り切るツール・ド・ニッポンオリジナルカテゴリー「サイクルチャレン ジ」。レベルに応じて100km、160km、200km、243kmから選んでチャレンジすることができる。2020年は車種別のチームカテゴリーを用意したので、よりチャレンジの幅が広がった。 シーズンインで腕試しをしたい人、今シーズンからレースに参戦したいと考えている人などのチャレンジを!

Point2 チャレンジを後押しする「チャレンジサポート」

レース前・レース中にサポートステーションでは補給食・ドリンクを提供。その他サポートブースも出展予定なのでお楽しみに。 また、初心者向けの講習+ゲストライダーとの試走会も実施し、これからレースにチャレンジをする人を応援。

Point3 チャレンジ結果に応じてもらえる「完走タイム別称号」

記録に応じて称号別の記録証を発行して参加者のチャレンジをたたえる。記録証を受け取ったら撮影スポットで記念撮影! 目標の称号を獲得できたらさらに上の称号に向けてチャレンジ! シーズンインのタイミングで力試ししてみよう!

袖ヶ浦チャレンジ2020
【開催日】2019年4月4日(土)
【会場】袖ヶ浦フォレスト・レースウェイ(千葉県袖ケ浦市) ※入場無料
【種目】サイクルチャレンジ
【主催】一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
【事務局】ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
●袖ヶ浦チャレンジ2020の公式サイト

米軍施設内で新エンデューロ大会…第9回Y’s Road

第9回Y’s Roadサイクルエンデューロが11月17日(日)、神奈川県相模原市の在日米軍補給施設「相模総合補給廠共同使用区域」で開催されることになり、その参加者募集が始まった。主催はワイ・インターナショナル。普段は立ち入ることのできない“希少な場所”が特別にレース会場として開放される。

写真は2018年、埼玉県の彩湖での開催時の模様

Y’s Road監修による定番のサイクルイベント「ワイズカップ」は、2019年からレース名称・開催場所・耐久時間が3時間と一新し、2019年11月17日に「第9回Y’s Roadサイクルエンデューロ」として生まれ変わって開催し、初心者にもより参加しやすいレースとなった。

 新しい会場は、神奈川県相模原市のJR相模原駅至近にある在日米軍の補給施設「相模総合補給廠共同使用区域」。レースは「さがみはらサイクルフェスティバル~ Road to Tokyo 2020 ~」内のイベントとして開催し、プロ選手によるJBCFエキシビションレースも同時開催。隣接地では相模原市最大のイベント「はやぶさの故郷 潤水都市さがみはらフェスタ2019」も開催される。11月17日は、イベント盛りだくさんの第9回Y’s Roadサイクルエンデューロへぜひ。

気軽に参加でき、豪華賞品も

●特徴その1:気軽に参加できる!
チーム構成は2名以上、最大6名までエントリーできます。
参加費は
2名~4名チームの場合 1人あたり6500円
5名~6名チームの場合 1人あたり6000円
でご参加いただけます! ぜひ、お仲間とお誘い合わせの上、ご参加ください。

●特徴その2:豪華賞品がもらえちゃう!
「ワイズロード」監修のエンデューロレースです。
今年も着順表彰以外にも特別賞を設けて豪華賞品を設定したします。
もちろん、上位入賞者も表彰されますが、レースが速くなくても豪華景品がもらえるチャンスがどのチームにもあります! 内容は順次ホームページにて発表いたします。

●特徴その3:米軍基地内がコース!
2020年東京オリンピック競技大会に向けた機運醸成や自転車ロードレース競技の普及に力を入れる相模原市や在日米陸軍、防衛省のご協力により、このイベントが実現しました。

エントリー概要
◆一般募集
9月30日(月)10:00~11月5日(火)15:00
 ※定員になり次第、受付終了予定。

エントリーサイト
※エントリーページは、9月30日(金)10:00から開設となります。

大会概要ホームページ
※コース図面等、随時情報をアップデートいたします。

★レースの特徴★
本大会はあらゆるジャンルのスポーツ車にイベントを楽しんでいただくため、全ジャンル混走の大会となっています。表彰も速い人だけでなくあらゆる順位の人が表彰されるチャンスがあるのが特徴です。ぜひイベントに初めて参加される方に楽しんで走っていただければと思います。

【エントリー時の注意】
※チームでのエントリーのみとさせていただきます。
参加する場合は、チームメンバーのおひとり(代表者)がお申し込みください。
・残りの出場メンバーの情報は、「参加申込」ボタンより画面を進めていただき、申込フォーム内でご入力ください。
・複数チームをお申込される場合は、各チームの代表おひとりを団体登録いただくと同時にお申込いただけます。

【種目について】
このレースには「種目」わけがございません。
「種目」と表記されておりますが、システムの都合上、参加人数を登録するためのものとなっております。特徴にございますように、種目別表彰ではなく、完走者のあらゆる方が表彰対象となります。

「レースって興味はあるけど、何だか敷居が高くて・・・」
「レースってロードレーサーで出なきゃいけないのかな・・・?」
「競うことよりも、エンジョイできるレースがいいなあ・・・?」
なんてお考えの皆様、「Y’s Roadサイクルエンデューロ」は、そんなあなたのための、『楽しんだ者勝ち』のエンジョイレースです!様々なレベルの方が、それぞれの楽しみ方で参加できるのが「Y’s Roadサイクルエンデューロ」の魅力です。自分の限界にチャレンジするもよし、チームでわいわい参加するもよし、楽しみ方は「自由」です。

9極の耐9レースが筑波サーキットで7月7日開催へ…参加者募集中

「9極の耐9 in筑波サーキット」と銘打った自転車エンデューロ大会が2018年7月7日(土)に茨城県下妻市の筑波サーキットで開催され、その参加者を募集している。2018年で23回目の開催となる自転車イベントで、会場は日本にあるサーキットの中で3番目に古い歴史を持つ筑波サーキット。全長2.07kmで平坦ながらもカーブの多いテクニカルなコースで、種目は「9時間エンデューロ」「4時間エンデューロ」「100kmチャレンジ」から選べる。

夏場の開催となり、下妻市の「スイカのふるまい」や暑い体を冷やす「ひんやりステーション」などサポート体制も充実している。ゲストMCは宇都宮ブリッツェンGMの廣瀬佳正に決定した。現在エントリー受付中で、申し込み締め切りは6月18日(月)。同大会は「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、シリーズ第7戦となる。

9極の耐9 in筑波サーキット
■開催日:2018年7月7日(土)
■会場:筑波サーキット(茨城県下妻市岡乙159)
■種目:サイクルエンデューロ(9時間、4時間)、100kmチャレンジ
■主催: ルーツ・スポーツ・ジャパン 
■事務局:ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
■公式サイト:9極の耐9 in筑波サーキット

●関連ニュース

サイクリングコースWEBサービス「ツールド」がオープン…観光庁とも連携

●最新ニュースへ

太平洋の大海原を眺めながら走る犬吠埼エンデューロ…一般道を使った耐久レース

犬吠埼エンデューロが2018年6月3日(日)に千葉県銚子市で開催され、その参加者募集が始まった。2018年で3回目の開催となり、「世界灯台100選」にも選ばれている犬吠埼灯台のふもとを舞台に行う公道を封鎖して行う自転車耐久レース。県道254号線を使用し、太平洋の大海原を眺めながら走る全長4.6kmの大絶景コースが最大の特徴。

太平洋の大海原を眺めながら走る全長4.6kmの大絶景コース

レースだけでなく銚子のグルメが集うフードブースや各種ステージイベントなども満喫でき、自転車愛好家だけでなく、一般の人も楽しめそうだ。ゲストMCは宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正に決定した。

ゲストMCは宇都宮ブリッツェンの廣瀬佳正

また、両国駅を起点に走る自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE」の大会専用運行も決定(運行時間、料金などは調整中)。

両国駅を起点に走る自転車&サイクリスト専用のサイクルトレイン「B.B.BASE」も大会専用運行

現在エントリー受付中で申込締切は5月10日(木)。大会は「ツール・ド・ニッポン」のひとつとして開催され、シリーズ第6戦となる。

レースだけでなく銚子のグルメが集うフードブースや各種ステージイベントも満喫
犬吠埼エンデューロのステージイベント

<大会概要>
■名称:犬吠埼エンデューロ
■開催:2018年6月3日(日)
■会場:犬吠埼君ヶ浜海岸駐車場(千葉県銚子市)
■種目:5時間、3時間、2時間サイクルエンデューロ
■主催:犬吠埼エンデューロ実行委員会
■共催:銚子市、銚子市観光協会、NPO法人銚子スポーツコミュニティー、一般社団法人ルーツ・スポーツ・ジャパン
■後援:千葉県、千葉県教育委員会
■事務局:ツール・ド・ニッポン事務局(ルーツ・スポーツ・ジャパン内)
■WEBサイト:犬吠埼エンデューロ

●関連ニュース

日本のエーゲ海をサイクリストが独占…5月20日に和歌山県由良町でイベント開催

●最新ニュースへ